« 前へ | Main | 次へ »
新規の顧客を獲得し続けなければ駄目なんです。
新規や潜在顧客の開拓方法は?と聞くと、こぞって経営者の人は

困惑します。

「良い立地に出店する。」「広報の活動に頼る。」「う〜〜〜ん口コミ?」

しまいには、「良い商品を作っていれば、(販売していれば)お客さんは

ついてくるんだよ。」とまた言い出します。

新規顧客を開拓し続けなければ経営は止まります。

その大事な事を効率的に安価にプロモーション出来るのがウェブですが

何故かそこに未だに多くの経営者が気がついていないようです。

良い商品を作れば客はついてくると、妄想を持っているワンパターンの

経営者は 「健康の為なら死ねると 阿呆みたいに健康サプリメントを

飲んでいる人」と同じぐらい寒気がするのは自分だけでしょうか?

 2010/07/31 20:14  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

品質基準の考え方
AQL(Acceptable Quality Level)合格品質水準の考え方の違いが

日本のファッション製品の成長を妨げていると言う話を聞きました。

欧米の思考は製品を作ったら2.5%程度までは不良品は発生すると言う考え方。

つまり起こりうることは起こるのでその基準内でどう対応するかと言う発想。

それに比べて日本はあくまで不良品0%。

その考え方に固執していると国際競争力を益々遅らせているような気がしてきました。

私の過去の経験値からも不良品を0%にすると言うのは極めて難しいです。

思想はゼロ目標でも良いのですが、現場でのオペレーション目標までがゼロでは

チャレンジ出来ることもしなくなってしまいますし、納期も機会ロスをどんどん

生む結果になります。

バランスが重要なのではと思います。
 2010/07/26 12:30  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

経済産業省でのお仕事
今年2月より参加していた経済産業省の産業構造審議会産業競争力部会での

会議内容をまとめた報告書が、本になりました。

『産業構造ビジョン2010』(財団法人 経済産業調査会発行)

一般の書店で買えます。



「日本は、何で稼ぎ、雇用していくのか」という、非常に重要なテーマに対して、

インフラ、環境・エネルギー、文化産業、医療・介護、先端分野など、

各産業ごとに、現状分析と将来の方向性について具体的にわかりやすく、

国としての指針が示されています。

私が提案したファッションを輸出振興に変えていく内容も書かれています。

ぜひご覧ください。

報告書は、こちらから読むことも可能です。

http://www.meti.go.jp/committee/summary/0004660/index.html

本の中の「委員名簿」には私の名前も。  ちょっと感動です。

この会議に参加させて頂いたことは、またとない本当に貴重な経験でした。

「日本のファッション」が、自動車産業や家電と同じように日本の競争力の

一つになるために、微力ながら、引き続き頑張っていきたいと思います。


 2010/07/22 11:00  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ワイエムファッションさん
当社のクライアントのワイエムファッション研究所さんは、「ヤッコマリカルド」

というブランドを展開しています。

ピンタック技術のすばらしさを世に知らしめたブランドで、染色技術や

製品染めも実に見事です。今ECサイトでメルマガ登録キャンペーンを

行っているようですので、よければ是非登録してみてください。

「ヤッコマリカルド」公式通販サイト、メルマガ登録キャンペーンページ:

https://c08.future-shop.jp/fs/ymfashion/MailMagazineEntry.html

製品の素晴らしさもさることながら、ロンドンを中心にヨーロッパでの卸事業と

タイ国内で15店舗を直営展開されていて、早くからグローバル対応をされて

成功されている企業なんです。

いつもリカルド会長のお話を伺うと 海外に出ていかなければと思う使命感や

勇気を与えて頂きます。
 2010/07/21 14:33  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

10コルソ・コモ
10コルソ・コモと言うセレクトショップはミラノを代表するショップで、

プラダ、グッチ、ドルチェ&ガッバーナ、トムフォード、コムデギャルソンなど、

Carla Sozzoni の眼にかなった洋服や、アクセサリー類などを取り扱っている

感性の高いお店です。

パリのレクレルールと並んで、今回一番参考になったお店でした。

デザイナーの方たちは毎年でもこういったお店から刺激を受けたら良いと

思います。

ギャルソンと並んで、日本のデザイナーのブランドがもっとこういった世界の

有名セレクトにチョイスされるようになったら良いと思うのです。

 2010/07/16 13:34  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2010年07月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf