« 前へ | Main | 次へ »
ジャパンエキスポ2012
もう既にジャパンエキスポの報道はいくつものメディアで取り上げられて

いるので詳しく投稿はしませんが、私が印象に残った点だけをコメントしておきます。

まずは創業期は小さなブースがいくつもあり、中小企業が多く参加していたイベントでしたが

大手中心のイベントに変わった点です。

任天堂やハローキティ、ニコ動、ユニクロ、コンテンツメーカーなどが

自らプロモーションの場所としてしっかりこのチャンスを生かしているのです。

今年は20万人を目指していると聞きましたが間違いなくそれに近い集客は

あったと思います。とにかくすごい人です。

よくもこれだけの若い人を集客できたものだと感心します。

今回はパリでも、タクシーの運転手や警官など、フレンドリーに日本語を何度も

話しかけられたのが印象的で、ジャパンエキスポだけでなく、一般の人までにも

日本が相当意識されているんだろうかと思ってしまったものです。


残念だったのは、観光庁が取り仕切っている小さなな駒割りブースが、

日本の産地の伝統色が出ていてとても良いのですが、大手のブースと比較してしまうと、

チープに見えてしまい、パワー不足が否めませんでした。

ここには、総合プロデューサーが必要と思います。

今のままでは、マイナスの印象さえ与えかねないとも思います。







 2012/07/16 19:05  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf