アパレルウェブ ホーム
«冷えにタオルマフラー  |   Main   |  ダンスの悲哀»

「台湾料理」店で

 愛知県、岐阜県をドライブしていると「台湾料理」と銘打った店が数多い。さっそく入って、食してみた。あまり、台湾風という感じでもない。店の人は日本人ではないように見えるので、「台湾のどちらからですか」と聞いてみた。すると少しバツが悪そうに、「中国遼寧省からです」との答えだった。そうであれば、自分の出身地の料理で勝負すればと思う。どんなものか食べてみたい気もする。かつてニュージーランドで、ベトナム人が切り盛りする日本料理店でカツ丼を注文したことがある。それは実際、「カツ丼」ではなかった!(A.A)

2012年07月25日(水)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/1179