アパレルウェブ ホーム
«日本技術は皮革工場まで  |   Main   |  縫製機器展»

玉ねぎの魅力

 【中部支局】皆さんは我が国の玉ねぎ生産がアメリカに次いで世界第2位の生産国ということをご存じだったでしょうか。
 我が家でも自宅前にある畑で毎年、赤玉ねぎ、早生・晩生の白玉ねぎの3種を栽培しています。
 理由は周知のとおり高血圧、糖尿病などいろいろな効能があると聞いてその魅力を感じているからです。古くは明治時代、当時関西で流行していたコレラに玉ねぎが効くという噂から激増したとも言われています。
 その玉ねぎですが冬の寒さを耐えて、やっと地上に顔を出してきました。あと1週間もすれば収穫に入り、しばらくは飽きるまで様々な料理の具材として食卓に並びます。
 日々不摂生をしているわが身にとっていまや欠かせない野菜となりつつあります。とくに玉ねぎは僅かな土地やプランターでも栽培が可能で皆さんにもお勧めです。
 そういえばかつて玉ねぎの髪型でも有名になった女優さんは80歳を超えてなお若々しさを維持しています。関係ないかな。(聡)
2016年04月22日(金)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/2082