« 前へ | Main | 次へ »
CHIC2006に圧倒されました。
この3月の28日に開催されたCHIC(中国国際服装服飾博覧会)に行ってきました。有名なこの展示会はもちろん、中国で行われるアパレルの展示会では最大の規模です。何万来るのでしょうか?とにかくものすごい!数です。



アパレルウェブのコンサル先の大手アパレルが2社とアライアンス先の会社が1社出展していました。どれもすごい人でした。。圧倒されました。

1000件近くのアパレル企業が参加するこの展示会はここ最近海外からの参加もかなり増えているようです。残念ながら日本ではFOインターナショナルの1社だけのようです。(間違っていたらごめんなさい。)

中国企業や香港企業のブースにかける施工費やプロモーション費も半端ではなくてかなりちゃんとしてます。外国企業との差などはもう見受けられません。いや、むしろ海外企業の方が全体的な印象としては見劣りするぐらいです。侮れません。

印象としてはかなり多くの流通業の方や代理商の方が来られているようでした。

進出したい日本企業はこれに絶対参加すべきです。

私も次年度はなんらかの参加をします。そう決心させられる展示会です。

ちなみにメンズ、カジュアルは3月28日から30日。レディス、キッズが4月4日から6日です。
 2006/03/31 22:24  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

情報にご注意!

先頃の例の「ニセメール騒動」は、情報源が札付きの「フリー・ジャーナリスト」という事だったので、まあ、怪しい情報だろうな、と思っていましたが、今回は非常に身近なところで耳を疑う様なニュースが飛び込んだので驚きました。しかも情報源は一般紙だったのです。



各紙の見出しが『VAN』『VAN』と強調されているせいか、

「『VAN』また・・・商標権取得の会社、破産申請」〜読売新聞〜


「『VAN』復活させた衣料店 ベルソンジャパン破産」〜毎日新聞〜

「VAN 倒産」〜夕刊フジ〜

一般の人の印象に残るのは、残念ながら『VAN』『倒産』・・・・・



これが「VANが倒産したって」と言う、関係者の方々にとっては非常に「迷惑」ではすまされない話として伝わってしまったわけです。



実際のところ、倒産したのは『VAN』というブランドをライセンス製造販売していた(株)ベルソンジャパンと言う会社で、『VAN』の(株)ヴァンヂャケットとは経営的にも資本関係も無い会社です。



『VAN』と言えば日本が生んだブランド中のブランド。往年のファッションリーダー達でなくても、ファッションの歴史を知る人には思い入れの有る象徴的なブランドです。そのブランドについて、一般各紙が一様に誤解を招きそうな情報を出していたのを見て、多くのファンが傷ついた事と思います。



救われたのは、(株)ヴァンヂャケットのホームページで事実関係がきちんと説明されていたのをはじめ、同ブランドのファンの人たちには丁寧な説明のメールまで送られていた事です。ネットの正しい活用と言えます! http://www.van.co.jp/NEWS/topics_73.html



情報発信が簡単に出来てしまう今、情報を正しく読んだり、選ぶのは自分自身なのだ、と改めて感じた次第です。

しかし、事実確認をしないまま、簡単に原稿にしてしまう。。。日本のジャーナリズムはいったいどうなってしまうのか。
 2006/03/30 22:22  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(1)

中国ビジネスのリスク
中国への進出のお手伝いをする上で、いろいろなアドバイスをさせて頂いています。

みなさんのご質問で多いのは、債務の不履行の問題、決済方法の問題、販売員が盗難などしないか?などの従業員の不正の問題、規制やライセンスの激しい変化、目まぐるしい競争、反日教育や反日デモなどの反日問題などです。

確かに、違う国で商売をする上で、ましてや買うのではなく売るような立場に立った時、多くの問題やリスクが発生します。

しかし、私が一番不安で心配なのは、日本人のビジネスセンスの甘さの方が心配です。ほとんどの方が、単に日本での成功体験や成功モデルを中国で再現すればうまくいくのではないか、と思っている点です。

はっきり言える事は、間違っても日本の商品をそのまま内販したり、輸出したりするだけでは、中国では日本のアパレルは絶対に受け入れてもらえません。我々は、もっと市場の特性を知って、そのマーケットニーズに合った商品開発や、プロモーション、中国特有の流通のしくみなどについてしっかりとした視点無しにビジネスの成功は有りません。

最近は、中国ビジネスそのもののリスクより、この様な進出する側の心の甘さによるリスクの方が大きいと感じています。
 2006/03/21 17:04  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

中田英寿と言う存在
私がこの7年の間にサッカーの観戦に興味を持った理由として、息子がサッカーを始めた事以外に中田英寿の存在が大きく影響しています。この数年間の日本のサッカーの歴史を語る上で、彼の存在は圧倒的に大きな影響力があったと思います。




彼がもたらしたものは、イコール、日本のサッカー界や我々のファンに与えた感動そのものです。




先日のドイツで行われた国際親善試合(ボスニア・ヘルツェゴビナ戦)で見せた、ロスタイムでのヘッディング・ゴールは、まさに彼の生き方そのものを表しやと思います。常に限界の壁を設けず、新しいジャンルに果敢に望む姿は、本当に頭が下がります。21歳でセリエAに渡って、昨年28歳でプレミアムリーグに。彼の「挑戦」の心に感服です。




 彼の言葉です。

「他人のまねをするということは、自ら考える必要がないだけに実はとっても楽だし、言い訳も出来る為、責任を感じることも少ないように思います。しかし、それを続けていくと、どんな経験をしても「・・・のおかげ」「・・・のせい」になってしまう。逆に自分で考えて行動したことは成否に関わらず必ず自分の糧、経験になる。それには全ての行動、言動に対して自己責任が出てくるわけで簡単な言葉ではないと思いますが・・・」




自分の20代を振り返ると・・・です。




私も同感です。自分で決めた路は「一番辛い。」でも「一番楽しい」はずです。

私も「オンリーワン」のビジネスを目指して、頑張らなければ!

 2006/03/20 18:13  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(1)

Yahoo!にコンテンツ提供始めました!
アパレルウェブの人気コンテンツに「ストリートファッションフォト」が有ります。


現在、東京、上海、ニューヨークの3ヶ国で撮影した画像を毎週更新しています。


今後4月にロンドンも加わり、パワーアップしますが、その前にちょっとお知らせです。




実は、3月16日から日本最大のポータルサイト「Yahoo!」にニューヨークのストリートファッションフォトが掲載される事になりました。ヤフービューティーのファッション&スタイルにです。

ニューヨークのおしゃれな人たちの画像は勿論、ニューヨークっ子のフォトグラファー、ジャレッド・アブラムソン氏がチェックした最新のエリア情報やショップ紹介も掲載されます。彼が書くクールなコメントもぜひ楽しんで下さい。








画像は、アパレルウェブが日頃SEMのサポートをさせて頂いているワイエムファッション研究所のグループ企業であるYMF DESIGN EUROPE LTD.(ワイエムエフデザインヨーロッパ:本社イギリスロンドン)のご協力を得ていますので、ファッションのプロ中のプロが切り取ったニューヨークの「今」を感じて頂ける事と思います。


NY PHOTO MAP

 2006/03/17 17:33  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2006年03月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf