アパレルウェブ ホーム
«「処暑」  |   Main   |  “女子力”の伝統»

節電

 大阪は非常に蒸し暑い日が続いている。とくに今週は暑く、取材先でインドネシア出張帰りの方が「大阪の方が暑い」と話し、その次に向かった先では「大阪の不快な蒸し暑さは世界一では」みたいな会話を交わしたりした。
 今夏の前には関西電力圏内の電力不足が大きく懸念され、他地域に比べても高い節電目標が設定された。しかし、このところの猛暑の中でも電力事情の話をすることは少なくなった観がある。懸念された工場や開発拠点の混乱もあまりないまま秋を迎えそうな雰囲気だ。
 これは大飯原発再稼働もあるのだろうが、各企業や個々人の節電努力も大きいと思う。各企業は昨年も節電に取り組んでいるため、更なる節電は難しい見方もあったが、今年も色んなアイデアが出てきた。こういった知恵を生み出す力はさすがと思うとともに、各社のアイデアをより共有できる形になればいい。(KH)
2012年08月27日(月)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/1201