« 前へ | Main | 次へ »
【NYレポート】「O2O」の今
当社では、昨年以降、「O2O」の重要性を広く伝えると同時に、

そのためのサービス提案を積極的に行ってきました。

今回NYでも「O2O」先進国であるアメリカの実情がどうなっているのか

実際に体験してみよう!見てみよう!という思いで各店舗をまわったのですが…

店頭を見る限り、「O2O」の「O」の字もない=それらしきサービスの告知は

驚くほど目につかない…まさに「皆無」でした。


数年前にNYにいったスタッフからは

「どの店舗でも“Follow ME!”“Like US!”等、SNSへの誘導ばかり」

「ポスターには、必ずQRコードが付いていた」

等、ウェブにおける(当時の)最新サービスへの誘導や告知が店頭でも

積極的に行われていた様子を聞いていたので、今回もそれら同様、

「O2O」に関する何らかの告知やサイト誘導があるものだと

思いこんでいたのです。


「もしかしたら、「O2O」は一般的ではないのかもしれない…」

一瞬そんな考えが頭をよぎりました。


しかし、その考えは一瞬で打ち砕かれました。


「アメリカでは「O2O」が“当たり前”。わざわざ告知なんてするわけがない。」

というのです。


各店頭では、「Online」→「Offline」どころの話ではなく、

「Offline」→「Online」のサービスである「Showrooming(ショールーミング)」が

アプリを介して、日常的に行われていました。

また「Shopkick(ショップキック)」という、位置情報を利用したクーポン配信&

ポイント付与アプリを活用したサービスが広く利用される等、まさに、ウェブと

リアルが相互に連動した消費スタイルが“当たり前”になっていたのです。


聞くと見るとは大違いで、これを目の当たりにしたときの衝撃は言葉にできません。

今後2〜3年のうちに、日本でも同じようなことが起こることは、過去の例を見ても

明らかです。

自分たちの進もうとしていた方向が間違っていないことを強く確信し、日本でも

もっと「O2O」を進めていかなければと自分自身再確認することができました。

同時に「もっとがんばらなければ!」という気合いも入りましたが。


今回のNY視察の詳しい内容については、近いうちに「O2O」セミナーとして

皆さまに紹介する場を設けたいと思います。

スケジュール等は未定ですが、決まり次第、こちらのブログでも告知しますので

どうぞ御期待ください。

また…セミナーまで待てない!という方は、直接御連絡をいただければと思います。

 2012/11/20 11:36  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2012年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf