« 2011年06月20日 | Main | 2011年06月27日 »

Googleのロゴ、村上隆さんデザインの「夏至」に
「見たよ〜」という方も多いかと思いますが…

▼ Googleのロゴ、村上隆さんデザインの「夏至」に 南半球は「冬至」バージョン
(はてなブックマークニュースより)

私が見たのは、もちろん、「夏至」バージョン



これだけかと思っていたら、南半球の「冬至」バージョン
あったんですね。
こちらのサイトで知りました



いまや日本でよりも、世界でその名を知られる村上隆氏。

様々な活躍ももちろんですが、
(個人的にはヴィトンとのコラボが記憶に残ってます)
こうした“みんなが見る”場所にその作品が使われると、より一層
その凄さ・評価の高さが伝わるように思います。

なお、『カイカイキキギャラリー』の公式サイトには、
今回の経緯が書かれているページがあるので、
気になる方は読んでみてはいかがでしょう?



 2011/06/23 18:32  この記事のURL  / 

日本の技術、いまだ健在 〜スーパーコンピューター「京(けい)」首位奪還〜

20日、ドイツで開催中の国際会議で、理化学研究所と富士通が
共同開発中のスーパーコンピューター「京(けい)」が、
2004年6月以来、7年ぶりの首位奪還という快挙を成し遂げました

▼ 日本勢、意地の世界一奪還…スパコン「京」(Yahoo!ニュースより)

「2位じゃダメなんですか?」
の言葉も記憶に新しい、2009年秋の事業仕分けで、いったんは
凍結判定を下された「京(けい)」プロジェクト。
数々の困難を乗り越え、復活し、今回の首位奪還を果たしたんだとか。

▼ 「日本の技術、いまだ健在」=被災工場も世界一に貢献―喜ぶ関係者・次世代スパコン
(Yahoo!ニュースより)

こちらの記事によると、

「スパコンの部品製造には宮城県や福島県の工場も参加。3月の
東日本大震災で被災し、操業がストップ。プロジェクトは危機に陥った。
(中略)その後協力会社から連絡があり、
『他のものをストップさせても、このプロジェクトには協力する』と言われた」
と明かし、「最先端の技術を東北の協力会社が支えていた。
それがなければ、世界一はなかった」と強調した。」


とのこと。
こんなところにも震災の影響があったのですね。

事業仕分けのことも考えると、まさに“困難を乗り越えて”首位を
奪還したスパコン「京(けい)」。

関係者はもちろん、日本中に大きなパワーを与えてくれるような
気がします。




以下、ここからは余談です。

なんだかんだ言っても、勝敗や順位がものをいう世界では、
1位と2位の価値はやはり大きく違います。
スポーツ界はもちろんですが、ビジネスの世界でもそれは同じこと。
目指すべきは、やっぱり1位しかないんだと思います。

ただ、1位を目指したからといって、1位になれるわけではありません。
1位になるための努力をしても、2位かもしれないし、
3位…いや、もっと下の順位になってしまうかもしれません。
必ずしも「努力=結果」でないところがつらいところですね。

でも、ひとつだけ言えることがあります。

2位でいいと思ったら、1位には絶対になれないということです。
だから「2位じゃダメなんです!」。


目指すレベルは大きく違う世界で生きている私ですが、
そんな思いを新たにした、今回のニュースでした。
 2011/06/23 12:13  この記事のURL  / 


株式会社アパレルウェブ

アパレル・ファッション業界情報サイト「アパレルウェブ」、アパレル企業様向けウェブマーケティング・各種コンサルティング、海外向け日本ファッション紹介サイト「XOJAPAN」、生地の卸・問屋サイト「テキスタイルネット」を運営。

“日本のファッションを世界へ”をミッションとしクールジャパンブログを立ち上げました。

皆様からの“クールジャパン”情報募集中!その他、ご意見・ご感想をお待ちしております。
2011年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
リンク集
当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。