« 前へ | Main | 次へ »
この広告が面白い〜YMファッションさんの新聞広告〜


※画像(左)…ひこばえ:読売新聞(2013年02月15日)、画像(右)…とこわか:読売新聞(2013年02月22日)


YMファッションさんが面白い広告を出していました。

気になって調べてみると読売新聞だけでなく、朝日新聞にも期間限定で

これらの広告を掲載しているとのこと。


一見しただけでは、なんの広告かまったくわかりません。

自分も思わず検索してしまいました。


「ひこばえ」とは、樹木の切り株や根元から生えてくる若芽のこと

「とこわか(常若)」とは、いつまでも若々しいこと。

では、これが何の広告なのか…それは「yaccomaricard」で検索すると

わかります(ページを見て「なるほど〜」となりました。)


YMファッションさんは、本当に“ファッション企業らしい”新しい”アイデアを

いつも見せてくれます。

ヨーロッパやタイにおける店舗展開に関しても、どこよりも先駆けて

取り組んでいる…先進的な企業:YMファッションさん。

彼らの取り組みからは目が離せません。

次はどんなアイデア・仕掛けを見せてくれるのか、本当に楽しみです。


■株式会社ワイエムファッション研究所HP

http://www.ym-fashion.co.jp/index.html

 2013/02/27 18:44  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

「E・LAND」今春日本上陸へ

きょう、2月18日の繊研一面より


ついに…なのか、満を持して…なのかはわかりませんが、韓国最大手の

ライフスタイル企業グループ「E・LAND(イーランド)」が日本法人を設立し

今春には一号店をオープンするとのこと。

▼ 韓国大手衣料店が日本進出 3月、横浜に1号店 (日本経済新聞)

今年は、オンワードと合弁で「チャールズ&キース」も日本進出を予定して

いますが、個人的にはそれ以上のインパクトがあるニュースだと思います。


以前こちらのブログでも書きましたが、イーランドは

「どうみてもパクリやダサさが滲みでている商品」

をそこそこの価格で販売し、中国市場で大成功をおさめました。

今では売上が10兆ウォン弱!

1ウォンが約0.09円ですから、グループ全体で9,000億…ワールド規模の会社

3社分もの売上を上げていることになります。


「中国市場だから成功したのであって、日本市場で成功するとは限らない」

「日本では(イーランドの商品は)通用しない」


という声もありますが、いくら商品がパクリっぽくても、ダサくても、売上規模を

そこまでにした同社の底力は侮れません。

彼らも「日本市場」を研究しつくした、かつ自分たちが得意とする商品を

展開してくるはず。


言い過ぎかもしれませんが、ビクトリアズシークレットが日本に上陸するのと

同じくらい、あるいは、5年前のファストファッション上陸のときと同じくらいの

「激震」が業界内に走るのではないかと心配しています。


「どうせ売れない」とタカをくくり、なめてかかっていると痛い目を見る…

もしかしたら、今から5年後に中韓の企業が日本におけるSPA業態の1/3を

とってしまうかもしれない…その可能性はだれにも否定できないのです。

そういった意味で今回の上陸はあまり歓迎できません(あくまで私見ですが)。

日本の企業には、こういった外資には負けないで、頑張ってほしいと切に思います。


【関連記事】

「貧すれば鈍する」(2010/03/01)
http://www.apalog.com/chigira/archive/712

小島先生のインタビュー「ソウルでもび・っ・く・り!」(2010/07/08)
http://www.apparel-web.com/feature/interview/100708.html
 2013/02/18 22:29  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Victoria's Secret のアジア展開
何故か海外展開が遅れていた Victoria's Secretですが、このシンガポールでも

この1年でバタバタと1等立地に出店を果たしました。

313@Somerset ION Orchard Marina Bay Sands Sentosa Galleria の4店舗です。

どの場所をとっても本当にばか高い家賃のロケーションです。

この写真はIONの店舗です。



313はレンドリースと言うオーストラリア系のデベロッパーが運営していますが

1階の入り口なので高いのは分かりますが、銀座並みの家賃です。

それ以上かな?

そんな高い家賃にこのブランドは得意のランジェリーを展開せず、コスメ関連とグッズ

だけで勝負に望んで来ています。

本当に採算が合うんだろうか?と疑問ですが、最高のロケーションが最高の

プロモーションになるので、それは流石と思った訳です。

よくこの1年であそこまでの環境を整えたなと。

他、マカオで1店舗 マレーシアで3店舗 インドネシアで1店舗 オーストラリアで5店舗と

どんどん出店をしていますが、果たして日本の上陸はいつになるのでしょうか?

日本では下着で真っ向勝負に出ないと難しいと思います。コスメの需要はそんなに無いしね。
 2013/02/10 22:50  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

「Oh My Glasses」に見る“O2O”戦略
メガネをインターネットで買う…試したことはありませんが、そんなビジネスモデルで

注目を集めているサイトがあります。





メガネの通販サイト「Oh My Glasses」公式HP



メガネを使っている身としては「え?インターネットでメガネが売れるの!?」と

思ってしまうわけですが、様々な工夫により利用者を増やしているようです。


品揃えの多さ(2000種類以上!)はもちろんですが、「自宅で試着OK」「返品無料」

「送料無料」といったウェブならではのサービスも、もちろんすべて提供しています。

中でも一番のポイントは、リアルの小売店と提携し、「O2O」の仕組みをしっかりと

確立していることです。

「丸井、メガネドラック、愛眼、ビジョンメガネ、アイメガネ」、全国にあるこれら

小売店の店舗(約600店舗)と提携することで、「Oh My Glasses」では商品購入後の

アフターケアやレンズ交換等を可能にしています。


こういった店舗と組むことで、「Oh My Glasses」は自社の商品購入への障壁を

下げることができ、同時に店舗側は自社店舗への来店促進をはかることができる

…まさに「Online to Offline」の図式が成り立っています。


今後「Oh My Glasses」がどんな「O2O」戦略を展開してくるのか、注目していきたいと

思います。


・・・自分も「Oh My Glasses」でメガネを購入してみようかな。
 2013/02/08 01:47  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

テキストから動画へ 〜ツイッターの新サービス〜
こちらのブログでも何度も書いていますが、WEBにおける

コミュニケーションの方法が大きく変化してきています。

そんな中、まだiOSへの対応のみだそうですが、

ツイッターが“自社”の動画サービスをリリースしました。



ツイッターが動画投稿アプリ発表、iPhone向けに(ロイター)



「140文字」というテキストでのコミュニケーションで大きく

成長してきたツイッター。

テキストから画像、そして動画へとそのコミュニケーションの

手段を着々と広げています。


記事にもありますが

「動画分野への参入は、ツイッターの今後の展開において新たな

可能性を示すものとみられている。」


まさにその通りだと思います。


他社が提供している、ツイッターでの動画共有サービスは以前から

リリースされています(※)。

それを自社でやる!というところがポイントですね。

シンガポールでの様子等、動画だからこそ伝わること(現場の雰囲気や

ライブ感等を)動画でツイートしてみたいと思います。


※参考

Twitterで動画が投稿、共有できるサービス20選(しぶりび通信)

 2013/02/02 17:42  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2013年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf