« 前へ | Main | 次へ »
ロンドンから(その1)
今、実は私ロンドンにいます。
昨年も訪れる機会があって、同じような時期に来ました。今年も同じような印象を持ったのでちょっとブログに書いてみます。

とにかく、デニムの普及率は日本をはるかに上回っていると思います。みーーんなデニムを穿いてます。そして男性はカバンを持っている人が少ないです。特に休日などはそうです。
ショルダーのバッグすら持っている人は本当に少ないです。
よく考えてみると私のカバンの中も通常使わないものばかりです。

それと喫煙率が見た目で判断できませんが、非常に高いです。歩きタバコもみんな平気ですね。過去から比べたらイギリスも喫煙率は相当下がっているようですが、かなり気になります。これは決定的にアメリカと違うところです。

私の身長は183センチありますが、みんな高くて見上げる人が沢山います。女性も170センチ以上の人が相当いると思います。
それに歩くのが目茶苦茶早い。ほとんど私が歩くスピードで抜かれることはないのですが、ロンドンでは女性にも抜き去られます。。。

前職で下着などのインナーのビジネスに関わっていたので、気になる点ですが、改めて日本人の体系は「ヒラペッタイ」のが分かります。外人は欧米人、インド人、イスラム系の人もみーーんな「丸い」です。そうです。身体のつくりが「丸い」のです。
つまり日本のアパレルと外人用ではパターンが違うはずです。外国用はより丸く、立体裁断をしていかなければなりません。

みんなに食事はまずいよーと言われていましたが、思いの他、探せばチョイスできる店があったので、食事のストレスはありません。「わさび」なる日本食のテイクアウト出来るチェーンも数店あって、和食チェーンなどの様子が繁盛しているのが印象的でした。
聞くところによると日韓共催のワールドカップ以来、日本に訪れたイギリス人が好感を持ったのがきっかけになったとか。
食事のストレスはないものの、問題は物価です。以上に高いです。東京の物価は比較になりません。相場感で言うと1.5倍以上は全てあると思います。
食事も住宅も、もちろんホテル代も、全てです。
なんでこんなに高いんだろ。。。ロンドン。

ユニクロも数件頑張っているのを見ました。この会社は柳井社長はじめ、私の好きな会社ですが、ことロンドンでH&MやGAP、ZARA、TOPSHOPなどと競合しているのを見ると、どうも企画力ではかないません。雑貨の品揃えなども全然違います。
もっともっとトレンドを意識した企画に変えないと競争力は生まれません。
唯一秀でているのは素材開発力です。これにトレンド性が加われば競争力は十分あります。
頑張ってください。ユニクロ。
 2006/09/30 04:55  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

上海国際旅遊節
これは上海国際旅遊節の為のパレードです。旅行の祝日のようです。
たまたま前回の出張の時に見たものです。
1999年に始まったそうで、電気に覆われたバスが特徴のようです。

毎年一回行われるようで、いろんな国(メキシコ、フランス、オーストラリア、韓国、マレーシア、日本、インドネシアなど)が参加しているようです。上海は観光都市化しようとこんな企画まで考えているんですね。
上海の目抜き通りをパレード専用に遮断して、約2時間ほど各国の行列が続きます。
民族的な服を着て、踊ったり、歌ったり、雑技などしていました。

誰だかは分かりませんが中国の芸能人も沢山参加しているようです。
時々黄色い悲鳴が聞こえてきました。上海にも「おっかけ」がいます。

それぞれの国の文化や伝統的な衣装などがお披露目されて、長時間にわたりパレードは続きます。

日本のパレードは「ドラえもん」や「ハローキティ」が行進してくれたら良かったのになー。
私だったらそんなアイデアでやります。

下記のリンクをご参考に。
http://sh.eastday.com/eastday/node4680/node14499/index.html

 2006/09/29 02:31  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

「感動」と「経験」は比例しない
どうやら「感動」と「経験」は比例しないらしいです。
人間は最初の感動を維持することが出来ない人間のようです。つまり「慣れる」ことがその「感動」を薄めていく訳です。
恋人に高価なプレゼントをしても初回よりもその感動は回が増えるごとに反比例します。よく分かりますよね。
つまり関係を維持する為には飽きのこない仕掛けや、工夫がいる訳です。
仕事関係も同じです。顧客の満足を得るためには、常に新しい「感動」を提供する必要があります。経営に終わりはありません。常に新しい変化を本能的に顧客は求めていると思います。
感動」と「経験」は反比例します。
我々は常に変化に対応して、「感動」を提供し続けなければなりません。

 2006/09/28 00:18  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

結婚写真。。。
上海でも目抜き通りには必ず、このような結婚の為の写真館があります。

数多くのドレスの中から、気に入ったものを数点選んでもらって、スタイリストやカメラマンなどが1日ががりで密着して撮影します。屋内、屋外を含めて数百点も撮るようです。

オレだったら絶対恥ずかしくて駄目!!と思わせるようなポーズもカメラマンは求めているようです。サンプルがお店の前にも数点陳列されていますが、、、、それを見ただけでもう尻込みします。

ほとんどのカップルはこの熱烈な写真を新居のベッドルームに飾っておくそうです。
こういったブームは思いのほか歴史があるようです。台湾や香港でも同じような習慣があって、こういった写真撮影会が愛の儀式になっているとか。。。
これも、たまーに見る不思議な光景の、ひとつです。


 2006/09/27 06:03  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

おじさんたちの凧揚げ
中国でたまーに不思議な光景に出会うことがある。
事務所の近くの公園で夕方おじさんたちが競い合って凧揚げをしているのである。
それもその長さたるや半端じゃない。50Mどころかきっと100mいやもしかしたら200Mぐらい飛ばしているのじゃないかな?
飛ばしている凧の数、10機ぐらい。
静かーにみんな闘志を燃やしているおじさんたち。
どんな気持ちで凧揚げしてるんだろう?

 2006/09/26 04:26  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2006年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf