アパレルウェブ ホーム
«国際見本市  |   Main   |  日本製PRは分かりやすい表現で»

きれいな野菜

 【中部支局】私は、子供のころ野菜が嫌いだった。とくに大根の煮つけは見たくもなかった。食卓に上がる回数が多かったからだ。野菜は肉に比べ安価だし、祖母などの好みもあったのだろう。そして、あることをきっかけにブロッコリーが食べられなくなった。ハシをつけようとしたら、びっしりと小さなアブラムシがついていたからだ。
 あれから数十年の月日がたち、今度はスーパーの野菜売り場で考えることが多くなった。野菜がきれいすぎる。虫の食べた形跡が全くない。虫のつかない野菜にはいったいどれだけの農薬が使用されているのか。調理の際、どの程度水洗いすれば農薬が落ちるのか。人体への影響はないのか。台所で野菜を前にすると考えこんでしまう。(明)
2016年04月11日(月)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/2073