アパレルウェブ ホーム
«食品の展示会は違う  |   Main   |  にゃん・にゃん・にゃんの日»

個人的なヒット商品

 【大阪本社】個人的な予測だが、16春夏の市場でヒットしそうなアイテムが2つある。一つはダメージ加工を施した丈の短めのロークロッチタイプのジーンズタイプ。色はライトグリーンで、ブルー一辺倒よりも“楽しさ”がある。「これからのカジュアルは目立たなくてはダメ!」と専門店バイヤー氏。オンリーワンプラスで人の目を引くカジュアルに一筋の光を見る。
 もう一つの期待は、ここ数年、リバイバルすると言われ続けていたオーバーオール。ややユーズド感のあるショート丈タイプが主流だ。先のダメ―ジ同様に、様々なトップスが楽しめるサロペットが有望視される。
 両商品ともにカジュアルアパレル、アールエヌエー(大阪市西区)の新作で、ダメージデニムは1万4800円。オーバーオールは2万円前後。ほかのアパレルにも似通ったアイテムが浮上しており、我が専門媒体としての予測が、いくらかでも世間のバイヤーの目に留まってもらえばと。(篠)
2016年02月24日(水)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/2041