« クール・ジャパンカンファレンスに行ってきました | Main | 観光立国日本を応援!『ようこそ!日本ブラ』 »

クールジャパンと日本の海外販売戦略
昨日、産経新聞社×東京コンテンツプロデューサーズ・ラボの
夜間講座「クール・ジャパンと日本の産業」の
第2回目講義に参加してきました
http://www.newscollege.jp/top/course_b/b011_7.php

「世界は日本を待っている〜国別の市場・ターゲットプロフィール比較」
をテーマに、日本のカルチャーに造詣の深い
こちらの豪華メンバーによるディスカッション形式で行われました。

================================================
英:ダニー・チュー
在日ネット・ジャーナリスト

仏:エチエンヌ・バラール
在日ジャーナリスト

米:デビッド・ディヒーリ
在日ジャーナリスト

韓:ハン・ソクジュ
慶應義塾大学メディアデザイン研究科留学生

ブラジル:前川マルコス貞夫
慶應義塾大学メディアデザイン研究科/ブラジル居住経験者
================================================

まず何にビックリしたかって、皆様の日本語!

その辺にいる日本人より、語彙力が豊富なんじゃないか?
と思うぐらいの、ネイティブレベルの日本語。

そして講義の内容ですが、もちろん、
このブログに書きたい面白い話満載でしたが、
今日は一つ、印象に残った話を。

フランスのエチエンヌさんは、
日本にいる時に「ウォシュレット」を大変気に入り、
フランスでも使いたいと思い、どうやったら買えるのか
ネットで探したそうです。

探しに探し、日本のウォシュレットが
買えるルートをようやく見つけたものの、
値段は、日本の数倍…

しかし、「Japanese Washlet」で検索したところ、
韓国製の、「ウォシュレット」に近いものが出てきたそうです。
最新式の日本の「ウォシュレット」に機能は及ばないものの、
十分満足できるレベルの機能はあり、そして納得できる価格。

“日本のが欲しいけど、韓国製でもいいか”という
気になったそうです。(※実際に購入したかはわかりませんが…)

日本製の商品は大変良い。海外でニーズもある。
しかし「マーケットの把握」と「販売ルートの確立」が
されていないのが惜しい。
中国や韓国は、その辺が上手だ。

こんなメッセージが、非常に印象的でした。

今海外で起こっている“クールジャパン”と、
日本起業の海外進出における課題を
非常によく表している話だと思います。

クールジャパン室が経産省に設置され、
国も本気で、“クールジャパン”を産業に
変えようとしています。

このクールジャパンの裏には、
どんな課題とビジネスチャンスが潜んでいるんだろう?

あらためて考えるきっかけとなりました。

今日・明日も講座に参加します。
また、このブログで感想などご報告します。
 2010/11/10 15:49  この記事のURL  / 


株式会社アパレルウェブ

アパレル・ファッション業界情報サイト「アパレルウェブ」、アパレル企業様向けウェブマーケティング・各種コンサルティング、海外向け日本ファッション紹介サイト「XOJAPAN」、生地の卸・問屋サイト「テキスタイルネット」を運営。

“日本のファッションを世界へ”をミッションとしクールジャパンブログを立ち上げました。

皆様からの“クールジャパン”情報募集中!その他、ご意見・ご感想をお待ちしております。
2010年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
リンク集
当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。