« 前へ | Main | 次へ »
物販は主流ではない
リーマンショック後の景気後退で世の中が一変しました。

失業率も高水準ですし、それに伴って個人消費は大幅に後退しました。

身の丈に合った消費の原点帰りが我々のライフスタイルに求められていると思います。

そういった背景で我々のファッション商品は更に価格志向が強くなってきていると

思います。残念ながら。

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:sVIYnNk1qoAJ:research.goo.ne.jp/database/data/000589/+GDP%E3%80%80%E7%89%A9%E8%B2%A9%E6%AF%94%E7%8E%87&cd=2&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&client=firefox-a

このグラフを見ても分かるように消費の主役ではなくなりつつある物販。

サービスの時代への移行とともに我々ファッション商品の購入動機にも

大きな変化があるはずです。

アメリカでは物販がGDPの20%ぐらいしかないと聞いたこともあります。

経済が成熟すると物販の比率は間違いなく下がるのです。

ファッションカテゴリーは世界では成長産業です。

どう考えても日本のファッション産業は世界を見るしかないのです。

限られたパイの食い合いには限界があります。

 2010/11/30 18:51  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)

麦考林(マイコーリン)
麦考林(マイコーリン)という会社をご存じでしょうか?

中国で最近上場(アメリカナスダック)したネット企業です。

サイト名はM18.comです。

多分 時価総額は日本円で1000億円。

1日の平均閲覧数 800万 ユニークユーザー1日60万人

会員数500万人 リアル店舗も400店舗

ウェブとリアルのポイント連動も有り。

1日出荷個数2万個。 カタログ通販からスタート。

従業員4000名 社長の浦さんは30代前半。

下の写真の真ん中の人。左は技術担当責任者の張さん。

こんな会社がこれから バンバン出てくるんですよ。中国では。

中国は返品が多いとか受け取り拒否が多くて通販は無理だとか

いろいろ噂が先行しますがやはりなんでも直接会って 

情報を聞くのが一番ですね。

もの凄い勢いで伸びます。中国のECは。


 2010/11/24 20:02  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

中国ネット企業の第4次上場ブーム
バンバン ネット企業が上場なのだ。中国ではね。

南方都市報は、
「20世紀末の3大ポータル上場が第1波だとするならば、
04年から05年の盛大、騰訊、百度が第2波、
07年のアリババ、巨人が第3波となるだろう。
そして、今、中国IT企業の海外上場の第4波が到来しようとしている。」
と伝えた。

・10月26日、中国のB2C企業「麦考林」が米ナスダック市場に上場した。
中国B2C企業の老舗「当当網」も追随。今月中にもナスダック市場に
上場する予定だという。

・さらに中国動画共有サイト最大手の優酷網も米証券取引委員会
(SEC)に上場資料を提出し、迅雷、千橡、天涯社区も上場を計画中だ。
 2010/11/23 16:17  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

経産省 クール・ジャパン官民有識者会議
経産省のクール・ジャパン室が開催する、
「クール・ジャパン官民有識者会議」のメンバーに選出頂きまして、
本日、第1回目の会議に参加してきました。

資生堂の福原名誉会長を座長として、
プロデューサーの秋元康氏(本日は欠席でした)や、

ファッション企業では、
シャネル日本法人のリシャール・コラス氏など、豪華なメンバーの会議です。

内閣官房、総務省、外務省、文化庁、農水省、観光庁、JETROの
政務官や審議官なども参加されていて、

経産省だけでなく各省庁を横断して
“クールジャパン”を産業に変えて行こうという
姿勢が、評価できる点だと思います。

来年4月まで、
積極的に参加させて頂き、
アパレル業界のクールジャパンと輸出振興について
私なりに提言させて頂きたいと思います。

会議内容要旨が経産省のホームページに公開されます。


▼第1回クール・ジャパン官民有識者会議-開催通知
http://www.meti.go.jp/committee/notice/2010a/20101118001.html

▼大畠経済産業大臣の閣議後記者会見の概要(クール・ジャパン有識者会議につ
いて)
http://www.meti.go.jp/speeches/data_ed/ed101022j.html



この写真の中では一番左端、右腕だけ映っています。
 2010/11/19 16:52  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ファッションEC市場に関する調査結果 2010
  自社ECサイトの開設は今後必須!

  ですよね〜。


 ◆2009年度ファッションEC市場規模は、4,390 億円
   (前年度比106%)と順調に拡大

 ◆ブランドホルダー企業における自社ECの位置づけは
  「実店舗との効果的な連動」へ

  ブランドホルダー企業にとって自社EC サイトは今後、実店舗との連動等、
  販売目的だけではない様々な機能を有する重要な位置づけを持つものとなる。
  ラグジュアリーブランドも含め、今後の開設は必須となるものと考える。

 ◆市場予測:2010年度のファッションEC市場規模は4,652 億円と堅調な成長

  2010年度のファッションEC市場規模は4,652 億円、前年度比106%となり、
  成長率は横ばいとなるものの、市場規模は堅調に成長すると予測する。
  関連企業におけるEC化の伸展はますます高まることは必至である。


  ★詳しく知りたい方はこちら
  ⇒ http://www.yano.co.jp/press/pdf/703.pdf
 2010/11/18 09:30  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2010年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf