アパレルウェブ ホーム

グッバイ!足の臭い

 【大阪本社】春になると歓送迎会、お花見となにかにつけて集まり、宴会する機会が増える。座敷の居酒屋や友人宅、花見で靴を脱ぐ場面を想像すると、心配になるのが足の臭い。放置しておくと周りにも迷惑なので、
消臭機能のある靴下は頼もしい存在となる。
 画像は岡本の19秋冬展示会で紹介された吸湿・放湿性と消臭効果に優れた靴下シリーズ「スーパーソックス」。足クサ川柳で人気の同社が開発した自信作で、19秋冬はクルー丈に着用感の異なる3タイプが新たに登場となった。その中の一つ、厚地タイプは足元の冷えに悩む筆者がまさに欲しかったアイテムだったので、つい手触りを確かめてしまった。
 外気は寒くても暖房の利いた室内に入ると、汗をかきやすく蒸れやすい。消臭機能はもはや年間を通じて必須になりそうだ。(和)
2019年03月26日(火)  10:00  / この記事のURL

革ジャンデビューも…

 【中部・北陸支社】先日、人生で初めて革ジャンを買った。ライダースジャケットのような形ではなく、普通のブルゾンのような形のシンプルさと控えめなモスグリーンのカラーが気に入った。
 サイズはXLだったが、筋トレで成長した私の筋肉が邪魔して中にはTシャツか薄いシャツぐらいしか着られない。
 今後、筋トレで体が大きくなることを考えると、革ジャン自体が着られなくなることも容易に想像がつく。筋トレのやり過ぎも困ったものだと自嘲気味。でも、やめられない。(川)
2019年03月25日(月)  10:00  / この記事のURL

世界で活躍する若手を

 【東京本社】3月9、10の両日、新潟県苗場スキー場で開かれたユースのアルペンスキー大会「ゴールドウイン ナスターレースユースジャパンカップ」を取材した。20回目の今年は、5歳から15歳までの選手約230人が全国から参加し、タイムを競った。
 大会関係者によると、アルペンスキーは、ジャンプやノルディックスキーに比べ、世界で活躍する選手が少ないという。理由の一つに、日本は欧米ほどスキー文化が根付いていないことがあるようだ。
 主催するナスターレース協会は毎年、上位選手を世界大会に派遣してきたが、より多くの子供たちにトップ選手の滑りを見てもらうため2020年からユース世界大会の開催を決めた。同時に指導者の育成も強化する。同協会の三浦豪太理事長は「可能性を秘めている子供たちに世界で活躍できる舞台を用意したい」と意気込む。
 札幌市が招致を目指す、30年の冬季五輪・パラリンピックで活躍する選手が育つ可能性は十分にある。(國)
2019年03月22日(金)  10:00  / この記事のURL

ホテルの建設ラッシュ

 【大阪本社】通勤時、時間がある際は電車に乗らず、2駅分御堂筋を歩くことにしている。道すがら訪日外国人が大きなスーツケースを転がしながら歩く姿が見られ、建設中の複数のホテルができ上がっていく姿を眺めながら歩いている。写真は大阪市中央区の御堂会館跡地に建設中のホテルなどが入る複合ビル。
 訪日外国人の増加や2020年の東京五輪・パラリンピックを受けて、大阪市中央区の本町界隈でもホテルのラッシュが続いている。19、20年はホテルの新設・増設計画が目白押しで、19年は全国で364軒5万4868客室、20年は178軒3万3627客室が計画されている(『週刊ホテルレストラン』調べ、18年12月7日時点での40室以上のホテル申請の新築案件がベース)。近畿は19年85軒1万3238客室、20年43軒9452客室と、東京とともに突出する。
 シーツやタオルなどのリネンサプライ、カーペットなどを扱う繊維企業にとっても商機が広がっている。一般消費市場が盛り上がりに欠ける中で、しばらく期待できる分野だ。(長)
2019年03月20日(水)  10:00  / この記事のURL

カジュアルキモノ

 【東京本社】新元号公表を前に、“和”を見直す動きがある。ファッションに和を取り入れるデザイナーもいるが、日本文化、伝統文化の本当の良さを伝えるのは和服かもしれない。どこでも着られる洋服に対して、和服はやはり古都の街が似合う。神社やお寺。木々の緑やこけむした道に、和服の女性は映える。
 しかし、着方が分からない。価格が高い。長時間着用すると苦しいなど、和服のハードルは高い。利便性と低価格を求めてきた時代に、和服は取り残された存在かもしれない。成人式を前に、一度着物専門店を訪れたとしても、次に行くのは結婚して子供が七五三を迎える頃か。それも最近はセレモニー服に代用されている。
 母親から高価な着物を譲られる。それは財産にはなるが、置き場にも困る。こうした現状から和装業界は「カジュアルキモノ」の提案を行っている。もっと、日常に着物を広げる試みだ。簡単に着られる着物の開発から、着付け教室や着用イベントの開催まで。まず、消費者に着物の魅力を伝えることから始めている。(康)
2019年03月19日(火)  10:00  / この記事のURL
 | 次へ