« 2012年12月11日 | Main | 2012年12月25日 »

「鎌倉シャツ」がNYに初進出


上質なシャツを低価格で販売し、人気となっている
「メーカーズシャツ鎌倉」。
10月にニューヨークに初の海外店舗を出店し、
好評だそうです

「鎌倉シャツ」ニューヨーク・マディソン街に海外初店舗をオープン
http://www.apalog.com/report/archive/983

「メーカーズシャツ鎌倉」は、1993年の創業以来、東京を中心に
日本全国で22店舗を展開しており、東京の丸ビルでは、
店舗面積あたりの売上坪効率No.1になったこともあるという実力派

生地は、高級ドレスシャツの基準を上回る最上質のものを使用し、
「巻き伏せ本縫い」という手の込んだ縫製を施し、ボタンは貝ボタン。
更に店頭には常時100種類以上もの品揃え。

中国製が一般的なアパレル業界において、
“日本国内生産”にこだわり、しかも、4900円という低価格。
業界では非常に有名な実力派メーカーです。

そんな「メーカーズシャツ鎌倉」が、
世界の一流ビジネスマンが多く集まる街
NYに初出店!

「メーカーズシャツ鎌倉」の取締役会長の貞末良雄氏のコラムによると、

“ウィンドウのDISPLAYを見て、そのシャツのステッチが美しい、
ネクタイはまさに正統派であると、口々に驚いた風で入店される。
値段などは一向に気にかける風でない。

ひたすら商品の完成度を賞賛し、必ず100%試着する。
この人達はもしかしたら、私達以上に服を知っている。
何が良い服か説明する必要は全くない。
これがNEW YORKの時代をリードするジェントルマンなのだ。
身の引き締まる思いである”


とのことで、シャツへのこだわりは世界一?とも言われる
NYのビジネスマンからも評価されているようです。

貞末良雄氏のコラムには、興味深いことが沢山書いてあり、

「日本ではシャツの胸ポケットが無ければ、買わない人が多いが、
NEW YORKでは逆」だそうで、

「上衣に沢山ポケットがあるので、
シャツにまで胸ポケットをつけるのはスタイリッシュではない」
との理由だそうです。

なるほど〜

シャツにこだわるNYのビジネスマンからすれば、
「メーカーズシャツ鎌倉」の1枚79ドル(約6500円)は
“質の割にはお手頃価格”との評価されるのも納得ですね

日本の「ものづくり」の強みが、こういう形で世界に発信されるのは
ウレシイことです


<参考記事>

上質な物を低価格で 「鎌倉シャツ」ニューヨーク出店(LOTUS WEB STUDIOS)

これが激安の国を変える次世代のモノづくりだ!(カンブリア宮殿ホームページ)

 2012/12/18 13:58  この記事のURL  / 


株式会社アパレルウェブ

アパレル・ファッション業界情報サイト「アパレルウェブ」、アパレル企業様向けウェブマーケティング・各種コンサルティング、海外向け日本ファッション紹介サイト「XOJAPAN」、生地の卸・問屋サイト「テキスタイルネット」を運営。

“日本のファッションを世界へ”をミッションとしクールジャパンブログを立ち上げました。

皆様からの“クールジャパン”情報募集中!その他、ご意見・ご感想をお待ちしております。
2012年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
リンク集
当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。