アパレルウェブ ホーム
«猛暑の中のゴルフ&納涼会  |   Main   |  表情はにこりとも……»

岐阜米・ハツシモ

 【中部支局】ハツシモというお米の銘柄を皆さんは聞いたことがあるだろうか。岐阜でしか栽培されず、収穫量も少なく“幻の米”とも呼ばれている。田植えは梅雨時の6月下旬から7月上旬に行い、収穫は、ほかの米より2カ月近く遅い10月下旬から11月上旬。霜が初めて降りるころに刈り入れをすることから名付けられている。
 一般的にお米は梅雨時にはどうしても食味が低下し、新米が市場に出回る9月がお米好きの人達の楽しみとなっている。
 こうしたなか、岐阜米のハツシモは、木曾三川に囲まれた豊かな水と肥沃な土壌に恵まれているにもかかわらず、あえて収穫の時期をずらし、年中おいしく食べられるような品種を60年程前に開発した。粘りも少なく、冷めてもおいしいことから寿司米やおにぎりにもよく使われている。
 今年も酷暑のなか、是非一度、この時期にご賞味してみてはどうだろうか。岐阜以外の小売店では、なかなか手に入れにくいがネットでも販売されている。(聡)
2014年07月30日(水)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/1661