« 前へ | Main | 次へ »
神戸コレクションin横浜 2006A/W
神戸でのイベントに先駆けて先週の土曜日横浜でのショーが行われました。今回も5000人ほどの観客動員との事、相変わらずの盛況ぶりです。

2002年に始まった神戸コレクションも8シーズン目。回を重ねる毎に進化しています。私たちが今年6月にサイトのリニューアルをお手伝いした事を投稿しましたが、2006年の秋冬コレクションからは新たにブログもスタートし、従来の雑誌との連携、テレビ番組に加え、ホームページ、携帯サイトとメディアミックスも更に進んでいます。

また、イベントの規模も拡大しており、今回正式に来年の2月、神戸コレクションを上海で開催すると言うアナウンスが有りました。いよいよ海外デビューです。もちろん!我々もこれにお手伝いをします!



上海はファッションに限らず消費財の激戦市場です。アパレルウェブの中国情報ブログの最新の投稿でご紹介していますが、世界展開するトップブランド100のうち70%が中国拠点を上海においている状況です。日本のファッションは非常に個性的で、製品としての完成度も高いと思うので、中国市場に適したマーケティングとプロモーションが出来れば、その激戦の中でも存在感をアピール出来るはずです。

日本のファッションの海外での成功は私たちのミッションでも有ります。新たな市場にチャレンジする日本のファッションを心から応援したいと思います。
 2006/08/31 00:36  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

湖南料理
お尻の回復とともに、調子にのり始めた私は、再び辛いものをもとめて、お気に入りの湖南料理を食べに行きました。辛いのなんのって、とにかく辛いけど美味しいです。
そんなに辛いもの好きではありませんが、たまーに無性にこういったものが食べたくなるんですよね。

このお店は私の知り合いがやっているお店で上海で4店舗、お店を持っています。社長はアパレルのOEMを請け負っている上海人です。
いつも多くのお客さんが並んでいるので、きっと相当儲かっていると思います。
このお店は刺激を求めたい人には本当にお奨めです。
 2006/08/26 22:22  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トレシャン3号です。
3月から発行している「トレンド上海(トレシャン)」ですが、今週の月曜日に第3号が出ました。

今回の特集は、中国で急成長しているアパレル企業「七匹狼」のグループ企業である「fairwhale」の楊社長へのインタビューです。中国国内で400店舗展開を瞬く間に実現したまだ30代前半の若い社長です。
自社の成功を分析すると共に、今後中国市場に参入する日本企業にとって、何が成功のポイントになるかを述べてもらいました。

トレンド上海では今までも中国の「業界関係者」が語る中国市場攻略法を紹介してきましたが、やはりキーとなるのは「リサーチ&プロモーション」に尽きます。



楊社長からも、日本の文化としてファッションを発信し、中国の市場に合ったプロモーションを仕掛ける事が重要だ、そのあたり韓国ブランドは非常に上手くやっている、と言うアドバイスがありました。
また、楽天リサーチさんのご協力を頂いて、中国での無店舗販売(オンラインショッピングやTVショッピング)についての調査を実施しています。中国でもネットユーザーは急激に拡大している、オンラインショッピングが売れてきているらしい、などの断片的な情報は入ってくるものの、実態の把握はあまりされていませんでした。消費者の購買動機、何を買っているのか、どんな問題点を感じているのかなど、ビジネスのヒントとなる情報を集めてみました。

その他、レギュラーコンテンツのクローズアップレポートでは対照的な男性2名へのインタビューを掲載。エリア情報とストリートファッションフォトは徐家匯と一部、衝山路を特集しています。ぜひご覧下さい。
バックナンバーも若干ございますのでお問い合せお待ちしています。
yellow@apparel-web.com

 2006/08/25 17:15  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ざくろ(柘榴)
ざくろを会社のスタッフにもらいました。珍しいものです。上海では3元(45円)ぐらいで売られているようです。美味しいざくろでした。

日本ではどうでしょうか?料亭で5粒ほどたまーに出される程度でしょうか?
本当に珍しい果物になっていると思います。幼少期にはなっているざくろをもぎ取って食べた記憶もあります。
子宝が成就するとか、お金が貯まるとか言われる縁起の良い食べ物でもあります。
中国では日本で食べられない多くの野菜や果物があります。
昔の日本を懐かしいと思わせる果物にまた出会いました。
 2006/08/25 01:23  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

世界を席捲するハローキティ
このディスプレイは上海の伊勢丹(ワイハイ店)のものです。4階にこのようなコーナーが出来たようです。

世界的に見てもこのキャラクターのアイコンはどこにでも目にします。
サンディエゴのショッピングモールでも確か、このコーナーを見て「すごい!」と思ったことがあります。

ハローキティはアジアでは特に浸透しやすいようで、かなりの勢いでファンを作っている感じがします。
もちろん、このキャラクターの浸透にはいろいろ知恵や工夫が凝らされていると思いますが日本のアイコンが世界で通用するという実績を残した、重要なものだと思います。
残念なことに、サンリオは他のキャラクターでお世辞にも大きな成功は出来ているとは思えませんが、少なくともこのキャラクターで世界に通用することを証明してくれたわけです。

頼もしいじゃありませんか。
日本のキャラクター。

 2006/08/24 00:04  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2006年08月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf