« 前へ | Main | 次へ »
「本当に仕事が楽しいんですか?」
ファッションビジネスは楽しいの投稿を読まれて質問がありました。



私は本当に仕事を楽しいと思っています。



厳しさ、集中力、信頼感、心がけ、本質、才能、勇気、常識の破壊、挑戦、競争、裏切り、失望、誤解、信念、試練、スタミナ、忍耐力、直感、個性、創造、ビジョン、戦略、ミッション、リーダーシップ、責任。



仕事をする事で私達は様々な難題に出くわします。貴重な経験や、ものごとを考える機会も与えられます。何よりも達成した時の充足感は最高ですよね。



こんなスリリングな「仕事」は、やはり趣味なんかでは経験できませんよ。
 2005/05/31 14:15  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

60億人に60億通りのファッションを
昨日は「オープンクローズ」が主催する開服万博に行ってきました。


とても楽しいイベントでした。クリエーターの服を買いたい、見たい人達の出会いの場を提供するイベントです。


出品されている服や雑貨は誰にも真似の出来ない魂のこもった作品ばかりでした。



他、会場ではTシャツを作ったり、プリントや染色をしたりと、そこは大きな工房のような空間で、企画も盛り沢山でした。


オープンクローズは「60億人に60億通りのファッションを」と言うコンセプトのもとに、ネットとリアルでユニークな活動を行っている若者達です。


スタッフは全て20代で会った時から親近感を覚える、好感の持てる人間の集まりです。



アパレルウェブと彼らの関わりでは、もう5年ちかくになりますが、専門学校で配布しているフリーペーパーThe Fashion Timesを1万部、共同発行しています。


一般のアパレル企業が大量生産の流通を目指すところ、オープンクローズは1人1人にカスタマイズした製品の流通、作り手と買い手のマッチングを模索して進化しつづけています。


アパレルウェブとしても彼らの活動をずっと注目し続けていきたいと思っています。このコンセプトはきっと花開きます。
 2005/05/30 14:17  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

本当にこれで良いのでしょうかね・・・
金曜日の最終電車は嫌いです。くさい、うるさい、醜い。酔っ払いの巣窟です。

お酒に泥酔しているさまは人それぞれですが、その無防備なさまには共通項が見えます。



私はお酒が飲めないので、時々酔っていい気分になる人がとても羨ましくなる事があります。飲んであれだけ気分転換が出来たらどれだけ楽だろう、と思うこともあります。



先月上海に住む私の友人が夜の地下鉄でスリにあいました。警戒していたにもかかわらずやられてしまった訳です。一歩日本を出た外国では無防備な人間には容赦なく危害が訪れます。それが世界的な常識です。



ところがどうでしょうか、日本の終電で目にする光景と言ったら。こんな平和ボケな国は世界中探してもありません。電車の女性専用車両なんてものは世界のどこに例があるのでしょうか?電車の中で平気でエロ本を読む奴、ミニスカートをはいていても、平気で地べたに座る女子学生、ゾンビのように無気力で眼に力の無いサラリーマン、など。何かが狂っている光景です。



電車の中で見る光景は世の中の縮図と言っても良いんじゃないでしょうか。世の中(会社や社会)も個人情報の問題をはじめ、自らの防衛対策に無防備だった訳です。今まではそれでもなんとかやってこれた。でも、もうこれからはそう言うわけにはいかない。「日本」という狭い価値観や常識の中に留まって居ることが出来ないくらい、時代は思いもよらない早いスピードで変わっています。



電車で泥酔して眼鏡を鼻からずり下げているおやじを見て、ふと感慨深くなりました。
 2005/05/29 14:19  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

生まれて初めて見たオーラ
上海で、ある華僑の方との出会いが実現して、私は初めて「人間にはオーラがあるんだ。」と実感しました。



中国から海外に出て、外国の土地に住み着く人たちを『華僑』と呼んでいます。古くは4世紀、黄河流域に住んでいた漢民族の一部の方たちが、他の民族の侵攻を受けて南に下がり、その後、清代末期に至るまで4回の民族大移動をしたと言われています。これがとりわけ「客家(はっか)」と呼ばれる一族です。孫文、朱徳、ケ小平、李登輝などは「客家」を代表する人物です。華僑は中国大陸を離れても、世界中に「チャイナタウン」や「中華街」を形成していきます。世界の中でも台湾、タイ、インドネシア、ベトナム、などにおいて華僑の影響力は絶大です。



今はまだ具体的なことは言えませんが、ある国の華僑のコングロマリット企業のCEOと会った時に、私はその人の「オーラ」を体感しました。ものすごい威圧感があるのです。お年の割には力強い言葉、眼光など一生忘れることは出来ない人です。命のやり取りを経験してきた人、とも聞いています。ビジネスマンとしても、人間としても、瞬間にステージの違いを感じさせられる人でした。
 2005/05/24 14:20  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

アジアの達人の名言
アジアのビジネスはよく人と人との関係がないと難しいと言います。
先日、ある華僑を相手に長年ビジネスをされてきた日本人の方の名言を聞きました。

その方曰く、「ゆっくり早く」「仲良く喧嘩」「なんとなくハッキリ」・・・・・
これがアジアの方とのビジネスの「コツ」だそうです。一見矛盾する言葉の組み合わせではあるのですが実に深く、うなるほど納得してしまうのは何故でしょうか・・・

「ゆっくり」と「早い」、「仲良く」と「喧嘩」、「あいまい」と「明確」。1つの物事のまさに裏と表、陰&陽です。もののとらえ方にこれだけの幅が必要、それだけ柔軟性を備えていなければ、日本人であると言う文化の違いを超えて、同じ価値観でビジネスをやっていけない
と言うことだと思います。

しかし深い・・・
 2005/05/20 14:21  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2005年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf