« 前へ | Main | 次へ »
パリで開催中の企画展「Le Japon Rive Gauche」に行ってきました
少し遅めの夏休みをいただいて、フランスとスイスへ行って

きました。

たまたま訪れたパリの老舗百貨店「ル・ボン・マルシェ」で

非常に面白い企画展を行っていたので紹介します。

エスカレーターも同展示会仕様になっていた「ル・ボン・マルシェ」。

店全体で企画展を盛り上げよう!としているのが伝わってきま

した。

 





8/30〜10/18にわたり開催されているというこちらの企画展。

日本人の私がみても非常に見応えのある企画展でした。

会場でスタッフの方に聞いたところ、ANA、沖縄県、パレス

ホテル東京が後援しており、衣・食・住等の分野に関わらず

100以上の日本ブランドが参加しているんだとか。

なお、ファッション分野からはメインゲストとして“sacai”が

参加していた他、BEAMSやJohnbull、MAISON KITSUNÉ、

桃太郎ジーンズ等が参加していました。


ル・ボン・マルシェのような、その国・地域で影響力を持つ

百貨店(=商業施設)でこうした企画展を行うことの意味・

意義は非常に大きい…今回、現地で企画展を観て、改めて

痛感しました。

政府のクールジャパン戦略会議に関わっていたころから

「オールジャパンで」「チームジャパンで」取り組むことの

重要性を主張してきましたが、今回の企画展はまさにこの

「オールジャパン」「チームジャパン」が一丸となった

イベントだったと思います。


ファッション“だけ”ではなく、食品“だけ”でもなく

伝統工芸品やアート、漫画“だけ”でもない…日本が誇る

ブランドをすべて「まとめて」紹介するということの意義。


ル・ボン・マルシェだけではなく、世界各地のこうした

商業施設で同様の企画展を実施していくことができたら

日本の様々な文化が世界に広がっていくことができる…そんな

気持ちにさせてくれる企画展でした。




▼ Le Japon Rive Gauche 公式ページ
http://www.lebonmarche.com/evenements/japon.html


10月中旬まで開催していますので、パリにいく機会のある

方は足を運んでみてはいかがでしょうか。
 2014/09/22 13:14  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

『世界の人口ピラミッド(1950〜2100年)』を見て感じたこと
先日ある勉強会で海外進出に関するセミナーの講師を

担当させていただきました。

その際に改めて調べた「世界の人口ピラミッド」を見て

感じたことを書きたいと思います。



▼ Population Pyramids of the World from 1950 to 2100

こちらのサイトでは国連の発表データを元にした、世界

各国の人口ピラミッドを見ることができます。

このページを元に「2015年」時点における10代〜40代が

どれぐらいいるのか、エクセルでまとめてみました。



ASEAN10カ国、東南アジア全体、インド、日本、中国について

それぞれの構成比を元に試算してみた結果です。

その中から若年層=10〜30代を抽出してみたのがこちらです。



高齢化の進む日本で3割、一人っ子政策の余波から高齢化が

進むだろうと言われている中国で4割、東南アジア+インドで

5割という結果になりました(2015年予想)。

この「差」は我々が思っている以上に大きな意味を持っていると

感じます。


自社の商品が「どの世代を」ターゲットにしているのか、

自社の強みが「どの世代に」あるのか等、市場の変化も含め

しっかりとした中長期戦略を立てなければもう間に合いません。

日本だけ、中国だけにこだわり続けるのか

東南アジアも含めた「アジア」という市場全体をみるのか

どちらがより成長の可能性があるのかということを考えなければ

ならないのではないでしょうか。
 2014/09/02 13:23  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2014年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf