アパレルウェブ ホーム
«土用干(どようぼし)  |   Main   |  ランチの量»

生産国だけではなくなる

 商社の2013春夏向けのアパレル展が続いた。最近はオリジナル素材提案に注力する商社が増えている。7月に開かれた三菱商事ファッションの「2013春夏アパレル総合展」でも独自開発した戦略素材「ディアマジック」(超撥水加工)などを中心にした提案であった。
 同社の展示会は以前から「チャイナ・プラスワン」コーナーが好評だった。今回も情報発信の場として、インドネシアを中心に、カンボジア、ミャンマー、バングラデシュの4カ国を紹介(写真)。各国の得意とする商品を打ち出した。
 また、今回はインドネシアでも韓国系ルートを加えての出品。従来のインドネシア品に比べ、一味違ったテーストだ。「どこの国で生産したか」から「どこの企業が作ったか」も重要になってきた。(Y.S)
2012年08月13日(月)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/1191