アパレルウェブ ホーム

ダウンの行き着く先

 【東京本社】先日、あるフランス人ジャーナリストと話している時、日本人に対して「君たちは最もダウン(羽毛)を消費している人たちだと思う。そろそろ潮目は変わるのか?」と質問された。確かに、これだけ高額なダウンジャケットが売れるのは「日本とロシア、中国だけ」という声も聞く。セレクトショップや百貨店には中価格帯のオリジナルダウンも多数展開されている。
 某海外アウターブランドは、都内の路面店で月商4億円以上を売り上げた。気温が高かった昨年11月に1店舗でこれだけ売れたとなれば、確かにモンスター級のダウンマーケットと言われても仕方がない。このフランス人の言葉を借りれば、動物愛護、環境保全の観点から大量のダウンアイテムが売れるのは少し異常に見えるのだろう。
 またダウンと聞いて、寝装の「羽毛布団」を思い浮かべる人も多い。高額な羽毛布団を巡るマルチ商法、詐欺事件が多いことから見ても、日本人は旧来から羽毛好きであることは容易に想像できる。ちなみに寝装寝具の世界では、高額でも売れる「羽毛神話」という言葉もあるそうだ。
 世界のスタンダードは「脱ダウン」にかじを切っている。ダウンに代わる素材開発も活発で、さらにダウンにクリーニングを施したリサイクルダウンの商品化も進行中だ。筆者は客観的にダウン市場をみているが、今後、日本人のマインドはどちらに振れるのか。ステータスの象徴でもある高級ダウンジャケットから離れることはできるのだろうか。(市)
2019年01月18日(金)  10:00  / この記事のURL

「くつ下くん」

 【大阪本社】先日、兵庫県靴下工業組合が主催する賀詞交歓会に伺った。兵庫県の中でも加古川市周辺は、全国有数の靴下産地の一つを担い、紳士分野では日本一の生産量を誇るという。にもかかわらず、この加古川の特産品である靴下を地元出身者である筆者は、恥ずかしながら試したことがなかった。
 パーティー会場の片隅に展示されていた「くつ下くん」(写真)の視線を感じて、早速購入してみたくなり、そばに置いてあったチラシをのぞくと、店舗が帰路の途中にあることを知った。
 JR加古川駅前のカピル21ビル1階「Kips(キップス)」には、同組合に加盟する企業の靴下が想像以上にラインアップされていた。機能やデザインのバリエーションも豊富で目移りしながら、くつ下くん含め数点購入した。
 はきやすいのでヘビーローテーションは間違いなさそう。(和)
2019年01月17日(木)  10:00  / この記事のURL

人懐っこい猫

 【中部・北陸支社】猫は素っ気ないと言われるが名古屋市内の猫カフェで出会った猫はとても人懐っこかった。頭をなでると気持ち良さそうな表情(写真)を見せ、なでてもらおうと頭をすり寄せてくる。かなり気に入られたようで、ずっとなでていたら私の肩に飛び乗りくつろぎ始めた。素っ気ない態度が猫の魅力だが、こんな風に甘えてくるのもいい。というより猫好きからしたら、猫だったら何をしていてもいい。猫最高!(川)
2019年01月16日(水)  10:00  / この記事のURL

初の冬キャンプ

 【東京本社】年の瀬も迫った昨年12月30日、千葉県成田市で初の冬季キャンプをした。全国的に寒波の影響を受けていた時期で夜を越せるかが心配だったが、機能性の高いウエアのおかげで思いのほか楽しめた。
 インナーの上にウールのセーター、保温性の高いフリース、さらにインナーダウンという万全の態勢で臨んだ。アウターはジャケットとパンツともに防風、透湿防水性が高いウエアを選んだ。隙間を作らないように首元にはマフラーを巻き、手首もしっかりガード。
 この日の最低気温は氷点下2℃と冷え込んだが、夜は満天の星空と流れ星を見ることができた。(國)
2019年01月15日(火)  10:00  / この記事のURL

初市の日本酒

 【大阪本社】年明けの4日、寝具製造卸の新春初市を訪れた。初市は、商談とともに新年のあいさつを交わす場になっている。西川リビングは本社で初市を開き、西川のロゴマークを焼印した木升入りの日本酒で迎えてくれた。連れ立って訪れた酒好きのベテラン記者は「昼間の酒はなぜか酔いが早い」と言いながら枡酒を飲み干した。
 同日に訪れた山甚物産でも日本酒をおちょこで勧めてくれた。私は酒に酔ってしまい、仕事どころではなくなってしまった。7日に訪れたロマンス小杉でも日本酒を振る舞ってくれた。
 新春に会社で酒を振る舞う企業は、繊維業界の中でも少なくなったという。昔と比べて質素になったとの声も聞く。決して酒好きではないが、取材先で日本酒を飲むと新年がスタートしたという気持ちになれる良い機会になっている。(長)
2019年01月11日(金)  10:00  / この記事のURL
 | 次へ