アパレルウェブ ホーム
«「小売の輪」の理論  |   Main   |  「新名所」»

広がるニットアイテム

 【本社】6月からのスーパークールビズ(SCB)だが、今年はずいぶんこの着崩しスタイルは減った。カジュアル過ぎて他人に敬遠された結果だとみる向きもある。
 代わってきれいな着こなしが戻ってきている。この時期、ひんやり空気の日などにはジャケット着用がちょうどよい。
 先日、シャツアパレルの15春の展示会で、軽めのニット製ジャケットとパンツが、シャツのコンビネーションディスプレーとして出品してあった。
 軽いジャケットは着心地がよく、パンツも同様に伸縮性がいい。前部分にプリーツ入れることで一見、普通のスラックスに見える。ニットの応用アイテムが広がっている。(篠)
2014年06月25日(水)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/1636