アパレルウェブ ホーム
«浮遊するマットレス  |   Main   |  刺繍で付加価値を高める!»

実力派領事の送別会

 【大阪本社】ムハマド・ナシール在大阪パキスタン領事(写真で立っている人)が6月末で任期を終え、パキスタンに帰国することになった。このほど大阪在住のパキスタン人コミュニティーのメンバーと、領事と交流のあった日本人が集まり、送別会が行われた。
 ナシール領事が着任したのは2013年。ちょうどその年、パキスタンでは国際総合見本市「EXPOパキスタン2013」が開催された。日本からのバイヤー招致に力を発揮したのがナシーム領事だった。大阪からも20人近いバイヤーがパキスタンを訪問した。
 なにかと不安の多いパキスタン滞在中、日本人を細やかにアテンドしたナシール領事は、すぐさま日本人バイヤーたちの信頼を勝ち取った。
 その後もナシール領事はたびたびパキスタン企業を来日させ、商談会などを開催する。やはりEXPOパキスタンを通じて作った日本人ビジネスパーソンとのコネクションが生きていた
 そんなナシール領事だけに、送別会でもいつものメンバーが顔をそろえる。パキスタンと日本、とくに大阪のビジネス界を結び付けた実力派領事の新たなステージでの活躍を祈りたい。(宇)
2016年06月29日(水)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/2126