« 2009年01月 | Main | 2009年03月 »

ミシェル夫人のカーディガン
今、繊維業界では
佐藤繊維」という会社が話題となっています。

ミシェル・オバマ アメリカ大統領夫人が、
大統領就任式時に着用していた「ニナ・リッチ」のカーディガンが、

山形県寒河江市の紡績糸製造・販売会社
「佐藤繊維」の糸から作られているものだったという
ことが判明したからです。

従業員85名の、地方の一会社が、
世界規模で一気に有名になってしまいました。

以前、福井県産のペイリン氏のメガネも話題となりましたが、
また一つ、地方発の“クールジャパン”が生まれましたね。

▼詳しいニュースはこちら。
http://www.nissenmedia.com/news/apparel/2009/02/20162005.html
http://yamagata-np.jp/news/200901/31/kj_2009013100553.php
 2009/02/26 10:35  この記事のURL  / 

マルイの“クールジャパン館”「新宿マルイワン」オープン!
2月20日に、新宿の一等地に、
マルイの“クールジャパン館”ともいうべき
「新宿マルイワン」がオープンしました!



------------------------------------------------
世界でも注目度の高いファッションの街“東京”の中心地で、
独特のファッションが集積された
「東京のファッションカルチャーを世界に発信する」専門館。
プレスリリースより)
------------------------------------------------
というだけあり、

ゴスロリ、パンクファッション、モダン着物、
東京雑貨、ブライスドールなど、

まさに“クールジャパン”なものが集結した
超注目スポットです!


各フロアは、こんな感じらしいです。
------------------------------------------------

8F
ミュージック&ライブ
ライブファッションとVISUAL系ミュージックがMIXしたフロア

7F
ロリータサロン
好きなものだけに囲まれたい女の子の夢のような永遠の聖地

6F
パンク・ロック
日本で独自に進化したパンク・ロックファッションをノールールで集積

5F
クワイエットファンタジー
テイストではなく独自の世界観へのこだわりの深さで
セレクトしたブランドとシューズ・バッグを集積

4F
アジアンモダン
モダン着物・ドール・姫系ファッションなど、息づくアジアの進化系

3F
ロマンチックカジュアル
ロマンチックカジュアルと個性派ファッションのエントランス

2F
ストリートカルチャー
ストリート雑誌とコラボレーションし、Tokyoのリアルストリートを配信

1F
TOKYO POP CITY
東京らしいファッショナブルなカルチャーを集積、
ここが現代のおもちゃ箱

プレスリリースより)
------------------------------------------------

個人的に、特に注目しているショップは、ここです。

クゥオロモ
「Design Japanese Culture」をコンセプトに、
キティちゃんやマンガなど、
日本のポップカルチャーをテーマとしたTシャツを
販売している人気ブランド。
パリの超有名セレクトショップ「コレット」など、
世界のセレクトショップで展開されています。

KAIJU BLUE
サブカルチャー&アンダーグラウンドをコンセプトに、
日本発信にアイテムを取り揃えた、
雑多さが魅力の雑貨ショップ。

●「FRUiTS MiX」
ストリート系雑誌の草分け、『FRUiTS 』のショップが
初出店。
原宿や渋谷のストリートで人気の7ブランドが
集まったショップ。


“クールジャパン”関連のサイトを運営したり、
ゴスロリのイベントを開催したりと
早くから“クールジャパン”に注目し、
日本のカルチャーを世界に発信しているマルイさん。

この大胆な発想と、素晴らしいテナントのラインナップは
さすがだな、と感心しきりです。

「新宿マルイワン」、今一番行ってみたいショップです。
 2009/02/23 11:42  この記事のURL  / 

バンコク出張記・その2
今回は、写真を中心に、
バンコクで起こっている”クールジャパン”を
お伝えします。

▼デパートにあった、キティちゃんの女児向けのライセンスアパレル。


▼パルコの広告をきっかけに、日本で大ブレイク、
世界にも人気が広がっている“ブライス人形”。
日本で流行ってます、という打ち出しでデパートの中で
特別展をやっていました。



▼APEのTシャツ…?ニセモノが多いということは、
人気の証でもありますが…


▼KEN NAKAMURAというブランドショップ。
足袋が飾ってありました。



▼当社のお客様でもある、YMファッション研究所様の
「ヤッコマリカルド」バンコク店。


▼こちらは日本のブランドではなく、タイのブランド。
タイのファッションレベルは、予想以上に高く、少し驚きました



▼上の写真のような、オシャレなお店も
多いバンコクですが、一歩路地裏に入ると
このような露店も。


『Ray』『Cawaii』のタイバージョンが売っていることにも
驚きでしたが、
デパートや街中を見ても、
バンコクはファッション感度が高いな!というのが、
今回の出張での印象です。

次回からは、ホーチミン・マニラ・シンガポール・香港の出張記を
お送りします。
 2009/02/20 17:27  この記事のURL  / 

バンコク出張記・その1
当社の小林が、1週間のタイ・ベトナム出張を終え、
先週、帰ってきました。

今回より、数回にわたり、
バンコクとホーチミンで感じた“クールジャパン”の
あれこれをレポートします。

まずは雑誌から。

▼タイにもありました、『Ray』。表紙は日本のモデル香里奈です。


▼そして、日本では休刊となる『Cawaii』が、タイでは健在!

中身をざっと見たところ、
日本の雑誌をそのままタイ語に翻訳したページが6割、
タイで編集されたページが4割くらいの割合でしょうか。

タイは現在30度くらい。
しかし、日本は真冬。

面白い現象が、誌面上で起こっています。

▼日本のページ:ファー付きコートに、ブーツ。


▼タイのページ:半袖ワンピース。


▼左:タイのモデル(夏仕様) 右:日本のモデル(冬仕様)


同じ雑誌の中に、夏と冬が混在しています

何とも面白い現象です。

タイの女の子は、日本のこの真冬の着こなしを
どう参考にしているのでしょうか・・
それでも、日本の人気モデルが登場することに
意味があるのだと思います。

ちなみに、、『Ray』にはロッテのキシリトールの広告が、
『Cawaii』にはグリコのチョコの広告が出ていました。



タイ版『Ray』は、日本円にして約225円、
タイ版『Cawaii』は、約240円。

日本の『Ray』は690円、『Cawaii』は480円なので、
日本人の感覚で見ればかなりお買い得?ですね。

この2面性というか多面性がバンコクのいい所。
夏と冬が混在する雑誌の紙面と言い、
“何でもあり!”感が面白いです。

日本のファッション誌は、中国のみならず、
タイでも女の子のハートをつかんでいるようです
 2009/02/20 16:40  この記事のURL  / 

外国人原宿ツアー
2月9日(月)に、
外国人原宿ファッションツアー」の
記者会見&ツアー見学に参加してきました





このツアーは、“裏原宿”を中心とした
日本の代表的なショップを
英語・中国語・韓国語のガイドが案内するというもの。

例えば、こんなお店をまわりました。
  
 ●キディランド
 ●ラフォーレ原宿
 ●シップス
 ●ANAP
 ●ゼンモール  などなど…

経済産業省、日本政府観光局、JFWとも連携している
このツアーは今回で3回目。

日本人の私が行っても、「こんなお店が原宿にあったんだ〜!」と
新鮮な発見がありました。

1時間半歩きっぱなしで、足は若干疲れましたが(運動不足!?)、
本当に楽しかったです

2月9日, 10日, 12日, 13日, 16日, 17日, 19日, 20日の
計8日間開催しています。

参加費は無料!


ホームページから申込みできます。
ご興味のある方、ぜひお申し込みを
http://www.harajuku-jingumae.jp/

ファッションの“クールジャパン”を、
このツアーにより多くの方に体感して頂きたいと思いました。

以下、ホームページより。
***************************

- Outline -
Date Feb.2009
9, 10, 12, 13, 16, 17, 19, 20 (total of 8 days)
Hours 14:00 - 15:30
Meeting Place KDDI Designing Studio

-Address-
16-32-4 Jingumae Shibuyaku Tokyo

-Access- >>>detail
5 min. on foot from JR Harajuku station
3 min. on foot from exit 5 of Meiji Jingumae station on the Tokyo Metro Chiyoda Line


Capacity 15 persons per day (reservations required)
Guide
Language English, Chinese, Korean

Attention -Safety Precaution-
The guide leader takes account of the participants' safety during the tour; provided,however, that we request each of the participants to pay attention to the safety measures by itself.

-Liablity-
We and the guide leader shall not bear any responsibility or liability for all claims, damages,losses, liabilities or expenses of the participants arising out of,relating to or in connection with the tour.

-Insurance-
The tour shall not be covered by any insurance of ours.
Each of the participants is requested to insure by itself if necessary

Please register the participation applicant on the following Web site.
http://www.harajuku-jingumae.jp/form.cgi
 2009/02/12 11:45  この記事のURL  / 

| 次へ

株式会社アパレルウェブ

アパレル・ファッション業界情報サイト「アパレルウェブ」、アパレル企業様向けウェブマーケティング・各種コンサルティング、海外向け日本ファッション紹介サイト「XOJAPAN」、生地の卸・問屋サイト「テキスタイルネット」を運営。

“日本のファッションを世界へ”をミッションとしクールジャパンブログを立ち上げました。

皆様からの“クールジャパン”情報募集中!その他、ご意見・ご感想をお待ちしております。
2009年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
リンク集
当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。