« 前へ | Main | 次へ »
中国のレッド
写真の料理、スゴイ色でしょ。



見るからにお尻から火を噴きそうな色です。最近ハマッているのが辛い料理です。もともと辛いものは苦手でした。ところがどうでしょうか、この四川料理の赤いこと。冬でも夏の暑い時でも無性に食べたくなります。キムチも30歳過ぎてから好きになりましたが今はこの四川料理です。



唐辛子だけでなく山椒までガンガンに入ってます。3回箸を口に運ぶと、頭皮からも汗が流れ落ちます。この「スゴイ赤」が、なんとも今ホットな中国を象徴しているじゃありませんか。

昨年の北京で行われたサッカーのアジアカップを見に行った時にも、真っ赤に染まった6万6千人のスタジアムを経験しました。韓国のアウェイの赤もすごかったですが、中国のアウェイの赤はさらに強烈でした。


こんな写真見せたらまた社員たちから「社長いいなぁー、またうまいもの食べてきたんでしょ」と誤解されちゃうだろなー・・・

そんなことないんだよ(・・)たまにだよ・・

 2005/06/30 14:41  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

この人もアジアの勇士です。
インターネットがすごいのは、たった1本のメールがきっかけで、今までに考えられないスピードでビジネスに繋がる事が有る事、と言う話しをしましたが、今日はアパレルウェブがコンサルティングをご提供している中国ハルビンの遠大百貨店のお話しです。




2年前、アパレルウェブに1本のメールが届きました。送り主は、写真の森さんと言う日本人の方からでした。森さんは台湾の崇光百貨店を経て、現在のお仕事に就いていらっしゃる方で、堪能な中国語と海外での百貨店運営のノウハウをもって、総経理の右腕的なお仕事をされている方です。遠大百貨店はハルピンでの売上は1位ですが、森さん曰く、運営面においては色々課題をお持ち、との事でした。




現在、アパレルウェブは遠大百貨店さんに、VMD研修をご提供しています。こちらの内容は、コンサルティングファームの深澤くんのBLOGに詳しく書かれていますので見て下さい。




前にこのブログでご紹介した上海久光百貨店の斉藤さんをはじめ、中国の百貨店で、百貨店運営のノウハウを持つ多くの日本人の方々が頑張っていらっしゃいます。中国の百貨店は、国営企業、外資系企業を含め、ちょうど1970年〜1980年頃の日本の百貨店戦争の様な状態にあり、個店の差別化をどのように実現していくか、と言うところを各社が模索中で、まさに斉藤さんや森さんの様な人材が求められて居るのだと思います。アパレルウェブも、より専門的なコンサルティングをご提供して、中国企業で頑張るお二人を応援していきたいと思っています。





深澤くん・・森さんと写真のことひどく言ってゴメンヨ。(^^)

 2005/06/28 14:46  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

何故ウェブマーケティングなのか。
ほとんどの日本の企業は、「ブランド」の価値というものを理解していない、と言って良いと思います。



「ロゴマーク」は「ブランド」ではありません。「ロゴ」が持つ意味と、それらが生み出す感覚的価値こそが「ブランド」の価値を作ります。



また、多くの企業の経営者の方々はブランド戦略を有効的に活用できていないと思います。大手の会社では、ブランド力をコントロールするポジションをマーケティングのセクションで管理しているところもあります。しかしながら、マーケティングは1部門で活動できるものでは無い、というのが私の考えです。



何故かと言うと、マーケティングに対する一番の責任は、経営者に有ると思うからです。そうかと言って、単に経営者だけが関われば良いと言うものでも無く、企業のスタッフ全員の関与が欠かせません。ブランド戦略とマーケティングには密接な関係がありますが、その両方とも、実は企業経営そのものに関わる重要なポイントだと思います。



そのブランド戦略もマーケティングも効率的に使える手段がウェブマーケティングだと思うのです。
 2005/06/27 14:52  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

マックがインテル製に方向転換
また大胆な方向転換のようです。



マックが心臓部に使う半導体チップをIBM製の「パワーPC」からインテル製に転換するようです。今までも、マイクロソフトとの提携、OSの大幅変更、など大きな転換はあった訳ですが、今回アップルコンピューターは「ipod」の成功で音楽配信の40%のシェアを占める様になりました。つまりOSの違いを超えたビジネスモデルに成功したことで今回の決断に至ったのかと思います。



いずれにしても、アップルコンピューターがパソコンの次の成長分野として「デジタルホーム」の世界を視野に入れるのは当然のことなので、ジョブズ氏が考える将来像とインテルへの方向転換は合致したに違いありません。



会社には複数台Macはありますが、私個人的には保有をしていません。会社の製品は、どれも革新的でおしゃれですばらしいものばかりですが、ビジネスに於いてはウィンドウズの方が便利なので、もうしばらくMacを買うことは無さそうです。しかし、スティーブ・ジョブズと言う人がもたらす世界観は昔から憧れがあります。本当にすごい人です。よって今でも心のメインマシーンはMacですし、ブランディングの心のお師匠さんはスティーブ・ジョブズです。



リタイア出来たら、定時に犬の散歩に出かけて、その様子をビデオに撮り、Macでゆっくり編集を楽しむ。そんな未来に今でも憧れを持っています。

 2005/06/25 14:53  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

人の居ない上海の贋物市場のようです。
雑貨売り場に用があって、久しぶりにスーパーの衣料売り場を見てきました。どことなく寂しい相変わらずの雰囲気が漂っていました。何でもあるのに、何にもない。全てのカテゴリーで品揃えが有るのに買いたいものが何も無い。そんな感じです。



どの商品を見ても「どこかで見たなー。」と思うディテール、デザインのものばかり。オリジナリティなどかけらもありません。



1回は興味本位で見てみる場所、上海の贋物市場を彷彿とさせます。見てみるけれど買うものは何もない。違うのは、贋物市場には人が沢山いますが、スーパーの衣料売り場には人がいない。



そう、そこは人の居ない上海の贋物市場のようです。

 2005/06/24 14:55  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2005年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf