« 前へ | Main | 次へ »
新しい“店舗”のカタチ〜アメリカ『ボノボス』の例〜
この記事を読むまで、全くノーチェックでした。

O2Oが広まる中、店舗がショールーム化してしまうことに対する

様々な議論がされていますが、それに対するひとつの「回答」と

いえるかもしれない事例です。



『ボノボス(BONOBOS)』 http://www.bonobos.com/


【ボノボス】、リアル店は売らず試着アドバイスのみ!オンラインストアはバックルーム?
(激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログより)

記事によると『ボノボス』とは、6年前にメンズアパレル専門の

オンラインストアとして創業した企業とのこと。


そんな『ボノボス』のリアル店舗戦略は非常にユニークです!

ガイドショップと呼ぶ店舗を全米5か所で運営している同社ですが

その店舗では、基本的に販売を行なわず“試着ショールーム”として

展開しているとのこと(購入はオンラインストア経由のみ)。

※もちろん送料は無料、返品も「生涯返品可能」。


記事にもありますが、まさに

「オンラインストアがガイドショップのバックルーム」

になっているのです。

店舗で補えない分をオンラインストアで展開する…オンラインストアが

店舗のバックルームになるのとは全く逆の発想ですね。


『ボノボス』は今後も店舗(ガイドショップ)の数を増やしていく計画

とのこと。一度ガイドショップでの接客を体験してみたい、そんな気が

しています。

ほんと、そこまでやるの〜って感じです。
 2013/03/31 19:57  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

“ファッション×初音ミク”続々
この春、目に付いたのが“初音ミク”とのコラボイベント。

ファッション×アキバ、ファッション×テクノジーが進んでいる

証拠…なのかもしれません。


「札幌コレクション2013」より


ファッション×テクノロジー:初音ミクがJFWに登場(デジタルハリウッドサイトより)

世界初!初音ミク×ファッションイベントのコラボが実現-「札幌コレクション2013」


先日まで開催されていたJFWでは、デジタルハリウッド主催による

「ファッションとテクノロジーの融合」のトークショー(一部)と

初音ミクをモチーフにしたDJ/VJライブ(二部)が行われました。

また、4月に行われる「札幌コレクション2013」では、初音ミクが

イベントのメインビジュアルを務めるとのこと。

海外での人気・コラボ企画が先行していた感のある初音ミク。

国内でもアイコンになりつつありますね。


テクノロジーの進化が、ファッションにも大きな影響を与える

であろうことは、もはや疑いようもありません。

猪子氏や、せーの・石川社長の取り組みしかり…

デジタルネイティブと呼ばれる層が増えれば増える程、そうした

テクノロジーとの親和性は高まるようになっていくでしょう。

自分も取り残されないようにしなければ…。
 2013/03/28 21:46  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

情報の渦に飲み込まれないように…
Intelによる調査結果をまとめた記事です。

これを読むとウェブの“力”の大きさがよくわかります。




1分間に世界で2億通のメールが飛び交い、Facebookの閲覧は600万件と判明
(IRORIOより)



記事によれば

現在、世界中で1分間にこれだけの活動がネット上で行われている。

 ・eメール→2.04億通

 ・アプリのダウンロード→47,000回

 ・アマゾンでのショッピング→796万円

 ・写真閲覧→2000万件

 ・フェイスブック閲覧→600万件

 ・YouTube閲覧→130万クリップ

実に640,000GBの情報がたった1分の間にネット上を行き交う。


という調査結果が出たとのこと。まさに“圧巻”です。


ネットの世界に広がる「情報」の渦。

その中をどう渡っていけばいいのか、飲み込まれないようにするには

どうしたらいいのか、その中で目立つためにはどうしたらよいのか…

セキュリティの部分も含め、しっかりとした戦略をたてなければなら

ないと強く感じています。
 2013/03/27 17:46  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

5月16日(木)〜5月20日(月)、「Asia Fashion Exchange 2013」開催
シンガポールで、官民一体となって開催されるアジア最大級ファッション

イベント「Asia Fashion Exchange」。

今年は5月16日(木)〜5月20日(月)に開催されることが決定しました。



アジアから世界へファッションを発信「Asia Fashion Exchange」


「Asia Fashion Exchange 2013」では

 一流ブランドのコレクションショー「The Audi Fashion Festival」、

 若手デザイナーのデザインコンテスト「Audi Star Creation」、

 国際的ファッション合同展「BLUE PRINT」、

 ファッション界のオピニオンリーダーによる意見交換会「Asia Fashion Summit」

以上、4つの主要イベントが開催されます。

各国から「クリエイター、ブランド関係者、バイヤー、ジャーナリスト」など

ファッション業界関係者約2万人がシンガポールに集い、国全体が“ファッション”

をキーワードに盛り上がる5日間!

シンガポールの…いや、ASEANエリアのファッション熱・盛り上がりを直に感じる

ことのできるまたとない機会だと思います。

「(開催期間中に)現地視察をしてみたいな」という方がいれば、弊社までお気軽に

ご連絡ください。


なお、弊社運営のポータルサイトに同イベントの詳細情報を掲載中です。

詳しくはこちらをご確認ください。

 2013/03/26 10:42  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

“服の3Dプリンター”登場?!
あくまで「かもしれない」…仮定の話ですが。

非常に興味深い技術です。



▼ 【エコの極み】着なくなった服を再利用できる“服の3Dプリンター”が2050年までに登場予定(IRORIOより)


記事によれば、この機械は

「着なくなった服をマシーンに入れデザインを選択すれば、同じ素材を

使ってまったく新しい服をつくり出してくれる」


機能を備えているとか。

加えて洗濯機&乾燥機機能も付いているという…まさに「夢のような機械」です。


しかも

「将来的にはお気に入りのブランドの生地のカートリッジを購入し、その

ブランドの最新のデザインを自宅で印刷できる機能も備わる予定」


なんだとか!(もちろんコンセプトレベルの話です)


あっという間に3Dプリンターが“夢”から“現実”のものになったように、

こうした機械が“当たり前”になる時代がくる「かも」しれません。

技術の進歩が我々の生活すべてを「変える」…その可能性をしっかりと

認識しつつ、その技術を使いこなしていかなければいけないとつくづく感じ

ます。


スマホがあっという間に広まったように、新技術が“何か”をあっという間に

変えてしまう

今さらながら、そんな時代に生きていることを実感するニュースでした。


人が想像出来る事は、実現してしまいますからね〜。
 2013/03/24 21:07  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2013年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf