« 前へ | Main | 次へ »
中国IT企業の海外上場ブーム第4波
以前にも投稿しましたが、中国IT系企業の上場ブームが止まりません。

2010年以降続いている、中国IT企業の海外市場への

上場ブームは“第4波”と言われています。

第1波は、00年、中国の3大ポータルである新浪網、捜狐、網易の上場。
第2波は、04年・05年の盛大、騰訊、百度の上場。
第3波は、07年のアリババ、巨人集団の上場。

そして、第4波が、10年以降の麦考林、当当網、Youku、人人網、

網泰、鳳凰網、世紀佳縁等の上場です。

これらの企業は全て、米ナスダック市場へ上場しています。

なぜ、中国ベンチャーボードではなく、米ナスダック市場へ上場するのか?

要因の1つは、中国ベンチャーボードの上場要件の厳しさにあるようです。

例えば、過去2年間の純利益合計がプラスでないと中国ベンチャーボードでの

上場要件は満たしませんが、反対に米ナスダックでは成長の将来性での判断で

上場が可能となっています。


また、2005年に中国で相次いだベンチャーキャピタルの設立が

関係しているという話もあります。

それらのベンチャーキャピタルは、投資周期を10年とし、2010年以降に投資先を

上場をさせることによって資金を回収。

そうして回収した資金を新しい投資先にまわして…という資金回収の

タイミングが「今」という話。

一部では、中国のITバブル崩壊を懸念する声もありますが、

今後も益々発展する中国のIT環境の中、そういったベンチャーキャピタルから、

新たに投資を受けることとなる中国ベンチャー企業が沢山あります。

日本の2001年の時と同じでITバブルが弾けなければ良いのですが。。。
 2011/06/22 21:33  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

爆発的!中国のインターネット人口
2011年1月19日付の中国新聞網によれば、
中国本土のインターネット人口が
4億5千万人を突破したとありました。

前年末に比べ、約7500万人の増加だそうです。

その中でも、20代・30代の占める割合が約50%、
10代が約30%となっており、
若い世代での利用率が高いことが分かります。

チャット文化での中国では、
普段のコミュニケーションでメールよりも
メッセンジャーを利用する人が多く、
メッセンジャーサービスの最大手の
Tencent(テンセント)の提供する、
QQメッセンジャーでは、
2008年の最大同時オンライン者数が4970万人で、
2010年には1億人を突破しました。

ほぼ日本の人口と同じ人数の人々が
パソコンを利用する際にQQメッセンジャーを
毎日!立ち上げているという事です。

最近では日本語版も利用できます。

この数字を見ても、中国のインターネットユーザが
爆発的に増えている事が分かるかと思います。

http://www.qq.com/ (テンセント)
http://pc.qq.com/  (QQメッセンジャーのページ)

またインターネット人口の増加と比例して
ECを利用する人も増えており、
1.5億人以上と日本の人口以上の人がECを利用しています。

まだまだ、EC利用者は沿岸部が多いようですが、
一つの原因は物流環境にあるようです。

日本の配送業者のように時間に正確で、
丁寧なサービスはなく、配送地域も内地の一部は、
まだ配送できない地域もあるようです。

物流環境が改善されれば、更に内陸の利用者も増え、
ECのマーケットが拡大するのは間違いありません。

 2011/06/13 18:33  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

人人網とYouku
ここ数年の中国IT系企業の躍進には目を見張りますね。

多くの企業がアメリカ市場での上場を果たし、

巨額の資金調達に成功しているのが特徴です。

(仲が良いんだか悪いんだか。。。)

最近も、動画共有サイトのYouku(時価総額4800億円)や

中国版Facebookを運営する人人網(レンレンワン)

(時価総額6400億円)も米ナスダックに上場を果たしました。

http://www.renren.com/

http://www.youku.com/

アメリカのビジネスモデルの完全パクリですが、ユーザー数が

エライことになっています。

参考に見てください。
 2011/05/30 16:56  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

上海オーパ
上海オーパがオープンしたので行ってきました。

パークソン淮海店の横です。

淮海路に面した決して場所が悪いところではない所ですが

夕方の通勤客を捕まえるべきその時間に

お客様はB1のWEGOさん以外はほとんどいませんでした。

正直言うと、こういった、昔流行ったファッションビルのモデルがこの

上海にいると古臭く見えてしまいます。

開店景気は中国では全く期待出来ない訳ですが

どうせやるなら集客のある大きなモールの500坪ぐらいを

リーシングしていくモデルから始めた方が良いと思うのです。

個人的には縦に長く狭いビルをファッションビルにするモデルは

もう古いと思います。

 2011/01/15 20:02  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

上海の淮海路その2
アップルストアの偉いところは その1 で書いたラグジュアリーブランドと

全く横並びでこのようなメガストアを出すところです。

淮海路の一等地になります。

これが本当にかっこいいんだな。

 2011/01/14 13:10  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2011年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf