« インバウンド | Main | JRunway »

奇妙な日本語で人気急上昇中!「ニンジャスレイヤー」
アマゾンの本総合ランキングで、第4位(※10/16時点)となっている、
こちらの本、ご存じでしょうか?

ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1




近未来都市「ネオサイタイマ」を舞台に、ニンジャ2人が戦いを繰り広げるという、
B.ボンド&P.モーゼズのアメリカ人2人が著者のSF小説。

小説中に登場する、“間違った日本観”が話題となり、
日本語翻訳チームが結成され、twitter上でリアルタイム翻訳連載を開始したところ、
大人気に!現在、フォロワーは1万8000人以上、アマゾンのこの本のページ
「いいね」数も250件を超えています。

▼全米震撼のニンジャ小説は“日本人も知らない日本語”だらけ!(ダ・ヴィンチ電子ナビ)
http://ddnavi.com/news/90909/
によると、

ニンジャ同士の戦いでは、両者がにらみあい、緊迫した空気がただよう中、
「ドーモ、ミニットマン=サン。ニンジャスレイヤーです」
「ドーモ、ニンジャスレイヤー=サン。ミニットマンです」と丁寧に挨拶しあったり、

また、主人公のニンジャスレイヤーことフジキド・ケンジが、
ニンジャ同士の抗争に巻き込まれ、妻子を失った“因縁の場所”の名前は
「マルノウチ・スゴイタカイビル」。

ニンジャスレイヤーを執拗に追う敵の組織の名前は「ソウカイヤ」(総会屋)、
ニンジャスレイヤーの決め台詞は「ハイクを詠め!」というように、

“えっ、このシーンでこの口調!?”というような
面白い日本語が次々と登場します。

アマゾンのレビューによると、
この本は、独特すぎる世界観に、慣れるまでは大変らしいのですが、
慣れてしまうと、笑いあり・涙ありの小説で、虜になるらしいです

まずは、公式ツイッター( https://twitter.com/NJSLYR )や
公式サイト( http://ninjaslayer.jp/trial.html )で試し読みしてみても
いいかもしれません。
この秋オススメの1冊!?
 2012/10/16 10:46  この記事のURL  / 

上海梅龍鎮伊勢丹 職人技ギフトカタログ「日本の伝統」作成
先週の繊研新聞2面(1/6)に気になる記事を見つけました!
ネットに情報がないか確認したのですが…見つからず

リンクなしで恐縮ですが、ご紹介します!


「職人技ギフトでカタログ
 上海梅龍鎮伊勢丹 企業の贈答重要など狙う」



記事によると、

上海梅龍鎮伊勢丹では、岩手県の南部鉄器や石川県の九谷焼等、
日本の伝統的な職人技術による高級品だけを集めたギフトカタログ
「日本の伝統」を作成、企業経営者など富裕層を対象に年初から
営業活動を本格化した


とのこと。

上海梅龍鎮伊勢丹が外商のギフトカタログを作るのは、なんと
今回が初めて!!
中国の消費欲求はどんどん強まってるんですね〜


中国の富裕層の中で、日本の“高級な”伝統工芸品は高い人気と
なっているそうで…

実店舗で開催される、日本の伝統工芸品を焦点をあてた「催事」も
総じて好評をなんだとか


今回のカタログには、60点あまりの商品が掲載されるようですので
それらの工芸品がどんな風に受け入れられるのか、非常に気になる
ところです
 2012/01/11 16:53  この記事のURL  / 

クール・ジャパンメッセージ vol.1 工芸ルネッサンス展覧会「WAO 〜記憶の森〜」
8月4日(木)〜8月28日(日)、表参道で素敵な展覧会が
開かれています

▼ ラグジュアリーが伝統工芸と出会う「WAO〜記憶の森〜」開催(Fashionsnap.com)

記事によると…

「伝統工芸のパイオニアによる新作や、「BACCARAT(バカラ)」
「LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)」「FENDI(フェンディ)」と
コラボレーションした作品を展示。
日本の工芸世界から、ラグジュアリーでアーティスティックな
未来型の「用の美」を様々な形で提示する。」


という今回の展覧会。

伝統工芸品を紹介するだけでなく、それを『今』そして『未来』と
繋げた試みは、非常に興味深いことだと思います。
さすが“クール・ジャパンメッセージ”と銘打っているだけありますね。

また、日本の様々な工芸品が世界に名だたるラグジュアリーブランドと
コラボしてたなんて!!
ちょっとびっくりしたのは私だけじゃないはず…。

開催期間も長いこの展覧会。
ふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょう。

▼ 会場はこちら
 2011/08/11 12:59  この記事のURL  / 

世界初!「盆栽美術館」が人気
日本が世界に誇る文化「盆栽」。

その素晴らしい文化を国内外に広めるべく、
昨年3月に誕生した、「さいたま市大宮盆栽美術館」
今、ひそかなブームを呼んでいます
世界初の「公立盆栽美術館」です。

▼世界初の盆栽美術館 年間目標5万人早くも達成へ 
外国人観光客にも好評 さいたま市 (msn産経ニュース)


盆栽庭園(▼写真:さいたま市ホームページより)

入館者は、昨年10月23日時点で計4万8千人を超え、
海外からも約40カ国から約800人の観光客が訪れたそうです

海外からの人気が高いからか、
「さいたま市大宮盆栽美術館」のホームページは、
英語・中国語(簡体字)・中国語(繁体字)・韓国語・スペイン語・日本語の
6ヶ国語に対応しています。スゴイ!

さらに、美術館オリジナルグッズも、
実はすごくカワイイ!このロゴ、何かほのぼのしますね〜。
http://www.bonsai-art-museum.jp/sisetsu/museumshop.php


総額数億円の価値がある盆栽の数々が、
300円(※大人の通常入場料金)で楽しめるなら
オトクかも!?

都心からもそんなに遠くないですし、
週末、ちょっとした小旅行気分で出かけてみて
BONSAIに癒されるのもいいかもしれません

 2011/02/10 09:53  この記事のURL  / 


株式会社アパレルウェブ

アパレル・ファッション業界情報サイト「アパレルウェブ」、アパレル企業様向けウェブマーケティング・各種コンサルティング、海外向け日本ファッション紹介サイト「XOJAPAN」、生地の卸・問屋サイト「テキスタイルネット」を運営。

“日本のファッションを世界へ”をミッションとしクールジャパンブログを立ち上げました。

皆様からの“クールジャパン”情報募集中!その他、ご意見・ご感想をお待ちしております。
2012年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
リンク集
当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。