« 前へ | Main | 次へ »
Googleアナリティクス:ソーシャルメディアの分析強化を追加
「ようやく」という感じでしょうか。

Googleアナリティクスがソーシャル分析機能を強化するというリリースを

発表しました。


Googleアナリティクスでソーシャルメディアの価値をつかむ (Google Analytics)


今回のリリースにより、Googleアナリティクスによってソーシャルメディアの

「価値」や「費用対効果」を分析することが可能になります。


具体的には

 ・ソーシャルメディアからの訪問が、直接コンバージョンに繋がった/サポートしたかどうか

 ・ソーシャルメディアごとのエンゲージメントとコンバージョン

 ・Google+やTwitterなど、個別のソーシャルメディアのコンバージョン率


といったことがわかるようになるとのこと。


ソーシャル・マーケティングの重要性が無視できないものになってきた今、

こうした分析は不可欠であることは明らかです。


数週間にわたり、順次公開していくそうなので、当社としても積極的に

活用していきたいと思います。
 2012/04/19 10:30  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

拡大するアジアの中間所得層


▼ 「Indonesia's middle class」 (The Economistより)

これは「The Economist」に掲載されていた東南アジア各国における

中間所得者層の推移グラフです。

いずれの国でも中間層は増えていますが、中でも「インドネシア」の

伸びは驚異的です(5年で3倍!)。




 「中間層を核に拡大するASEAN市場」 (みずほリサーチより)

こちらはみずほによる予測値ですが、同じく大きな伸びをみせています。


この予測によると、今後10年間で中間層・富裕層の人口は倍増、

2020年には、これら5ヶ国合計で4億人に達すると言われています。


また、中間層のなかでも購買力の高い「上位中間層」の比率が増える

ことにより、「量の拡大」だけでなく「質の向上」も同時に見込めると

予測されています。


こうした「購買力」の向上、「消費欲求」の高まりは、日本企業にとって

大きなチャンスだと思います。

自動車や家電製品等の耐久財はもちろん、高度経済成長時代に、

我々日本人がアメリカのライフスタイル・文化にあこがれたようなことが、

こうしたエリアで繰り返されるのではないでしょうか。


このチャンスをしっかりとつかむことができるかどうか。


そこが各社の、もしかしたら産業全体、国全体の明暗をわけることに

なるのかもしれません。

我々もしっかり準備をしなければと思います。
 2012/04/16 14:04  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

「シンガポール政府観光局(STB)」と「シンガポール国際企業庁(IE Singapore)」
以前こちらでも紹介したシンガポール政府観光局のセミナー。

この日のセミナーでは、私の他、

・シンガポール政府観光局 北アジア局長 スー・シュウキョン氏

・シンガポール国際企業庁 東京事務所所長 リー・ホイリョン氏

が、それぞれ講演を行いました。

今回はこれらの組織がどんなことをしているのか、簡単にご紹介したいと

思います。



「シンガポール政府観光局」・「シンガポール国際企業庁」は

シンガポール経済産業省の元にある、“経済発展に貢献する政府組織”

です。


「シンガポール政府観光局」はその名のとおり、“観光セクターの発展”

という分野を担っていますが、その権限・影響力は我々が想像するもの

よりもずっと広く・大きいものです。

“観光”という産業がシンガポールにおける主要産業であるということも

あると思いますが、日本における「観光庁」とはだいぶ毛色が違います。


STBのスタッフたちは皆、

「シンガポールにおけるインバウンドの拡大に繋がること」

に対して、非常に積極的に動いてくれます。

C向けのイベントひとつとっても、開催場所の相談や、時期といった

基本的な部分はもちろん、どんなコンテンツが現地で受けているのかと

いうようなことまで、詳しく教えてくれるのです。

日本のXXとは大違いですね。



対する「シンガポール国際企業庁」は“シンガポールの外部経済成長や

貿易促進”という分野を担う組織です。


具体的には、シンガポールの国際貿易拡大と海外進出促進をミッションと

して活動をしており、世界35カ国に事務所を構え、各地で企業を支援して

います。


シンガポールでは、こういった政府の組織がチームとなって、様々な

イベントや取り組みを行っています。

文字通り「国をあげて」ですね。


日本の省庁ではありえないようなことを、彼・彼女らは当たり前のように

やってのけます。

「クール・ジャパン」戦略を本気で進めるためには、こうした取り組みが

重要になってくるように思うのですが…
 2012/04/14 19:46  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

シンガポールの基本データ
こちらのブログでは、最近

 「なぜシンガポールに進出したほうがいいのか」

 「シンガポールの持つ、強み・優位性」

についてのエントリーを、繰り返しアップしてきました。


最近、マスメディア等でも「中国」一辺倒ではなく、「ASEAN」地域への

進出が紹介されるようになってきました。

今さらではありますが、多少風向きが変わってきたのかなという気が

しています。


そこで…今さらですが、シンガポールがどんな国なのか、基本データを

ざっくりご紹介したいと思います。





住民の4人に1人が在留外国人(欧米系・東南アジア系・中国系等)という

“多国文化のるつぼ”であるシンガポールの公用語は、何と4カ国語!

英語、中国語、マレー語、タミル語が公用語として使用されています。


人種構成は、約74%:中華系、13%:マレー系、9%:インド系となっており

それに応じて、信仰されている宗教も多岐にわたっています。


経済に目を向けると

1960年代に比べて、一人当たりGDPは「80倍」に!(1965年に独立)

今や日本を抜き、アジア地域で第1位、世界でも第15位となっています。
(179ヶ国中)


また、経済の柱となっているのは“貿易”。

世界24貿易国との間で、18個のFTA(自由貿易協定)を結んでおり、

物流ハブとしての色合いを強めています。


グローバル化が進む現代において、「ハブ」になれるかどうかということは、

非常に大きな意味を持つのではないでしょうか。


シンガポールは、ASEANエリアにおける「物流」「金融」「観光」等、多くの

分野で「ハブ」としての地位を確立しています。

そんな国だからこそ、人々の注目を集めているのだと思います。
 2012/04/11 23:57  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

日本企業の“シンガポールラッシュ”
これは3月30日のフジサンケイビジネスアイに掲載されていた記事に

あった言葉です。

記事のタイトルは

「日系、シンガポール移管熱 〜本社・戦略部門据えて競争力強化〜」。

三井化学、パナソニック、HOYA等、日本を代表するような大企業が

シンガポールへの本社機能に準じるような重要部門をシンガポールに

移管、あるいは新設するような動きが活発化していることを伝えています。

昨年もファーストリテイリングが東南アジア地域本部を、サントリー

ホールディングス傘下のサントリー食品インターナショナルが子会社を

設立。横河電機や住友化学もグローバル人材の育成機能をシンガポールに

新設したそうです。


こうした大企業だけでなく、ベンチャー企業も続々と進出をはじめているシンガポール。

17%という低い法人税率や各種優遇税制はもちろん、政府が積極的に

企業誘致を進めているとう姿勢そのものが、こうした動きを加速させて

いるように思います。


実際、シンガポール政府関係機関の担当者の方は皆、若くて優秀。

シンガポールに進出したいという意欲をもった企業に対して、こちらが恐縮するぐらい

親身に対応してくれます。

「役人」「官僚」の旧来のイメージは全くありません。


最後に…記事でも紹介されていたHOYAの鈴木CEOの象徴的な言葉を

紹介したいと思います。


「(シンガポールは)日本よりもグローバルの動きがよく見える」


アジアは今や世界経済のけん引役。

高成長が続くアジアの新興各国に近く、投資・貿易環境も整った

シンガポールに企業がひきつけられるのも当然なのではないでしょうか。
 2012/04/06 11:03  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2012年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf