« 前へ | Main | 次へ »
学習塾だけの問題じゃないです!
京都の進学塾で、京都の有名大学卒の人間がおかしな事件を引き起こしました。

メディアは一様に、学習塾の管理(セキュリティ体制)や彼の卒業大学などをクローズアップしていますが、私は、どうせ取り上げるなら、なぜ、この加害者がこの様な人格破綻を起こしたかについて、家庭環境や生い立ちについてクローズアップし、問題を深く掘り下げて欲しいです。そして、そこに大きな問題があると気がついたら、それに対処すべく問題定義をして欲しいんです。

今回の投稿は,事件、子供、家族がテーマです。例えば「虐待」です。

子供にとって母親の存在は「世界」の全てです。言い換えれば、その関係は人間関係の  「全て」です。その母親に虐待をされた子どもはどう育つのでしょうか?

虐待を受けた子どもは、その瞬間に「世界」から完全に遮断されます。しかし、そういった子どもは、虐待を受けても親を恨んだり、憎んだり、抵抗することはできません。

親に殴られても、自分が何か悪いことをしたんだと、自分を卑下して毎日を送ります。そして多くの場合、その子どもは自分を責める様になるのです。ですから、その子にとって「自己評価」は極めて低くなります。自分に自信が無いのです。その「世界」から評価されたり、かわいがられたことがないので、自分は価値の無い人間だと思って育ってしまうのです。

そう言う子どもが持つ人間関係は基本的に「不信感」という新しく生まれた価値によって形成されます。不信感に満ちた「人間関係」と「自分なんて」という自らを卑下した価値観の中で育った子供も大人になります。そんな大人も社会の中では「まじめ」という仮面をかぶっています。

一番怖いのはそういった人間です。

今のところ日本には、社会のシステムとしてそれをカバーする構造がありません。虐待が有ってもそれを防止する強制力を持たない公的機関や相談窓口が存在するだけです。

今 一番日本に必要なのは、虐待児童を受け入れる組織や虐待に悩む親の相談所です。虐待の傷を発見したら、すぐにそれを訴える事ができる組織、本意では無くても結果的に虐待をしてしまっている自覚がある親が、悩みに悩んだ時に相談しに行かれる場所がありません。

私は、この国の最近のこう言った問題に対処出来る社会のシステムを熱望します。

私は、最近起こっている事件の背景には必ずこういった問題が起因していると思うのです。

つまり人格破綻に至る経緯を追求して、それをどう未然に防ぐか、心のケアを社会のシステムがどう取り組んでいくか、そんな問題を考えなければなりません。

しかし、下校中の小学生の誘拐殺人事件やマンションの耐震強度の偽装事件やら、本当におかしなことが毎日起こります。

来年は良い年であって欲しいと願いますが、どうも簡単に願いは通じそうにもありません。もっともっと我々は社会のシステムを見直し、声を出していく必要があるようです。
 2005/12/29 18:29  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(1)

正月休み
この正月休みはゆっくりお休みを取ることができそうです。

アマゾンで購入した 周星馳(チャウ・シンチー)のビデオ4本でも見て休みを過したいと思っています。
 2005/12/29 18:27  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

テレビに出ました!
ほぼ初めて、と言って良いかな?と思いますが、テレビに出ました!しかも国営放送デビューです。(^^)V

先日神戸市より、中国ビジネスセミナーの講師のご依頼を受け、三宮まで行って来ました。当日は100名弱の受講者の方々にお出で頂きました。そこの会場に神戸NHKの取材が入っていて、夜のニュースでホンの5分弱、セミナーのニュースが流れました。自分の喋っている姿がすこ〜しと受講者の方の「参考になりました!」というありがたいインタビューが少々。

セミナーの内容は今話題の中国市場や中国の流通事情についてでした。

アパレルウェブが実践する中国ビジネスの中から得た現場感覚の情報や、アパレルウェブのサイトでもご紹介している上海ストリートファッションフォトに見るような日本人の先入観を覆すような中国の消費者の「今」について、たくさんの画像や洋服のサンプルなどをご覧に入れながらお話しをしました。

中国市場はアパレルだけでなく全産業が押し寄せる激戦区ですが、日本のアパレルさんで本格的に進出している会社はまだ目立ちません。そうしている間にヨーロッパのプレステージブランドが続々上海に上陸して来ています。そんな激戦市場で日本のファッションビジネスが成功する事を心から願っています。

中国では、一般の大衆にファッションが広がって、まだ10年経つか経たないかですが、その中で起こった変化と言ったら、日本の何倍の早さだったのだろう、と思います。そしてそれが今も進化中です。
 2005/12/26 18:30  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

「サラリーマン」って言う時はね。。
私もサラリーマン経験を持っていながら、時々、「あいつはサラリーマンだから。。」と、さげすむような言い方で人を比喩することがあります。

こういう発言をする時は決まって、商談をしている相手から最終的な結論が引き出せずにやきもきしている時です。

この「サラリーマン」とは、自らリスクを負い、時には自らのコストを払ってでも何かを成し遂げようとしない人のことを指しています。つまり、『リスクヘッジ』などと言う都合の良い言葉を使って、いつも責任回避しようとする人のことです。

うちのスタッフだけにはそんなサラリーマンにはなって欲しくないです。
 2005/12/22 18:32  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

会社じゃないよ!
最近人員増に伴って中途の面接を重ねています。こちらが期待する人材に巡り合えて喜ぶ事が有る反面、がっかりくることも時々有ります。

それは、未だに若い人達に大手企業志向が根付いていて、会社のブランドを優先する傾向が見えるからです。

会社の規模やブランド力より、もっと仕事を選ぶ基準や尺度を持って欲しい。自分らしい「生き方」、自分が好きな「仕事」、充実感を伴えるだろう「働き方」、そう言った事を基準にもっと深く考えて欲しいと思います。会社じゃないです。

そして、それに沿った質問もどんどんぶつけて欲しい。私は、そんな気持ちのある人と一緒に働いていきたい。
 2005/12/20 18:33  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2005年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf