アパレルウェブ ホーム
«「新安保法制は日本をどこに導くか」  |   Main   |  糸を結びつけた先には……»

深センの実力

 【上海支局】7月9日から11日まで広東省深セン市で開かれた展示会「インターテキスタイル・パビリオン深セン2015」の開幕式であいさつに立った陳彪副市長(写真)は、同市の繊維・アパレル産業の発展ぶりを強調した。2014年、同市の繊維・アパレル産業の工業生産額は2000億元になり、工業生産額全体の9%だったことを紹介、「伝統産業でこの数字を維持しているのは簡単ではない」とした。市内には約3000の繊維・アパレル企業があり、アパレルブランドは800を数え、ファッションデザイナーは1万5000人余りという。気のせいか、街ゆく女性もおしゃれに見える。(祐)
2015年07月14日(火)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/1893