« 前へ | Main | 次へ »
今日から上海
今日香港から上海に移動しました。

久しぶりに上海の流通を小島先生とリサーチ。先生が元気すぎてついていけない。。。

足取りが早いです。とことんファッションが好きなのがよく分かりました。

とても勉強になります。先生の言っているVMDの意味が今回よく分かりました。

先生なりのレポートはきっと来週ブログで紹介されると思います。


しかし、中国に入ってあたりまえですが、ツイッターが出来ないのはなんだか苦しい。。。

今回のグーグル問題もそうですが、中国も早く情報を解放出来るような国に

なって欲しいものです。

もちろん 情報を解放したら そこら中で暴動が起きるでしょうが。。
 2010/03/31 23:44  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

2001年以降最悪の数字
2009年の繊維・アパレル関連企業の倒産は797件で、

2001年以降で最悪の数字の結果を残したようです。

この10年で 負債額の小さい中小零細企業の倒産傾向が

増加しているのが特徴。

797件のうち、破産が739件 民事再生が41件 会社更生法が1件

特別清算が16件と言う内訳のようです。

2009年は「もくもく」「トミヤアパレル」「小杉産業」「ヨウジヤマモト」など

大型の倒産があったのも特徴ですが、この傾向は今年に入っても

予断を許さないと思います。

国内のマーケットはシュリンクするばかりです。

お客様の沢山いるアジアに目を向けるだけです。
 2010/03/30 23:05  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

欧米文化のカスタマイズ
日本人は本当に自分流にカスタマイズするのが得意の国民です。

パリでは寿司 や日本食 アニメ ゲームに続いて 日本製ウィスキーが

人気のようですね。

「響」を代表にサントリーやニッカのウィスキーが売れているらしいのです。

理由は 本場イギリスのものより果実の香りがあるのが受けているからです。

プロに言わせると最も品質が安定しているのが良いと言うことです。

ファッションもそうであるように欧米の文化を独自のものに変えて

さらに高い品質ときめの細かい繊細な商品に仕上げてしまう日本人の

匠さは 世界に誇れるものなのであ〜る。

が、しかし、「匠」過ぎて 過剰品質になるきらいがあるのも日本人の性質です。

バランスが一番だと思います。

とりあたり、アパレルで言うと ファストファッションほど質を落とさずに

そこそこの品質で感度高く リードタイムを短く回していく手法を早く

定着させるべきではないでしょうか。
 2010/03/28 20:57  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)

ライセンスビジネスなんて!
バーバリーインターナショナル(英国)と言う会社が2008年11月に出来たそうな。

しかも三陽商会に2000年に20年で結んだその契約を5年間短縮するよう

交渉してきてそれに合意させられたと言うではないか。本当なのか!?

バーバリーインターはバッグを中心に服飾雑貨を売るようで都心に8店舗も

出店するようです。なんと!バーバリーブリットと言う業態ではアパレルまで手がける

らしいのだ。マーケットを今まで作り上げてきて、その後には「ホイ」と

本国から上陸して日本のアパレルをすっ飛ばしてしまうその手法は

今までも散々見せられてきた訳である。

デサントのアディダス カネボウのクリスチャンディオールはじめ数え始めたら

キリがない。 もう日本のアパレルは海外のライセンスなんてあてにしなくて

充分 競争力を持って戦える力を持っているから言わせて頂きたい。

ライセンスビジネスなんて!いらない!
 2010/03/24 22:35  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

韓国人に学べ
内向き志向の日本人。若い人は免許はいらない。もちろん車にも興味が無い。

海外に行く事も 留学をすることも減っていく。

若い人だけではない。企業もコンプラアインス過剰で活力を失い

ダイナミックな日本はどこへ行ってしまったのかと思う。

それに引き換え韓国はドンドン海外に出ていく 出ていく。

聞くところによると インドの電化製品の60%はサムスンとLG。

韓国の知識人層の英語レベルも向上して、親は子供に率先して

留学させる。

政府も国際会議をしばしば主催して、大統領がホストになって

晩餐会を主催して、ゲスト一人一人に挨拶をして翌朝にはホテルに

大統領とのツーショットが届けられると言う 早稲田大学榊原教授の話。

本当に内向き志向の日本を脱しなければこの国はおかしなことになってしまう。

ならばファッション業界が率先して 消費材産業の輸出振興に活力を与える見本に

なれたら良いと思う。それが日本経済の活力の源になるに違いない。
 2010/03/23 22:04  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2010年03月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf