« 前へ | Main | 次へ »
『Video on Instagram』 Facebookにも動画サービス登場
前回ツイッターの『Vine』について紹介しましたが、Facebookでも動画サービスが

リリースされましたね。



▼ Facebook、15秒までの動画投稿機能「Video on Instagram」発表(ITmedia)


Facebookといえば、つい先日ハッシュタグの導入を発表したばかり。

“次の一手”を模索していることが伺えます。


今回リリースされた内容のポイントは

・iOS、Android両方に対応

・最長15秒の動画を共有できる

の二点かなと感じています。

先行する『Vine』との違いといえば、アップできる動画の長さと

13種類のフィルターが使えるという点でしょうか。


『Vine』もそうですが、画像中心から動画へという流れは確実に

なってきていますね。


自分もしっかりとついていかなければ…
 2013/06/26 09:29  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

『Vine』使ってますか?
以前こちらのブログでも紹介したツイッターの新サービス『Vine』。

これは、ツイッターが“自社”で提供している動画サービスです。

『Vine』のユーザーが増えてくると同時に、ちらほらとキャンペーンや

プロモーションに『Vine』を利用する企業やブランドが出てきています。



ポカリスエットが『Vine』を使ってプロモーション(アドダイより)


まさに“百聞は一見にしかず”。動画の力はやはり強いですね。


当サイトでコラムを書いてくれているNY在住のRINAさんも書いていますが、

アメリカでは、ファッション業界でも『Vine』が流行しているようです。

Vol.26 ファッション業界でも流行!「 Vine 」ってなに?(FASHION×ITコラム)


こちらの記事によると


これはあくまでも一部の紹介ですが、日本でも人気のTory Burch(トリーバーチ)、

Rebecca Minkoff(レベッカミンコフ)などもVine のユーザー。

アメリカファッション協議会(CFDA)や高級デパートのBergodorf Goodman

(バーグドルフグッドマン)は既に Vineのヘビーユーザー



なんだそう。

インスタやピンタレスト以上に、直観的にイメージを伝えることができる動画。

Youtubeやニコ動、ユーストリームといった従来の動画サイト以上に、誰でも気軽に

利用することのできる『Vine』は、今後もっともっと強い影響力を持つサービスになって

いくのではないでしょうか。

次のNYコレクションで各ブランドがどんな『Vine』戦略をとってくるのか。

注目です。
 2013/06/24 12:29  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

愛、アムール
気になっていた映画なので観てしまったけど、ちょっと重すぎた〜。

http://www.ai-movie.jp/

自分も最近50を過ぎてどう生きるか、少しずつ老後を考える様になっていたので

この映画は 老いや、病や そして 死などを静かに深く考えさせられます。

ほとんどのシーンが部屋の中のものなので、演劇の様に引き込まれていきます。

監督は「白いリボン」のミヒャエルハネヶ。

2時間ずっと緊張して観ていました。

生きていく事の尊さも、理解していますが、その反面、残酷さもこの映画で学びます。

若い人こそ観て欲しいけど、きっとピンとこないでしょう。

自分のリタイア後などを想像する歳になった人には強烈なメッセージを与えてくれるはずです。

真面目な人は見ない方が良いかも。。
 2013/06/12 21:03  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)

Karl Lagerfeld × SNS
パリファッション業界の重鎮:カール・ラガーフェルド氏による

新たなコンセプトショップが面白そうです。



KARL LAGERFELD CREATES HIS VERSION OF THE APPLE STORE(psfkより)


アムステルダムにオープンした今回のショップ。

彼自身のコレクションはもちろん、それ以外の限定コラボ商品も

展開されているんだとか。


カール・ラガーフェルド“ファン”にはたまらないショップですが

この店舗には、それ以外にも「面白い」仕掛けが用意されています。

それがこちら…試着室に用意されたiPadによる写真撮影の仕掛けです。



このiPadで撮影した画像はSNSでシェアが可能。

また、そのSNSを通じて、カール自身にコメントを残すことも可能

となっているそう。

気軽にカール・ラガーフェルド氏とやりとりができる…SNSだから

こそできる仕掛けですよね。

こうした新しい手法をつかったコミュニケーションが今後はもっと

盛んになってくるのではないでしょうか?
 2013/06/06 09:29  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

新たな時代の“匠”〜Excelで絵を描く芸術家〜
日本にはこんな“匠”もいるんですね。

画像をみて、思わずため息が漏れてしまいました。

Excelで絵を描く…そんな発想も「アリ」なんですね。


※ご本人のHPより〜2008コンテスト特別部門大賞受賞作品「山郷の眺望」


エクセルで本格的な絵画を描く、油絵や日本画の画家が「仲間」(PC onlineより)

堀内辰男さんのHP


「仕事ではExcelを使っていなかったが、ほかの人がグラフを

きれいに描いているのを見て、Excelで絵が描けそうだと思った」


こんな単純な発想から、Excelで絵を書き始めたという堀内辰男さん。

ご本人のHPに作品が多数掲載されていますが、どの作品をみても

それがExcelで書かれているとは到底思えないものばかり!

非常に繊細でかつ深みのある日本画がExcelから生み出されたことが

わかります。


一般的にExcelは表計算、Wordは文書作成というように、そのソフトの

使い道はほぼ決まっているのが常識ですが、そうした常識・既存概念に

捉われなければ、こんな芸術作品を生み出すことも可能なのだと思い知ら

されます。

「常識を疑う・既存概念を破る」ことは簡単ではないかもしれませんが

自分自身、常にそうした姿勢・視点を忘れないようにしていかなければと

強く感じました。
 2013/06/04 09:48  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2013年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf