« 前へ | Main | 次へ »
いよいよ始まるB2B(電子商取引)
2000年に「アパレルウェブ」のサイトを立ちあげた時、業界関係の会社のIT普及率は非常に低いものでした。これは、交換された名刺にアドレスが無い、アパレルウェブのサイトに全くアクセスが無いといった日常から実感した事でした。その後、5年。業界の状況も徐々に変わってきているのを、これもまた当社の日々の活動から感じています。


 本当に、大きく変わったな、と思うのは、最近B2Bに興味を持っている企業、実際 取り組んでいる企業が存在するようになった事です。これは、すでにご紹介した「インターネットは儲からない」と言う認識から比べるとはるかに進化した考え方です。この状況の背景には何があるのか、と考えてみました。


 今のところ、B2B(電子商取引)はまだ普及していないのですが、最近お伺いしたいろんな企業様から、最近お得意先からのファックス発注や電話注文が非常に面倒なんだけど、それがウェブで簡単にできる何か良い方法は有りますか?という御質問を良く頂くようになりました。客先のスケジュールが全て分かっているわけではない、電話しても居なくてすれ違いが多く、時間ばかりかかって仕事が進まない。こんな時に、インターネットを使ったらきっともっと楽にやり取りがでるはずだ、と皆さん思い始めています。


 事実、当社ではサンウェルネット(B2B)のプロモーションのお手伝いをさせて頂き今までゼロだったインターネットでの販売を年間10億ものスケールに拡大することができました。詳しくは坂口さんのブログにサンウェル特集があるので、そちらをご覧下さい。この様に新規卸し先の獲得や従来の卸の効率化にインターネットが有効だ、という事を気が付いた会社がB2Bを積極的に展開し、企業を成長させています。


 ITの活用はオンラインショッピングをやる事、という誤った認識に踊らされ、作ったショッピングサイトが全く売れない事に嫌気がさして『IT離れ』をした人たちも、ウェブやブロードバンドの普及に伴い、やっと今まで使っていた電話やファックスよりインターネットが便利かも知れない、と感じて、B2Bが見直され始めたのだと思います。この1年ちょっとの間に、IT活用状況や人々のITに対 する考え方は確実に変わって行っています。これからです。
 2005/04/30 19:59  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ストリートファッションフォト


アパレルウェブで一番人気が有るコンテンツは、「ストリートファッションフォト」です。

2003年の夏から主に「原宿」「渋谷」「青山」で撮影をしていますが、今までに写真を撮らせてもらった若い人たちの数は1000人近くになります。毎週木曜日、月4回更新をしていますので一度覗いてみてください。それは楽しいです。


 彼等の着こなしは非常にユニークで、アパレルが海外の情報をブレイクダウンしてもの創りで発信しているトレンドとは全く別のところから自然発生的に現れていて、ストリートファッションフォトでは、その変遷を追いかけています。海外にはこう言った東京の『ストリート発』トレンドに相当する様な独自のファッション文化は存在するのでしょうか。


 ここ数年間は上海通いが多く、ロンドンやパリには久しく出かけたことが無いので、海外にこの様な現象が無い、と確信を持って言う事は出来ませんが、東京のストリートには、このようなお洒落な若い子たちが、ここ数年本当に増えたような気がします。アパレルメーカーの思い入れよりも早くトレンドや流行をキャッチして、いやそれ以上に彼らの方がクリエイティブに着こなすことを楽しんでいるような感じさえします。世界から東京が注目される理由は、その独創性にあると思います。かなりイケテます!日本の若者!
 2005/04/27 14:32  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

プライバシーポリシー
「個人情報」の定義ですが、個人の情報を特定できるものは全て個人情報です。たとえば、名刺が5001枚以上あれば、その企業はこの個人情報を保持しているとみなされ、個人情報保護法の適用対象企業となります。つまり、ほとんどの企業が対象となるわけす。そんな中、未だに多くの経営者の方達が何ら対策を講じていないので、ちょっと心配です。このアパレル業界にも店頭で受付をして発行する「カスタマーズカード」をはじめ、多くの個人情報の取り扱いをしています。それを鍵のかからない引き出しに保管していませんか?

 個人の情報を取り扱う企業は、個人情報の収集・利用目的・さらには取り扱いに関する方針を明確に文書化して情報主体に提示する必要性があります。この取り扱い方針を「プライバシーポリシー」と言います。我々は個人情報保護法へのコンプライアンス(法令遵守)を果たすためには、まずこの「プライバシーポリシー」を策定して公示しなければなりません。

「プライバシーポリシー」を公開すると言うことは、企業が消費者の方と暗黙の契約を行うようなものです。「プライバシーポリシー」には、

@個人情報の収集を行うが適正な目的を明示し問い合わせ窓口を設置
A入手した個人情報の使用目的についての説明
B正当な理由無しに第三者への個人情報の開示を行わない事を明示
C保有する個人情報について、本人からの内容の確認・訂正の申し出に対する適切な対応
D個人情報について社内で機密保持規程を設け、常に情報を保護できる体制の整備
E個人情報の外部委託や委託先から受託の際、漏えい・再提供・利用範囲について契約を取り交わし適切な管理を行う事
F個人情報に関する法令や規範の遵守と、取り組み及び保護活動の維持、改善
G個人情報の最適な保持、保護、個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏えい等を防止するための安全措置の実施

などを明記する必要があります。


これは当社のプライバシーポリシーです。ご参考に。http://www.apparel-web.com/about/privacy.html
 2005/04/26 14:38  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

個人情報保護法が施行されました。
2005年4月1日から個人情報保護法が施行されました。これによって当然、消費者の方たちは個人情報に関わる防衛意識や権利意識が高くなるわけで、企業にとっては個人情報の適切な取り扱方法など、今まで以上に真剣に対応する必要性があります。


しかし、どうでしょうか?アパレル業界全体を見渡しても、業界団体からガイドラインは呈示されましたが、個々の企業が、進んでこの法令に対策を講じていると言う情報はほとんど聞かれませんし、そう言ったアナウンスもありません。



 問題が起きた時の謝罪コストは新聞紙面でも数多く報じられているので、今更明記する必要はないと思いますが、各企業の漏洩対応にかかった損失金額は、ローソンが会員56万人の個人情報を社外に漏洩させたとして、謝罪レターと500円の金券をトータルで6億円、ファミリーマートが18万人に対して1000円のプリペイドカードを送付。ソフトバンクBBにおいては450万人の漏洩で約40億円かかったと言われています。



 また、個人情報保護法には第六章に罰則の規程も定められています。違反したものは  6ヶ月以下の懲役または30万以下の罰金です。他にも今後、企業にとっては多くのリスクが伴います。
 2005/04/25 14:39  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

「時間が無い!」と一番思う時・・
このごろ流行の「社長本」を見ると、実に若くして「社長」となる人が多いのに驚きます。産業の歴史が古いアパレル業界では、自分が30代で経営のポストに就いた頃から40代近くまで「若手」と言われていました。しかし、他の業界、特に最近話題の六本木ヒルズ世代と呼ばれるIT企業の経営者などは皆30代ですし、ポスト六本木ヒルズ世代と言われる新しい経営者達の中には、何と10代の社長まで居ます。そんな現実を見ると、先にこのブログで書いたとおり、自分たちはそういう若い企業の成長スピードに同等の速さで追いついていけるだろうか、という不安を持つ時があります。



では、自分が年齢を一番意識する時は?というと、やはり外見に変化がある時です。先日、いきつけの美容院に行った時に「ずいぶんシラガが増えましたねー」とズバズバ言われてしまいました。普段はあまり気にしてはいなかったのですが、改めて美容院の明るい照明の下で見てみると確かにスゴイことになっているじゃないですか。。。



 これは、帰り際、清算する時にカウンター越しに受付の若い女の子との会話です。



「ちぎらさんってお洒落ですよねー」 とミエミエのお世辞。

「そんなことないよー。もう歳だから」(^^)<俺もまだいけるかなー>と謙遜してみる。

 間髪入れず

「そんなことないですよぉ!!!うちのお父さんと比べたら全然!!!」

 お、お父さん!!! しかも真顔で言うかな〜。

「お。。。お父さんっていくつ??」

「48です。」

そ、そうね、、あまり変わらないと言えば変わらないね。。3つ違いだもんね。( _ _ )お父さんとの比較だったのね。。。



その場に流れた空気は説明のしようもありません。こんな時が一番、時間に焦る時であります。
 2005/04/23 14:40  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2005年04月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf