« 前へ | Main | 次へ »
ソーシャルバナー広告の可能性

株式会社ミクシィのソーシャルバナー広告第一弾
「mixi × NIKEiD」キャンペーンが6月20日に終了し、
その効果について、速報値が発表されました。

ソーシャルバナー広告とは、SNS上の友人・知人のつながりを
活用してバナーを配信する広告の仕組みです。

簡単にいえば

「自分がSNS上で作ったコンテンツが、友人・知人のページに
バナー広告として出現する」

というものです。

バナー広告の持つインパクトと、知り合いからの“オススメ”効果、
いわば、口コミの強さを組み合わせた広告ですね。


以下、気になった効果について抜粋します。


■21日間のキャンペーン期間中に、キャンペーンサイトへ来訪した人の数は213万人
(うち80%が友人が制作したソーシャルバナー広告または友人からのフィードによる訪問)

■ソーシャルバナー広告のクリックスルーレート(CTR)
 ・PC広告CTR    → 約1.1% (対 通常バナー広告比で約11倍)
 ・モバイル広告CTR → 約1.6% (対 通常バナー広告比で約16倍)


通常のバナー広告と比べると、その効果の高さは一目瞭然です。

自分の“知り合い”を経由することで、バナー広告のインパクトに
信ぴょう性が加わることが、こうした効果を呼んでいるのだと思います。

これをアパレルに落とし込むのであれば、既存のアイテムでの
コーディネート企画もできますし、今回の事例のように、決まった
アイテムをカスタマイズして、その人の個性を活かしたオリジナル
アイテムを作成して、公開するのも面白そうです。

やはり身近な人がはまっているものや、オススメしてくれている
ものには強い興味を惹かれますし、思わず試したくなるものですよね。

一見すると「こんなのアリ?!」と思うような広告スタイルかも
しれませんが、「ソーシャル」がウェブの大きなキーワードに
なっている今、今後、より一層その活用が予想される
ソーシャルバナー広告。

当社でもこのような新しいタイプの広告をしっかり提案できるよう、
日々アンテナをひろげておきたいと思っています。
 2011/06/30 10:36  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2011年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf