« 前へ | Main | 次へ »
大晦日を迎えて
本当に1年が経つのは早いです。

50歳を過ぎて残りの年数をカウントダウンするつもりで

後悔の無い様に愉しく生きたい。と思っていましたが2011年の出来事で

そんな悠長な気持ちは吹っ飛びました。

そして、3。11以降起きた事、これから起こるであろう現実に

身を引き締めていくしかないとスイッチは入れ直したつもりでいます。

「楽」に「愉しく」なんて幻想に思いを馳せていても、現実はなかなかままになりません。

どんな生き方であれ、自分の人生を後悔しない様に精一杯生きるしかないのかと

最近は思っています。

とにかく肯定的にプラス思考で生きよう。と。

今年の震災で強く感じたのは日本人の魂の気高さです。

寒さと空腹の中でも整然と順番を待ち、プライバシーの無い避難所でも秩序を

失わずにボランティアや自衛隊の人たちまでに感謝や誠意を持って気遣う

そんな人種は世界の中でも日本人だけだと思うのです。

本当に日本人に生まれた事に感謝です。

そんな気高い精神性を自分のプラス志向の気持ちにも加えて 

いろいろ不透明でもやもやした事が多い毎日を生きていくしかないなと感じています。

来年は本格的に海外事業にも進出しますし、会社全体に大きなうねりを

感じている時なので、とにかく前を向いて進んで行く事だけを考えていきたいと思います。

スタッフはもちろん多くの人に支えられて今年はやってくることが出来ました。

本当に1年ありがとうございました。
 2011/12/31 11:21  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ありがとう。
今年の1年こそ、早く感じた1年はなかったですね。

忘年会シーズンと言うけれど、今年の1年は忘れる事が出来ない1年でした。

多くの事を考えさせられた年でもありました。

会社の存続について、友人関係について、家族について、生死について、いろいろですね。

今与えられた時間を大切に、精一杯生きる事に感謝をしていきたいと思います。

スタッフのみんなにも家族にも、本当にご苦労様と言いたいし、

「ありがとう」と心から伝えたい1年でした。
 2011/12/22 15:23  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

真面目について考える。
真面目であることは日本の美徳にかなうものです。
しかし、その真面目が引き金になってこの世の中事件も
沢山起きていると、感じていました。
宋さんのメルマガに考えさせられる投稿があったので
紹介をしておきます。

「真面目」の問題か
宋 文洲

「オリンパスはもともと真面目な従業員と高い技術力を有する健全な企業で、
企業ぐるみの不祥事が行われたわけではない」、「悪い意味でのサラリーマン
根性の集大成」、「経営中心部分が腐っており、その周辺部も汚染されていた」、
「ワンマン体制が長く続き、誰も社内で本当のことが言えない状態が続いた」・・・

これがオリンパスの第三者調査委員会の報告書です。「真面目」、「サラリー
マン根性」、「腐っている」・・・第三者調査委員会に期待しているのは事実
の調査であり、正義の調査ではないはずです。

オリンパスの財務諸表の作成に数十人がかかわるでしょう。十数年にわたって
千億以上の不良資産を隠してきたのに社員が気付かないのはアラビアのおとぎ
話でしょう。彼らが命令される作業を密告することもなく「真面目」に働いた
のは確かです。

面識のある人は分かりますが、菊川さんや岸本さんは超がつくほど真面目な人
です。たぶん誰も着服していないと思います。彼らが三代にわたって苦しいリ
レーができたのはむしろ「俺が真面目に働いている。私利私欲のためではない」
という自負があったからと思います。

経営の中心は本当に腐っているのでしょうか。菊川さんは岸本さんからの不正
会計の引き継ぎを除けば、日本企業によくみられる普通の老害でした。むしろ
オリンパスの経営は多くの大手企業の中でまだマシな方です。それが業績にも
株価にも如実に現われていました。

鈴木正孝さんというグローバル事業を大きくした専務が居ます。彼がリードし
てきた中国・アジアの内視鏡事業はオリンパスの業績を支えただけではなく、
何でもありの中国市場でも厳しいコンプライアンスポリシーを守ってきました。
鈴木さんも経営の中心に居ますが、腐っているどころか、菊川さんと闘ってきた、
本来社長になるべき人物です。

日本の大手企業では、率直で業績をあげて人気もある取締役は社長になれませ
ん。男のやきもちは恐ろしいもので、在任中の社長よりも人気があってはなり
ません。だから後任社長はロシア人形マトリョーシカのように必ずそっくりの
人が出てきますが、矮小化していくのみです。

今となって隠ぺいを主導してきた元社長をワンマンだのサラリーマン根性だの
批判するのは容易いことです。しかし、強引にCEO椅子にへばり付いても、菊
川さんにはとてもワンマンの力がありません。彼の根性は80歳過ぎても会社に
行く多くの「真面目な」経営者達の共通の根性です。

調査委員会のメンバーもそういう「真面目」な方々でしょう。「腐っている」
などの感情剥き出し表現をみると思わず笑えてしまいます。ばれたことを調査
に行くのだから真面目なことを言うぐらいしかやることがなかったでしょう。

コンプライアンスは茶番、社外取締役は茶番、株主総会は茶番、第三者調査委
員会も茶番です。53億のライブドア事件はいきなり強制捜査と社長逮捕から始
まりました。いっさい茶番がありませんでした。

なぜでしょうか。堀江氏が不真面目だったからです。しかし、忘れてはならな
いのはこんな真面目な調査ができたのも、不真面目な外国人のおかげでした。
彼がいなければオリンパス事件はなかっただろうと、読者の皆様は思いませんか。
 2011/12/09 09:43  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)

12月6日・7日 「蝶理繊維総合商談会」に出展します!
2011年12月6日(火)7日(水)の二日間、青山ベルコモンズ9階
クレイドルホールで開催される蝶理株式会社主催の
「蝶理繊維総合商談会」に出展します。
今回の商談会には、当社が運営する生地・副資材の商取引サイト
「テキスタイルネット」がブース出展する予定です。

会場では、蝶理株式会社・衣料資材課と合同でブースを形成し、
蝶理株式会社に加えて、「テキスタイルネット」出展企業6社が参加。
2012年・秋冬物を中心に、計7社分の商品を閲覧・商談することができます。

なお、会場に展示される商品は、全てテキスタイルネットを通じてWEBでの
発注が可能となっています。


また、会場内では、当社が10月からシンガポールの百貨店「TANGS」で
実施している経済産業省のクール・ジャパン戦略推進事業についての紹介も行います。

当社が現地で運営している日本のマルチブランドショップ「HARAJUKU Street Style」で
行われたイベントの様子や、今後の海外展開について詳しくご案内いたしますので
是非ご来場ください。

※展示会についての詳細はこちら

『蝶理繊維総合商談会』

【日時】:2011年12月6日(火)〜7日(水)10:00〜17:30
【場所】:「青山ベルコモンズ9階 クレイドルホール」(東京都港区)
     http://www.bellcommons.co.jp/rentalhall/access/index.html

【参加企業】: 蝶理株式会社  
          sic-net
          株式会社エルトップ
          株式会社ロイヤル・ネイビィ・テイラー
          株式会社コッカ
          ダックテキスタイル株式会社
          株式会社シャルト
 2011/12/05 10:36  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2011年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf