« 2010年12月 | Main | 2011年02月 »

日本のファッションの「自給率」は5%
今日、繊研新聞社が主催する、
日本最大のアパレル・ファッション雑貨の展示会
IFF(インターナショナル・ファッション・フェア)』のセミナーに行ってきました。

「ピンチをチャンスに変えるとき
――メード・イン・ジャパンの底力 
〜「日本発ものづくり提言プロジェクト」から」

というセミナーを聴講させて頂いたのですが、
あらためて、日本の“ものづくり”の現場がいかに
存亡の危機にあるかということと、

今こそ、「メード・イン・ジャパン」をブランド化して
付加価値をつけて海外に輸出することが急務であることを
実感しました。

日本にいま流通しているアパレル製品で、
「メード・イン・ジャパン」のものは、わずか5%。
つまり、日本のファッションの「自給率」は、5%ということです。

国内の繊維製造業の事業所数は、
97年からの10年間で約半分にまで減少し、

「衣服」製造業の従業者数は、
ピーク時(1971年)の約3分の1にまで減少。

紡績、染色、縫製、加工など、
日本が長年かけて蓄積してきた、アパレルの
“ものづくり”の技術は、このままだと無くなってしまう危機に
さらされているのです。
一度失った技術・ノウハウは、再生させるのは困難です。

今日講演されていた、あるアパレルメーカーさんは、
「メード・イン・ジャパン」の商品を手を届く価格で販売することにこだわり、
生産効率を徹底的に考え、なんと、中国の通常の製造と比べ、
“3倍”も生産効率を生み出し、製造コストを抑える工夫を
されているそうです。

上記のアパレルメーカーさんとは別のメーカーさんが
話されていたことですが、

日本の工場で作られている製品は、
“日本は真面目にものづくりをしていて、
環境がいい工場で作られているから、製品も安心できる”
という声を、海外の方から頂くこともしばしばあるそうです。

21万人の雇用を支える、日本のアパレルの
“ものづくり”が、生き残れるかどうかは、

  日本製の高品質な製品を、いかにブランド化して、
  “ジャパンブランド”として海外に広めていけるか

  そして、私たち日本人の消費者自身も、
  “ジャパンブランド”にもっと高い価値を見いだせるか。

ここにかかっているのではないかと思います。

少し難しい話になりましたが、
日本のアパレル業界に関わる者として、
今日学んだことを残しておきたいと思い、
書かせて頂きました。

生き残ってほしい、日本のものづくり

************************
▼少し長いですが、こちらが参考になります
日本発ものづくり提言プロジェクト
http://www.senken.co.jp/advertise/monodskuri.htm
 2011/01/26 17:44  この記事のURL  / 

日本の匠の技、食品サンプル
先週、このブログの読者さんより、
うれしいメールを頂きましたので、ご紹介させて頂きます

“『真相報道バンキシャ!』のcool japan特集を視聴し、
興味を持って検索していたところクールジャパンブログに辿りつきました。

〜中略〜

海外向けの日本観光情報サイトでも食品サンプルに関して話題に
なっていたり、海外の方が時折工場見学に来てくださることも
嬉しいことです。

最近では中国でも食品サンプル製造が始まっている様ですが、
メイドインジャパンの商品の利用がもっと広まることを期待しつつ、
自分にも何か出来ることはないか日々考えております。”

というメールでした

メールを頂いたのは、埼玉県の食品サンプルのメーカー
株式会社畑中」様です。

畑中さんの食品サンプルは、全てオーダーメイドで、
見ているだけでお腹がすいてくるような、素敵なサンプルがいっぱい!




実際、畑中さんには、海外からこんな反応があるとのことです。

●日本人がハワイでお弁当のお店を出店する際に、
畑中さんのサンプルをオーダー

●日本に住んでいたトルコ人の方が帰国して料理店を
出店するにあたり、トルコ料理やビール等ドリンク類の
サンプルを購入

●日本の企業に仲介してもらい、ドバイに向けて、
果物やスイーツモチーフのアクセサリー等を持って行って頂いた

●日本人のアーティストの方が、フランスで
食べ物をモチーフとしたアート作品を展示する際、
食品サンプルを材料として利用

●在日のドイツ人の婦人会の皆さんが工場見学に来社

●アメリカや中国の旅行者の方が工場見学に来社

というように、海外からの反応が年々高まっているようですが、

“食品サンプルが未だ持ち込まれていない国がまだまだあるので、
日本の食品サンプルを海外へぜひ広めたい!”

と思いから、最近facebookで英語による
情報発信も始められたそうです。

▼株式会社畑中さんの facebook
http://ja-jp.facebook.com/pages/FakeFood-HATANAKA/144373172288283

今まで気づきませんでしたが、
“繊細””丁寧””カワイイ”の要素を兼ね備えた
「食品サンプル」は、まさに“クールジャパン”ですね

日本には、こういう、世界に誇る匠の技を持ったメーカーが
沢山あるんだろうなと改めて感じました
 2011/01/24 17:12  この記事のURL  / 

AKB劇場&メイドカフェに行ってきました
昨日は、萌え〜な夜でした

“クールジャパン”を語る者ならば、一度は行っておきたい、
「AKB劇場」「メイドカフェ」に遅ればせながら行って参りました


▲左より、昨日の“アキバツアー”メンバーのご紹介。

シャツの老舗有名メーカー「フレックスジャパン株式会社」の矢島社長。

数々の企業・官公庁の書を手掛けている
書家・文字文化文筆家の宇佐美 志都さん。(和服っていいですね

ゴスロリ好きなら絶対に知っている、
キュートなゴスロリブランド「PUTUMAYO(プトマヨ)」の
企画販売を行う会社、「株式会社ハイパーハイパー」の早川社長。

そして、右から3番目が、このブログの著者である私。

右から2番目の方が、けん玉の達人としてテレビにも多数出演している
NPO法人「日本けん玉協会」の常任理事、千葉さん。

そして一番右の方が
財団法人日本ファッション協会 流行色情報センター」で
活躍中の美人「流行色エディター」、小木曽さん。

以上の豪華メンバーで、クールジャパンの聖地
アキバを巡りました

***************************

では、昨日の様子を。

18時半に秋葉原の「ドン・キホーテ」に到着。

「AKB劇場」はアキバのドンキ8Fにあるのです。
この専用劇場で、AKB48の「チームA」「チームB」「チームK」が
交代で公演を行っています。

昨日は、「チームB」の公演でした。

AKB劇場入口に到着すると、キャンセル待ちの人がズラリ。
チケットの倍率は、通常で10倍〜人気の公演の時は100倍にもなるとか
席に座って公演が見られること自体、奇跡的なことなのです。

▼こちらがAKB劇場の廊下。メンバーの顔がズラリ。

肝心の、ライブの様子は、撮影禁止なので
写真はないですが、AKBを生で初めて見た感想としては
“思ったよりダンス上手い!”(※ファンの方、失礼な表現で申し訳ありません)
ということでした。

あれだけのダンスと歌と自分の立ち位置を
完璧に覚えるなんて、しかもニコニコ笑顔で踊りこなすなんて、
私には絶対にできません… 
まだ中学生のメンバーもいて、年齢は若いですが
彼女達は“プロ”なのですね〜。

お客さんの掛け声や手ぶりに圧倒されっぱなしだったのは
言うまでもありません。
AKBは、意外に女性ファンも多く、「カップル席」や
「ファミリー席」もありました。

あと驚いたのがライブの料金!
まる2時間のライブで、3,000円という庶民プライス
ステージとの距離も、手が届きそうなぐらい本当に近い!
金銭的にも、物理的にも、まさに“会いに行けるアイドル”という
コンセプトどおりです。

チームBのオリジナル曲が中心だったので、
知らない曲が多かったですが、それでも、2時間のステージで
元気と若さをもらったような気がします

アンコール後のファイナル衣装の
ソックスとネクタイは、「PUTUMAYO(プトマヨ)」さんのものでした。

ちなみに、PUTUMAYOさんは、アキバで成長中のガールズ・ロックバンド
mixx 』の衣装も提供しています。
(↓こんな感じです)

PUTUMAYOブランドは、
原宿のロリータちゃんだけでなく、
アキバの女のコの必須アイテムにもなりつつあります

***************************

AKBのステージを堪能した後は、近くのメイドカフェへ。
「お帰りなさいませ、お嬢様」とメイドさんに迎えられ、
少し照れるけど、意外にイイ気分なことを実感

ドリンクやフードを頼むと、
メイドさんが“美味しくなる歌”を歌ってくれます

▼今年の干支、ウサギをオムライスに書いてくれました。


▼けん玉のプロ、千葉さんのカプチーノには、けん玉の絵。
メイドさん、絵心があります!

メイドカフェ、女性同士や家族連れで来ても
楽しめる気がします

***************************
という感じで、萌え〜な夜は過ぎたのでした

ああ、楽しかった!
“クールジャパン”ってこういうことなのかぁ、と肌で感じました。

このツアーを企画して頂いた、
早川さん、そして千葉さん、萌え〜な夜を本当にありがとうございました

いろいろ楽しい事があったので、
今日は長くなってしまいましたが、
著者のアキバツアー報告でした

 2011/01/19 10:56  この記事のURL  / 

日本人デザイナーがフィンランド大統領から勲章を受章
テキスタイル業界の快挙です!

テキスタイルと陶器のデザイナー、
石本藤雄氏が、2010年11月、フィンランド大統領から
「フィンランド獅子勲章プロ・フィンランディア・メダル」を受章しました
この勲章は、フィンランドの芸術家に贈られる最高位の勲章です

▼詳しくはこちら
http://www.apalog.com/news/archive/3011

石本氏は、フィンランドの有名ファッションブランド
「マリメッコ」のテキスタイルデザイナーとして知られ、
約40年間にわたってフィンランドのデザインと
応用美術に貢献し、日本を主とする外国に
普及させてきたことが評価されたそうです

日本の田舎町に生まれ育った石本氏は、
幼い時から見てきた空、草などの自然のイメージを、
マリメッコの有名なテキスタイルデザインに反映させているそうです。
マリメッコホームページ石本氏インタビューより)

▼石本氏デザインのテキスタイルはこちら
http://www.marimekko.jp/interior_decoration/fablics/fujiwo_ishimoto.html

日本から遠く離れたフィンランドで、
40年も前からデザイナーとして活躍している日本人が
いたということ、何だかうれしくなる記事です

 2011/01/18 13:55  この記事のURL  / 

ブログのデザインをリニューアルしました!
いつもクールジャパンブログをご覧頂きありがとうございます

このブログを始めて2年半近く経ちまして、
そろそろ新しいデザインにしてみては!?という声が
社内からも多かったため、
心機一転、デザインをリニューアル!しました!

「日本のファッション」「カワイイ」「クールジャパン」などの
キーワードをもとに、当社のサイトデザイン担当のサイトウさんに
デザインしてもらいました

カワイイもの大好きな私としては、
このデザイン、非常に気に入っております

ちなみに、サイトウさんは当社一番のオシャレさん。

いつも、頭の先からつま先まで、
トレンドを上手く取り入れたファッションを着こなしており、
“読者モデルのようだ”と社内で評判です

ちなみに、今日のサイトウさんのファッションは、
セクシーなクラッシュデニムに、フリンジブーツでした。

サイトウさん、ステキなデザインをありがとうございます

そして、皆様、リニューアルしたクールジャパンブログを
よろしくお願いいたします!
 2011/01/14 09:42  この記事のURL  / 

| 次へ

株式会社アパレルウェブ

アパレル・ファッション業界情報サイト「アパレルウェブ」、アパレル企業様向けウェブマーケティング・各種コンサルティング、海外向け日本ファッション紹介サイト「XOJAPAN」、生地の卸・問屋サイト「テキスタイルネット」を運営。

“日本のファッションを世界へ”をミッションとしクールジャパンブログを立ち上げました。

皆様からの“クールジャパン”情報募集中!その他、ご意見・ご感想をお待ちしております。
2011年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
リンク集
当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。