« つぶやき | Main | アパレルウェブからのお知らせ »

アフリカで売れている!意外な日本製品
日経ビジネス5月27日号の「アフリカ」特集が、
すごく興味深いです!

アフリカ市場というと、貧困や飢餓、人種差別の問題があり、
まだ、日本企業が進出できる状況ではないのでは…?と
思いがちですが、意外すぎる日本製品が売れていることがわかりました。

特に、この3社が興味深いです。


◆カネカ

黒人女性に欠かせない“つけ毛”。
合成繊維「カネカロン」を使った“つけ毛”がアフリカで大ヒット。
アフリカの多くの国で半分以上のシェアを占めており、
アフリカでの販売量は過去10年で8倍にも増えているとか!

カネカは、ナイジェリアでヘアエクステンションのイベント
開催しており、「カネカロン」は、アフリカ女性に
欠かせないものとなっているようです。


(画像:カネカCSRレポート2012より)


◆サラヤ

ウガンダで、劣悪な衛生環境の病院に、サラヤの消毒液を
設置したところ、感染症が激減。最初は慈善事業として
消毒液を設置していたが、2011年、現地に合弁会社を設立し、
消毒液を製造・販売。現在、病院向けに販路を拡大しているそうです。

サラヤは、「100万人の手洗いプロジェクト
病院で手の消毒100%プロジェクト
という活動をしており、JICAの調査事業としても採択されているそう。


(画像:サラヤ 100万人の手洗いプロジェクト紹介ページより)


◆パイロットコーポレーション

1本30円のボールペンを、地道な営業活動で、
南アフリカの貧困地区へ販路拡大し、
人種差別による教育機会の増加を目指しているとのこと。


これら3企業は、単なる「慈善事業」としてでなく、
現地で「ビジネス」として展開し、アフリカの人々の生活環境改善と
雇用の創出を行っている点が本当に素晴らしいと思います。
感動しながら、記事を読みました。

日本の技術力が、こういう形で
活かされているのは、日本人として本当にうれしいことです
アフリカにも、これから大いにビジネスのチャンスがあるということも、
意外な発見でした。

ぜひ、皆様も「日経ビジネス」5月27日号、
読んでみてください!
http://business.nikkeibp.co.jp/nbs/nbo/base1/index.html?xadid=001
 2013/05/28 10:49  この記事のURL  / 

日本の鉄道運営ノウハウ、ベトナムへ

(画像:東京メトロホームページより)

東京メトロが、ベトナムで、鉄道運営会社の設立支援と、
運行効率化、安全管理システム、運賃決定システム構築、
顧客サービスなどの支援を行うと発表しました。

社員も直接派遣し、今まで東京メトロが培ってきた
「鉄道運営のノウハウ」をもとに全面的にバックアップするようです。


東京メトロ、ベトナムで都市鉄道の運営支援 運行計画から運賃決定まで(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130225/biz13022519070016-n1.htm

東京メトロ、ベトナムで鉄道の運行支援(海外進出ニュース)
http://kaigaibusiness.com/%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0/7613.html

日本の電車の正確さ・安全さは世界一!とよく聞きますが、
これは、まさにその日本の強みを海外で活かせる
素晴らしいニュース

海外進出ニュース」によると、
この他にも、日本の鉄道事業者の海外進出としては、
JR東海がアメリカで超電導リニアモーターカーの受注を目指していたり、
JR東日本が昨年11月にブリュッセルに海外初めての拠点を開設、
3月にはシンガポールにも拠点を開設するなどの動きがあるようです。

緻密さ、丁寧さ、安全… 日本の強みが存分に活かせる
鉄道分野。どんどん海外に進出してほしいものです

 2013/02/26 10:24  この記事のURL  / 

日本の日焼け止め、アジアで拡大中
メンソレータムのリップクリームや、日焼け止め、目薬などで
有名な「ロート製薬」。

今日の日経MJには、ロート製薬のリップクリームの街頭広告が
バングラディッシュの幹線道路で目を引いているという記事が
掲載されていました。

バングラディッシュとは意外!と思いましたが、
年中暑い国だからか、日焼け止めなどの需要を見込み、
ロート製薬は、2010年にインドとバングラデシュで
販売子会社を設立し、本格進出。

日経MJによると、2014年度にはインドと合わせて5億円の売上高を
目指しているそうです。

こちらが、海外向けのロート製薬の商品。
皆様も、見覚えのあるものがたくさんあるのでは!?

(画像:ロート製薬グローバルサイトより)

バングラディッシュ、インドの他にも、ロート製薬は
香港、中国、台湾、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナムに
現地法人を作り、アジア進出を積極的に展開中。

ロート製薬、こんなにアジア進出していたとは!
日本の日焼け止めがアジアのスタンダードになる日も近いかも!?


<参考サイト>
ロート製薬、インド、バングラデシュに進出。スキンケア商品を販売(サーチナ)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1106&f=business_1106_034.shtml
 2013/02/15 11:16  この記事のURL  / 

日本の“紙おむつ”中国で人気、おむつを巡り乱闘騒ぎも!?
昨年は、反日運動が巻き起こり日本製品も避けられているのか?と
思いきや、日本製品に対する安心感は、やはり中国国内では根強いようで、
こんな製品が中国で人気だそうです!

日本製の紙おむつ。

先週、中国で、没収された品物をオークションにかける
「税関オークション」が行われたそうなのですが、

人気の日本製の紙おむつ2万5476袋(←それにしてもすごい数!)をめぐり、
乱闘騒ぎが発生し、オークションが中止となったそうです。

日本製紙オムツを手に入れろ!マフィアたちの戦い―中国(KINBRICKSNOW)
http://kinbricksnow.com/archives/51839475.html

この人気をうけてか!?

花王では、今年1月より中国で
中国版メリーズの『メリーズ 瞬爽透気(シュンソウトウキ)』の発売を開始しました。
現地での意識・実態調査をして、中国市場向けに開発した新製品だそうです

花王ホームページ プレスリリース



「高品質」の割に「低価格」、そして「安心」という点がうけ、
日本製の紙おむつは、電化製品と並ぶ、
隠れた日本の人気商品なのだとか。

“子どもにはいいものを使わせたい”という
親心は世界共通。

これは、中国で大ヒットとなるのでは?と
予想しています
 2013/01/29 12:19  この記事のURL  / 

祝!ノーベル医学生理学賞受賞!
快挙!日本人19人目のノーベル賞、
ノーベル医学生理学賞としては25年ぶりとなる受賞、
おめでとうございます

山中教授の受賞理由やエピソードについては、
各メディアが連日報道しているので省略するとして…

今朝テレビでやっていた小ネタを。

「iPS細胞」の「i」がなぜ小文字なのか、ご存じですか?

“iPhoneのように、広く世に親しまれる存在になるように”との
願いが込められているそうです。

ノーベル医学生理学賞の研究内容は、一般の人が聞いても、
詳しくは理解できない難しい事のように思えますが、
このエピソードを聞いて、何だかすごく親近感がわきました

この画期的な発明が応用されれば、
将来、損傷した脊髄を元に回復したり、
根本的な治療法のなかったパーキンソン病を治したり
できるかもしれないとのこと!
病気と闘う多くの患者さんにとって、
本当に、明るいニュースだと思います。

次の注目は、「ノーベル文学賞」。
村上春樹氏と莫言氏の“日中対決”が注目を集めていますが…
ノーベル文学賞の発表は、11日。

多くの日本人が、こうして世界に
名を残していることを、誇りに思います
 2012/10/09 11:10  この記事のURL  / 

| 次へ

株式会社アパレルウェブ

アパレル・ファッション業界情報サイト「アパレルウェブ」、アパレル企業様向けウェブマーケティング・各種コンサルティング、海外向け日本ファッション紹介サイト「XOJAPAN」、生地の卸・問屋サイト「テキスタイルネット」を運営。

“日本のファッションを世界へ”をミッションとしクールジャパンブログを立ち上げました。

皆様からの“クールジャパン”情報募集中!その他、ご意見・ご感想をお待ちしております。
2013年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
リンク集
当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。