« 2011年06月28日 | Main | 2011年06月30日 »

日本の“世界遺産” 全16件に! 小笠原と平泉、ダブル登録
国連教育科学文化機関(ユネスコ)は28日、パリの本部で
同日まで開かれていた第35回世界遺産委員会で、
自然遺産3件、文化遺産21件、複合遺産1件の計25件の
世界遺産登録が決まったと発表しました!

日本が推薦していた

小笠原諸島(東京都)自然遺産
平泉の文化遺産(岩手県)文化遺産

にそれぞれ登録されています

これで、日本国内の世界遺産は、文化遺産・12件と、
自然遺産・4件の合計16件となりました

残念ながら、日本がフランスなどと共同で推薦していた
国立西洋美術館(東京都)をはじめとする
現代建築家ル・コルビュジエの作品群は落選となって
しまいました…。


▼ 世界遺産936件に=小笠原、平泉など25件登録−ユネスコ(時事ドットコムより)

浄土世界を現世に表現したことの文化的価値が認められた平泉。
“東洋のガラパゴス”としての希少性が認められた小笠原諸島。

まったく毛色の違う2件が同じ国の中にあるという現実…。
国内にある他の世界遺産もそうですが、日本には本当に
いろいろな場所・顔があるんだなぁと再認識させられます。

今回の委員会において、イタリア文化省の世界遺産担当である
ギド局長は、「日本が世界遺産の登録レベルを高めている」という
発言をしています。
この言葉からも、日本が世界遺産を申請する際、いかに「高い水準」を
守っているかがわかるのではないでしょうか。


なお、復興を目指すさなかの「登録」となった平泉では、

中尊寺※の山田貫首が
「多くの尊い命が失われた東北に、再び浄土の風を吹かせ、
理想郷をつくれということ。運命的なものを感じる」


また、毛越寺※の藤里執事長も
「震災は、東北が一つであることをあらためて気付かせる
きっかけになった。登録が復興への一筋の光となることを心から願う」


と述べています。
※平泉の文化遺産を構成する5遺跡に含まれる寺院。


平泉だけではなく、日本中が同じ気持ちだと思います。
今だからこそ、日本の素晴らしいものをしっかりと未来に
引き継いでいけるよう、自分たちができることをしっかりと
やっていかなければいけないなと、少し気が引き締まりました。

 2011/06/29 16:18  この記事のURL  / 


株式会社アパレルウェブ

アパレル・ファッション業界情報サイト「アパレルウェブ」、アパレル企業様向けウェブマーケティング・各種コンサルティング、海外向け日本ファッション紹介サイト「XOJAPAN」、生地の卸・問屋サイト「テキスタイルネット」を運営。

“日本のファッションを世界へ”をミッションとしクールジャパンブログを立ち上げました。

皆様からの“クールジャパン”情報募集中!その他、ご意見・ご感想をお待ちしております。
2011年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
リンク集
当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。