« 前へ | Main | 次へ »
意味ある看板??
最近よく「イトーヨーカ堂」の看板が、このなんともおかしな看板に代わっているのを見かけます。量販店における衣料の販売動向などにはあまり興味が無いので、特に気にもしていなかったのですが、どうもこの看板の意味が分からないので投稿したいと思います。「ヨーカ堂」の今までの看板で良いのじゃないでしょうか? せっかく培ったブランドをゼロベースにする意味が分かりません。

『敵対的買収』に備え、グループを統合するホールディングカンパニーを作ったのは良く分かります。しかし、なんで? 店頭の看板まで代えなきゃならないのか??おかしなことです。全くブランディングが分かっていない証拠です。

また、西武やそごうの「ミレニアムリテイリング」を買収した報道にもかなり????です。ミレニアムにとっては安定株主が出来てハッピー。しかし、セブン&アイには何のメリットがあるのでしょうか?どういった相乗効果が期待できるのでしょうか?

百貨店と言う業態は、もうすでにピークの半分までに縮小したマーケットです。再建計画を前倒ししたと言えども、ミレニアムは、依然として3600億円の負債を抱えています。私には、あえて「百貨店」という旧業態を統合した意味が分かりません。

「セブンイレブン」でコンビニ業態へ進出、「IYバンク」という銀行業務への進出など、先進的なことを判断して時代の一歩前を進んでいたこの会社だけに、最近のこういった様子については、本当にクエスチョンをなげざるを得ません。
 2006/01/31 18:13  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ポッドキャスティングもすごい!
ポッドキャスティングとは Apple社の携帯オーディオプレーヤー「iPod」にネットラジオを自動録音して、収集された放送を好きなときに聴取するシステムのことです。
専用のソフトに自分の好きなネットラジオ局のアドレスを登録しておくと、最新の放送内容が公開されるたびにこれを自動的に受信し、iPodに転送してくれます。ソフトはいくつかの種類があって、多くは無償で公開されていて誰でも自由に利用できます。プレイリストにも自動的に登録され、好きなときに好きな番組を選んで聞くことができるのでかなり便利です。

私のお気に入りは「RADIO坂本龍一」です。ラジオのように時間の制約がある中で構成された企画とは違って、かなり落ち着いて編集がされているので聴いている側も、ゆっくり聴き入ることが出来る番組になっています。
坂本龍一は最も日本人で好きなミュージシャンでもあります。近代音楽に名前を残した、ラベル、ドビュッシー、エリック・サティと肩を並べられる音楽家ではないかとも思っています。
新しいジャンルには、このポッドキャスティングもそうですが、いつも果敢に挑戦をします。よって彼の音楽のカテゴリーは本当に多岐に渡って盛り沢山です。
ボサノバからアフリカ音楽から中華系のものまで、いろいろです。好きな曲は数多くありますが、私は「undercooled」「MovingOn」「青猫のトルソ」などが好きです。

彼の音楽は本当に癒されます。

アパレルウェブもこのポッドキャスティングを利用したサービスを夏までには始めます。

期待しておいてください。
 2006/01/29 18:15  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

スカイプはすごい!
昨年の「最も影響力のあるブランド」が発表されました。
やはりIT企業が多いようです。
http://www.brandchannel.com/boty_results/global_2005.html

1位グーグル、2位アップル、3位スカイプ と いずれも私がよく利用するものです。

これは英インターブランド社が毎年行っているランキングです。
http://www.interbrand.com/

みなさん、今、全世界で旋風を巻き起こしているインターネット無料電話「スカイプ」を知っていますか?

スカイプは通信事業者にとっては脅威そのものでしかないはずです。

スカイプはインターネットを活用した通信手段なので、IPアドレスがあればどこでもつなぐことができます。また、ユーザーがこのソフトをパソコンにダウンロードすれば、スカイプ同士で無料通話ができ、すでに全世界で25億回ダウンロードされています。

海外では有料で携帯電話にもソフトをダウンロードして電話が出来ます。日本ではまだこう言ったサービスは有りませんが、将来的にPDAや携帯電話にインストールすればWiFiが使える場所なら無料通話ができます。

スカイプによって通信業界の構造も確実に変わります。

ちなみにアパレルウェブでも東京と上海のスタッフのやりとりについて、全てこのスカイプを利用しているので、全く通信コストがかかっていません。
ファックスと電話しか無かった時には考えられない事です。

インターネットが便利で合理的な道具だと言う1つのご紹介でもあります。
 2006/01/27 18:16  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ライブドア問題
今日のトップニュースはライブドアの堀江社長の逮捕でした。

この会社には、創業時に検索システムの構築を委託した事があったため、その後アパレルウェブのシステムをリニューアルした後は何の関係も無い会社になりましたが、その後もメディアを通じてライブドア社や堀江社長についてはウォッチしていたので、今回の出来事は感慨深いです。

システム構築を委託した2000年当時は、本当に学生集団の会社という感じで、ごくあたりまえの事務的なコミュニケーションをとるにも骨をおったりして、ちょっと古いですが、堀江社長の言葉を借りれば、『想定外』な対応に腹が立つ会社だったけれど、堀江社長の逮捕で幕が下りてしまうのは何か寂しくも悲しくもあります。

東京地検の特捜部が入るとは、今回の立件以外にもっと大きな目的があるのでしょうか?
きっとこの裏になにかがあるような気がしてなりません。

今回の一件は、ファジーな日本の規制を正す良い機会になればと願うばかりです。また、この問題の影響で、全てのIT企業が、このような株価操作をしていると思われるのは困ったことですが、これを機会に改めて上場基準が見直されたり、監視の目が厳しくなることは良いことだと思います。

しかし、確かにライブドアは株価操作を中心にした間違った資本政策をする、虚業を実践する会社だったかもしれませんが、今、IT企業の残すサービスや、技術は正に実業そのものですから是非とも誤解のないように皆さんに御願いしたいです。
 2006/01/24 18:19  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

何もしない「恐怖」
ちょっと前の投稿にご意見を頂きました。

うなるほど面白かったです。

1番2番5番を付け足してもらった訳です。

1. 何も残せず死ぬのは 恐怖 なり
2. 悔いを残して死ぬのは 特下 なり
3. 金を残して死ぬのは 下 なり
4. 会社を残して死ぬのは 中 なり
5. 人を残して死ぬのは 上 なり
6. 他人の為に死ぬのは 特上 なり

何もしない後悔より、やり尽くして失敗する後悔の方がはるかに軽いことから考えると上の1番の「恐怖なり」と言うのは納得ですね。
 2006/01/16 18:20  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2006年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf