« 音楽 | Main | マンガ・アニメ »

ラーメン博物館 東南アジアなどの外国人観光客から人気

(画像:新横浜ラーメン博物館ホームページより)

1994年にオープンし、開業から20周年を迎える
「新横浜ラーメン博物館」が、今、外国人観光客からアツイ注目を
集めているそうです

円安で外国人観光客が戻る(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kanagawa/news/20130417-OYT8T01608.htm

記事によると、今年1〜3月の外国人客数は前年同期の約1.6倍と急増!
約6割が台湾やタイなどのアジア諸国・地域からとのことです。

さらに、先日テレビでは、4月前半は外国人観光客の前年比4倍とも
報道していました。これは、今年の伸びはすごそうですね!

ラーメン博物館のホームページは、もちろん、英語・中国語・韓国語対応しており、
4カ国語を明記したメニューを作成しているお店もあるのだとか。

さらに、ホームページにはこんな動画コンテンツも!

新横浜ラーメン博物館「ラー博TV」 世界ラーメン紀行第1弾フランス編
http://www.raumen.co.jp/rahakutv/

パリ、フランクフルト、ローマ、アムステルダム、ロ­ンドンなど、
世界17カ国、26都市を訪れ、延べ200店舗以上の海外のラーメンを調­査した
新横浜ラーメン博物館が選りすぐった海外のラーメン事情を動画で紹介する
コーナーらしいです。

もはや世界の架け橋となりつつある?「ラーメン」。
開業から約20年経った今でも、海外からも人を惹きつける施設は
スゴイなと思います
 2013/04/24 23:42  この記事のURL  / 

らーめんの「山頭火」タイに初進出!

(画像:山頭火ホームページより)

日本の定番人気ラーメン店「山頭火」が3月28日、
バンコクの伊勢丹にタイ1号店をオープンしたそうです!

【タイ】らーめん山頭火、伊勢丹にタイ1号店(Yahoo!ニュースBUSINESS:NNA)
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20130328-00000006-nna_kyodo-nb

山頭火の店舗一覧を見てみたら…

こんなに海外に進出していたことにビックリ!
アメリカ、カナダ、シンガポール、インドネシア、マレーシア、台湾、香港…
今回のバンコクの店舗で、海外は21店舗目だそうです。

ちなみに、国内の店舗は、数えてみたところ、
北は旭川本店から、四国・高松まで、27店舗。
海外の店舗数が、国内店舗数に迫る勢いなんですね!

記事によると、客単価は、300バーツ(約955円)を
想定しているそうで、日本とほぼ同じくらいのお値段ですね。

海外に進出している日本のラーメン店といえば、
「博多一風堂」「青葉」「せたが屋」「毘沙門」「梅光軒」「さんぱち」、
そして、中国で大成功をおさめている「味千」など多数。

もはや、寿司と並ぶジャパニーズフードとして
定着した感のあるラーメン。

“北海道”が、海外でブランド化し人気となっている今、
山頭火もタイの人々の心をつかむことでしょう

 2013/04/02 10:40  この記事のURL  / 

「ココイチ」世界最大のカレー屋さんとしてギネス認定!
皆様おなじみの、カレーチェーン店「カレーハウスCoCo壱番屋」が、
世界で1345店舗達成し、“世界最大のカレーチェーン店”として、
1月17日にギネス認定されたそうです

▼「世界最大のカレーチェーン」ココイチ、ギネス認定!(msn)
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130121/wlf13012110500008-n1.htm

ココイチは、1994年にハワイに海外1号店を進出。
2013年1月末時点の店舗数は1,345店で、
うち海外は、アメリカ 、中国、台湾、韓国 、タイ、香港 、シンガポールに
計102店を展開しています。

売上は、国内698億円・海外40億円の、計739億円。(平成24年5月期)
着実に、海外での売上も伸ばしているようですね。

こちらのサイトに、アメリカ人のココイチに対する
評価の和訳が載っています。

▼アメリカでオープンしたカレーハウスCoCo壱番屋の現地での反応は? 【海外の反応】(超訳コネクト)
http://chouyakuc.blog134.fc2.com/blog-entry-130.html

やはり、日本式カレーならではのコクだったり、
トッピングの多さなどが支持されているようですね

今、ココイチでは、ギネス認定を記念して、
海外をイメージした特別カレー(ハワイ:ロコモコカレー、タイ:レッドカレー、
韓国:豆腐チゲカレー、台湾:パーコーカレー)の期間限定メニュー
販売しているとのこと。



本日のランチはココイチかな…
 2013/02/14 09:57  この記事のURL  / 

成田の免税店で「じゃがポックル」が人気
成田空港には、「AKIHABARA」という名の、
免税品店があるのをご存じでしょうか?

なんとなく見たことはあったのですが、
先日、このお店「FaSoLa Tax Free AKIHABARA」のことをテレビで放送していて、
初めて、その人気を知りました。

“成田のリトルトーキョー”をコンセプトとした店内は、
日本の食品、健康グッズ、ラジコン、炊飯器、鼻毛カッターなど、
日本が誇る商品約900点の品揃えを誇り、
多い日は、1日970万円の売上があるそうです

ちなみに、食品部門での今の人気はコレ、
「じゃがポックル」!
日本でも、北海道のお土産として大人気となっている商品ですね


(画像:じゃがポックルホームページより)

2012年の台湾ヤフ−ショッピングでは、
「じゃがポックル」が1位になっているそうです(※(仮)たいわーんより)

「じゃがポックル」は、「FaSoLa Tax Free AKIHABARA」でも、
特にアジア圏の人に人気で、
1人5箱までという購入制限がかけられているのだとか。

他にも、「FaSoLa Tax Free AKIHABARA」の
ホームページには、「海外のお得意様に贈りたい!食品おみやげランキング」や、
外国人観光客のオモシロ「まとめ買いエピソード」など、
興味深い情報がたくさん掲載されていて、面白いです

「白い恋人」「東京ばな奈」も定番人気のようですね。

第1ターミナル、第2ターミナル、両方に「AKIHABARA」はあるので、
海外旅行に行かれる際は、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
新たな“クールジャパン”が発見できるかもしれません
 2013/02/12 11:14  この記事のURL  / 

丸亀製麺がロシア初進出―ロシアでの日本食ブーム事情
店内で作る自家製麺が大人気となり急成長中の
讃岐うどん店「丸亀製麺」がロシア・モスクワに1号店をオープンしたそうです!

意外や意外、日本の外食チェーンがロシアに
進出するのは初めてとのこと

5年で100店舗を目指しているそうです。

讃岐うどん「丸亀製麺」がロシア進出 “日本式ファストフード”5年で百店めざす(SankeiBiz)
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130131/bsd1301310958004-n1.htm


(画像:株式会社トリドール ニュースリリースより

目の前で調理するというスタイルが、ロシアでは珍しいらしく、
かなりの行列になっているのだとか

丸亀製麺は先月に香港、昨年12月に韓国に第1号店を
オープンするなど、現在4カ国で海外展開を行っており、
海外進出を着々とすすめています。

ロシアでは、日本食がブームとなっていて、
現在モスクワには、日本食を取り扱うレストラン、カフェ、バーが
600軒以上もあり、多くのカフェやバーでは、
「すし」や「ロールずし」がメニューにあるらしい

しかし、このロシアでの日本食ブームには
いろんな裏話があるようで…

JETROの「日本食レストランの戦略と現状‐勢いを増す大衆向けチェーン店、悩める日本人シェフ‐」の記事によると、

チェーン店で出される日本食は、米国発の「ロールずし」系がメインで、日本人には馴染みのない日本食がほとんどである。これらのチェーン店は、本場の日本食を知らない客層がターゲットであるため、必ずしも食材が日本産である必要はなく、安価な中国産や韓国産のしょうゆ、のり、米、しょうが、みそ等を仕入れ、消費者に提供しているのが現状である。

一方、日本人シェフのいる日本食レストランは、中間所得層以上の顧客層がターゲットである。こういったレストランには在モスクワの日本人も数多く訪れるため、本場の味へのこだわりが強い。また日本人シェフの場合は、客に良いものを提供したいというポリシーもあり、シェフは良い材料を仕入れるのに、日々アンテナを張って模索している。


ということで、ロシアの日本食は、
「大衆向け日本食レストラン」と「高級日本食レストラン」で
かなり状況が異なるようですね。

丸亀製麺の商品価格は釜揚げうどん120ルーブル(324円)、
カレー180ルーブル(486 円)と
日本と変わらぬリーズナブルなお値段

大衆向けレストランながらも、
日本と同じ味が食べられるという点が、
ロシアの人々の心を掴むのでは!?と
期待しています!
 2013/02/04 09:16  この記事のURL  / 

| 次へ

株式会社アパレルウェブ

アパレル・ファッション業界情報サイト「アパレルウェブ」、アパレル企業様向けウェブマーケティング・各種コンサルティング、海外向け日本ファッション紹介サイト「XOJAPAN」、生地の卸・問屋サイト「テキスタイルネット」を運営。

“日本のファッションを世界へ”をミッションとしクールジャパンブログを立ち上げました。

皆様からの“クールジャパン”情報募集中!その他、ご意見・ご感想をお待ちしております。
2013年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
リンク集
当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。