アパレルウェブ ホーム
«奮闘、ミナミ!  |   Main   |  文字盤とストラップがデニム»

「絹の道」

  【東京支社】絹の道と言えばほとんどの人が中国のシルクロードだと思うことだろう。日本にも「絹の道」と言われるルートが存在していたのはあまり知られていない。資料を見ると八王子(東京都)から横浜(神奈川県)までのルートとして載っているが、スタートは新潟県の十日市らしい。その後、岡谷(長野県)、富士吉田(山梨県)、八王子、横浜といったルートであったようだ。
 生糸貿易で大成功を収めた原三渓。横浜に残る「三溪園」(写真)ではその成功の規模をうかがい知ることができる。「あゝ野麦峠」のような女工哀史もあったと思うが、繊維産業が日本の産業発展の礎であることは間違いない。
 この夏は、富岡製糸場に足を運んでみたい。(章)
2015年07月30日(木)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/1904