« 前へ | Main | 次へ »
進化を続けるSNS(Twitter)の使われ方
おもわず「なるほど」と納得してしまったこちらの記事。

複数のアカウントを器用に使い分けるとは…最近の中高生はすごいですね。

中高生がLINEとTwitterを使い分けるワケ(東洋経済)

記事の中で気になった部分をいくつか抜粋します。

まずは、利用率について。

・東京工科大学が2016年4月初旬に新入生に行ったアンケートによると、

SNS利用率は、LINEが98%、次いでTwitterが81%

我々が思っている以上に中高生がTwitterを利用していることがわかります。

株価の低迷などで今後の動向に注目が集まっているTwitterですが、日本における

アクティブユーザー層はまだまだ盤石だといえるのではないでしょうか。


利用方法についてですが、

・中高生はTwitterを世界とつながるツールとしては利用していない。

フォロー/フォロワーは同じ学校の人、出身校の人、友達の友達など、

リアルな世界でもつながっている人でほぼ構成されている。

TwitterはLINEより広く、ゆるく知り合いと交流するツール。

・学校の友達にそのツイートを見られるのははばかられるため、

彼らは複数のTwitterアカウントを持っている。

・高校生は平均3つのアカウントを切り替えて使っている。


平均3つ!ということは、もっと多くのアカウントを使い分けている学生も

一定数いるわけで…そのマメさには、ただただ頭が下がります。


また、

・中高生が世の中の動きを知るメディアは、テレビに次いでTwitterが

第2位で56%。半数以上がTwitterの投稿やリツイートからニュースを知る。

知り合いばかりのTwitterで流れてくるニュースは、自分に最適化されている

キュレーションツールといっても過言ではない。


という調査結果もあるとのこと。

大学生〜20代の(主に)女性がインスタで情報収集をするのと同じような

アクションがここでも起こっていることがわかります。

知りたい情報があったら、まずはSNSで検索する。

それがスタンダードになりつつあるのかもしれません。


SNSの黎明期からサービスを提供し続けているTwitter。

その利用場面・活用方法は、どんどん変化を続けています。

SNSを通して情報発信をする企業側も、そうした変化を把握し、自社に

最適なSNS運用をしていかなければならないと改めて感じた記事でした。
 2017/03/14 13:40  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2017年03月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf