« 前へ | Main | 次へ »
<お知らせ>12/2〜3 「JAPAN BEST KNIT SELECTION 2014」開催
当社が後援企業としてご協力させていただいている

「JAPAN BEST KNIT SELECTION」。

今年も開催日が近づいてきました。

来週12/2(火)〜3(水)の二日間、東京国際フォーラムで

開催されます。



毎年会場を訪問していますが、他の展示会とは比べものに

ならない程、出展者が本気で、気合いを入れて取り組んでいる

ことがしっかりと伝わってくる…注目の展示会です。

実際、多くの業界関係者(大企業の役員クラス)がこぞって

会場を訪れていることからも、そのレベルの高さを感じることが

できます。


そんな「JAPAN BEST KNIT SELECTION」。

今年は佐藤繊維の佐藤社長が実行委員長をつとめ、自らが講師

となり「Made in Japanのものづくり」というテーマのセミナーを

開催するそう。

ぜひ聞いてみたいセミナーですね。

また、昨年に続き、Made in Japan の優れたニット製品・技術を

表彰する「JBKSアワード」も開催されます。


セミナーへの申し込み方法や、出展企業一覧などの詳細は

公式ページに掲載されていますので、ぜひチェックしてみてください。


◎JBKSホームページはこちらから
http://www.jbks.jp/

◎Facebookページはこちらから
https://www.facebook.com/japanbestknitselection
 2014/11/28 20:51  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

盛り上がりをみせる中国の“「双十一」(11月11日)商戦”
繊研新聞でも取り上げられていた中国の「双十一」商戦。

「双十一」こと11月11日は「1111」と数字の1が並んでいる

ことから、中国で「独身の日」と呼ばれています。

「独身の日」自体は90年代から徐々に若者の間で広まって

いたようですが、これを一気に有名にしたのがアリババ。

同社が「11月11日をECの特売日にしよう!」と決めたことで

毎年大きな盛り上がりをみせています。


繊研新聞の記事によると

天猫は、11月11日の1日だけで571億1200万元(日本円にして

1兆735億円(1元=18.8円)を売り上げた。13年は350億1900

万元、当時の為替レートで5700億円だった。今年の商戦は

前年比63%増。

という結果になったんだとか。

たった1日で1兆円を超える売り上げをたたきだすという

インパクトは「すさまじい」の一言です。


繊研新聞ではありませんが、ウェブには「11月11日」に関する

ニュースがいくつもあがっていました。

▼中国アリババの恒例セール、1日の取引額が1兆円突破(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0IV0QC20141111

▼ アリババ、11日の「独身者の日」国際化狙う−取引額前年超え(Bloomberg.co.jp)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NEUM9Z6KLVR901.html

▼ アリババ、1日の流通総額が1兆円を突破 ー 注文数は約3億件(ShoppingTribe)
http://shopping-tribe.com/world-watch/12818/


ちなみに…ECでの特売日といえばアメリカの“サイバーマンデー”が

有名ですが、こちらも今年(12月1日)は過去最高を記録するのでは

といわれています。

▼ 米サイバーマンデーのEC売上高は26億ドルで過去最高に達する見通し、アドビ調査(ネットショップ担当者フォーラム)
https://netshop.impress.co.jp/node/876


日本でも各サイトやモール別の特売、キャンペーンが増えていますが、

国をあげた一大セールにまでは発展していないのが現状です。

店舗のセールでさえ、店舗間・施設間の連携が取れていない中では

難しいのかもしれませんが、こうしたニュースを見ると「日本でも大きな

仕掛け(イベント)をやるべきなのでは?」という思いが強くなりますね。
 2014/11/26 14:44  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

11/20(木)「JRunway」リニューアルオープンしました!
2012年10月29日にオープンした「JRunway」。

2周年をむかえたタイミングで店舗の改装を行いました。



現地のスタッフはもちろん、出店してくださっているブランド様や

外部のパートナー様等、多くの方々のおかげで無事にオープンする

ことができました。本当にありがとうございます!


今回の改装のポイントは

・ロゴを刷新!(デザイナーのFくん、ありがとう)

・黒を基調に高級感のある内装にチェンジ!

・店内導線の見直し!

・バッグ、シューズコーナーの新設による雑貨比率のUP!

・日本ブランドをフィーチャーするコーナーの設置!


の5点。

オープンからの2年間で学んだことをしっかりと改善し、これまでよりも

価格&商品イメージを向上させることを目標にプランを組みました。





まだまだこれは「通過点」でしかありませんが、この改装を機に、

より一層パワーアップしていけるよう、引き続き業務に取り組んで

いきたいと思います。

まずは目の前のクリスマス商戦、そして旧正月商戦でしっかりとした

結果をだせるよう、気合いを入れていかなければ!とスタッフ一同

気持ちを新たにしています。

皆様、今後とも「JRunway」を何卒よろしくお願いします。

シンガポールにお越しの際は是非寄り道してみてくださいね。
 2014/11/24 22:21  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ネット使用は「スマホから」が当たり前の時代に?!
夏以降「大学生がPCを使わなくなっている(※)」という

話題が様々なブログやまとめサイトで紹介されていることを

目にすることが増えてきたように感じます。

※ いまの大学生はどんどんレイトマジョリティになっているという話
(More Access! More Fun!)
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=13955


そんな中、こんな調査結果を見つけたので紹介します。



▼ スマホからのネット利用が1年で急増、PCからの利用に迫る勢い - ニールセン(マイナビニュース)
http://news.mynavi.jp/news/2014/10/21/496/

詳しくはリンク先を見ていただければと思いますが、

2013年4月から2014年4月までのスマートフォン利用状況を

ニールセンがまとめたデータです。

その結果

今年4月段階でのスマートフォンからのインターネット

利用者数は4055万人となり、昨年4月比で41%増と急増した


ことがわかったのだとか。

まだかろうじて「PC経由」でのネット利用が多いようですが

スマホの普及率やネットを多く利用する若年層のスマホ保有率

を考えれば、来年の4月にはこれが逆転していることは明らか

なのではないでしょうか。


Windows95の発売以降、ネットといえば「PC」経由が当たり前だった

これまでの常識が大きく覆る…既にその芽はあちこちに出始めて

いますが、今後はそれが一気に進むような気がしてなりません。

「スマホファースト」という概念はいまや、声高に叫ぶことではなく

むしろ“当たり前”のことなのだと改めて痛感しています。

最近の若い子がガラケーを見ても使い方が分からないと言う子もいますし、

驚いた事にヤフーをほとんど利用した事が無いと言う子もいます。

どんどん時代は変わっていくのです。
 2014/11/08 20:12  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

「今後のメディアを考えるうえで知っておきたいデータ10選」をみて感じたこと
こちらのブログでよく指摘している「スマホファースト」。

アジアに比べればまだまだですが、着実にスマホ利用者は

増え続けています。

最近行われたある調査によれば、20代〜30代におけるスマホ

普及率は7割以上になるんだとか。

そんな中、スマートフォンを含む、様々な「メディア」を

取り巻く現在の状況について、わかりやすくまとめられた

記事をみつけたので紹介します。



▼ 今後のメディアを考えるうえで知っておきたいデータ10選(メディアの輪郭より)
http://media-outlines.hateblo.jp/entry/2014/10/14/230519

こちらの記事には

1. スマートフォンの所有率

2. スマートフォン加入者数

3. スマートフォンの利用場所とシーン

4. スマートフォンでのオンライン動画視聴

5. インターネットの利用目的

6. コンテンツ関連支出

7. SNS利用動向

8. キュレーション市場

9. 新聞の発行部数と世帯数の推移

10. 新聞・通信各社の電子・電波メディア参入状況

という10個のデータが紹介されています。


中でも注目したいのは

1. スマートフォンの所有率

→スマートフォンの所有率が携帯電話を超えた

4. スマートフォンでのオンライン動画視聴

→スマホで動画を見るのは“当たり前”!?

8. キュレーション市場

→2017年度(3年後)には倍以上の大きさに

という3つの項目です。


この3つは互いに影響し合っています。

スマホの所有率が上がる

→スマホに合ったコンテンツ(動画等)を楽しむ

→スマホでコンテンツを効率よく手に入れるサービスが

人気に(キュレーション市場の拡大)

もちろん、現実には全てがこんなに単純ではないとは

思っていますが。

いずれにせよ、今後のメディア戦略を考える・組み立てる

上で「スマートフォン」というデバイス、メディアを無視する

ことはできない…それだけは、明白なのではないでしょうか。


「スマートフォン」が“変える”ものは、我々が思っている

以上に大きいものなのかもしれない


最近、改めてそう痛感しています。

 2014/11/05 17:21  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2014年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf