« 前へ | Main | 次へ »
ユーロ安で割安感 欧州高級ブランド堅調
この表は7/23(月)、日本経済新聞夕刊の3面に掲載されていた記事

から作成したものです。

ルイ・ヴィトンやグッチ等、欧州高級ブランドの最近の業績が簡潔に

まとめられています。

先々週、パリの百貨店に中国人の行列する姿をみて相変わらずだなと

その強さをまざまざと見せつけられた後に見たここの数字です。



表にある通り、債務危機のさなかであっても、こうしたブランドは好調な

業績を続けています。

その背景には

中国や中南米、ロシアといった新興国での販売が好調である
※記事によると、年率二桁の伸びを続けているとのこと

ということが大きく影響しています。

経済発展に伴い、新興国の国民の購買力は大きく向上、今や、売上

全体の3割を「アジア地域」が占め、店舗の拡大もこうした新興国エリア

を中心に行われる等、アジア地域は各ラグジュアリーブランドにとって、

欠かすことのできない、大切な“稼ぎ頭”となっています。


また、債務危機下である欧州においても、その売上は伸びています。

ユーロ安のおかげで、新興国の消費者が

「欧州旅行がしやすくなる&ブランド品を買いやすくなる」

という好循環が生まれていることが、その要因です。

地元の消費者が買い控えをする分を、新興国からの観光客が補う

…そんな図式がそこにあります。


欧州の高級ブランドがどこで売れているか、どんな人に購入されて

いるのか…それを見るだけで、どこの国・地域が成長しているかどうか

がわかるのは大変興味深いです。

同時に、どんな時代においても「ステイタス」を示すアイテムとして認識

される、これら欧州高級ブランドのブランド力の強さには脱帽します。

ブランディングとはどういうことなのか、こうしたブランドから学ぶべき

部分はまだまだ沢山あるのではないかと強く感じますね。
 2012/07/27 17:32  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)

シンガポール スマホ普及率世界一へ
少し前のフジサンケイビジネスアイにこんなニュースが掲載されて

いました。

▼ シンガポール スマホ普及率74%(フジサンケイビジネスアイ)

世界58カ国・地域に住む4万7,500人を対象に行ったエリクソンの

調査によると、シンガポールにおけるスマートフォン普及率(*)が

「74%」となり、香港を抜いて世界一になったそうです。

*:携帯電話利用者に占めるスマートフォン利用者の割合
(ちなみに…タブレット端末の普及率は「31%」で香港に次ぐ世界第二位。)

なお、こちらの調査によれば、

年末までに、シンガポールのスマホ普及率は84%、

タブレット端末普及率は60%になると見込んでいる


とのこと。

急速に市場が拡大をしているといわれている、日本における

スマートフォン普及率が20%前後であることを考えると、その

普及率の高さがわかるのではないでしょうか。


スマートフォンだけでなく、Facebook等のSNSもシンガポールでは

広く普及しています。

ヘビーユーザーの多い日本とは単純な比較をすることはできませんが、

シンガポールに、すでにそういった「環境がある」こと自体、非常に

大きな意味・可能性を持っていると思っています。


当社がシンガポールをアジアの「ショーケース」としているように、

複数の企業がシンガポールを「テストマーケット」の場として進出・展開

しはじめています。

特にITの分野でそういった動きが活発なのは、こういった「環境がある」

ことが大きいのではないでしょうか。

SNSやアプリ等、スマホと相性のいいサービスをローンチするには、

シンガポールは“うってつけ”の国だと言えるからです。


シンガポールという国自身が持つ特性…ビジネスハブ、ショーケース

としての特性…と、国中を覆う通信環境。

シンガポールで出来ること・試せることは、まだまだ沢山あるように

感じます。

「これから」のことを考えると、少しワクワクしてきました。
 2012/07/25 17:38  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ブルゴーニュワインの葡萄畑
ロマネコンティのワインが1本100万円もするのは有名な話ですが 何故このような

ブランドになったのか、ワインにも興味を持ってみようと思って、現地に行ってきました。

ブランドに必要なのは「歴史」の重みが大切なのですが、今回一番感じたのは

「格付け」です。

グラン・クリュ(特級格付け)のピノ・ノワール種のブドウ畑でとれたものを高級ワインとして

出荷しているのですが、5m離れた畑から出荷された下の格付けから出荷された物は

それだけで値段が全く変わります。

ブルゴーニュ地方のワインは「特級畑、第1級畑、村名、地方名」の順に格付けされています。

ロマネのグランクリュの畑の土です。一応舐めてみました。

もちろん違いは全く分かりませんでした。。。



何十年、何百年と育てているこの木の根っこは、信じられませんが20m以上もあるようです。

地球のミネラルをしっかり吸収しているから美味しい様です。



この地図は畑の格付け表です。グレーのところがグランクリュです。



日本の葡萄畑は背が高いのですが、フランスの畑は1mもありません。



ロマネのオーナーの家です。どれだけ贅沢な邸宅かと思ったのですが質素な家でした。

今でも畑に出て自ら農作業をしている様です。

残念ながら試飲は出来ませんでした。



ジブリシャンブリタンのワインの試飲はしてきました。

貯蔵庫なども見学させてもらいました。



ブランドがどのようにして作られるか興味のある旅でしたが、日本の酒蔵なども充分

対抗出来ると感じました。

それには政府が勇気を持って、輸出振興を前提に格付けする事が必要だと思いましたし、

もっとフランス政府のワイン法なども学ぶべきかと思います。

http://www.netwave.or.jp/~sake-ml/wine-kaku-fra.htm 参考
 2012/07/18 04:04  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ジャパンエキスポ2012
もう既にジャパンエキスポの報道はいくつものメディアで取り上げられて

いるので詳しく投稿はしませんが、私が印象に残った点だけをコメントしておきます。

まずは創業期は小さなブースがいくつもあり、中小企業が多く参加していたイベントでしたが

大手中心のイベントに変わった点です。

任天堂やハローキティ、ニコ動、ユニクロ、コンテンツメーカーなどが

自らプロモーションの場所としてしっかりこのチャンスを生かしているのです。

今年は20万人を目指していると聞きましたが間違いなくそれに近い集客は

あったと思います。とにかくすごい人です。

よくもこれだけの若い人を集客できたものだと感心します。

今回はパリでも、タクシーの運転手や警官など、フレンドリーに日本語を何度も

話しかけられたのが印象的で、ジャパンエキスポだけでなく、一般の人までにも

日本が相当意識されているんだろうかと思ってしまったものです。


残念だったのは、観光庁が取り仕切っている小さなな駒割りブースが、

日本の産地の伝統色が出ていてとても良いのですが、大手のブースと比較してしまうと、

チープに見えてしまい、パワー不足が否めませんでした。

ここには、総合プロデューサーが必要と思います。

今のままでは、マイナスの印象さえ与えかねないとも思います。







 2012/07/16 19:05  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

アパレルウェブ×ユナイテッドアローズ O2O活用“無料”セミナー開催
いまや「O2O」が無視できない、非常に重要なキーワードであることを

当ブログでもたびたび取り上げてきました。

そんな「O2O」に焦点をあてた無料セミナーを、8月に開催することに

なりましたのでお知らせします。





東京・大阪の二会場で開催される今回のセミナー。

当社からは、ウェブマーケティングや「O2O」の基礎知識を

株式会社ユナイテッドアローズからは、「O2O」の活用・成功事例を

詳しくご紹介させていただく予定です。


セミナーの概要は以下のとおりですが、もうすでに東京は満席になってしまったようです。
大変申し訳ありません。
大阪は若干未だ席があると聞いています。是非大阪の方はお申し込みください。

※ セミナーについての詳細はこちら





ファッション業界必見!!
ユナイテッドアローズ社から学ぶ
O2O(オーツーオー)活用による「新・ファッション企業ウェブ戦略」
〜実店舗とWEBの相互集客のためにすべきこと〜



■ 対象

主に店舗をお持ちのアパレル企業 経営者、営業部門やWEB部門の責任者から担当者の方まで
(※競合他社様の方の参加はご遠慮頂いておりますのでご了承ください。)


■ 開催日時

東京会場:2012 年8月6日(月)/大阪会場:2012 年8月9日(木)
時間はともに14:00〜16:15


■プログラム

 14:00〜14:05 開会のご挨拶

 14:05〜14:50 

   第1部 「アパレル企業のウェブマーケティング・O2Oとは」 
   講師:株式会社アパレルウェブ 事業本部 本部長 杉本 慎太郎

 15:00〜16:00 

   第2部 「顧客データを活用した実店舗・オンラインショップへ相互集客、顧客との関係構築」
   講師:株式会社ユナイテッドアローズ
    ・事業支援本部 販売支援部 部長 須藤 貴志 氏
    ・事業支援本部 EC統括チームリーダー 相川 慎太郎 氏

 16:00〜16:10 質疑応答

 16:10〜16:15 閉会のご挨拶

■ 参加費用

無料 ※事前申し込みが必要です

■会場 

【東京会場】

 東京国際フォーラム G409会議室   

【大阪会場】

 TKP大阪淀屋橋カンファレンスセンター ホールA

■定員 ※お申込み数に達した時点で締め切らせて頂きます
【東京会場】120名
【大阪会場】150名 

■お申込み…こちらから必要事項を記入の上、お申込みください。
 
以上
 2012/07/14 17:34  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf