« 前へ | Main | 次へ »
今から準備を!〜Google の MFI
こちらのブログを読んでいる方にとっては「いまさら」の

話題かもしれせんが、備忘の意味もこめてUPします。

今年実装される予定の「MFI」に関する話題です。


乗り遅れるな!Googleが推奨するモバイルファーストインデックス(MFI)の注意点|ferret [フェレット]


Mobile First Indexing = MFI

一言でいうと、Googleの検索基準がPCからモバイルに変更される

ということです。

全世界でスマホユーザーが急増し、WEBへのアクセスもモバイル経由の

ほうが多くなっているという現状に合わせた変更といえるでしょう。

詳しくは上記リンク先に詳しく説明されているので確認いただきたいと

思いますが、対応が必要なのは

「レスポンシブデザイン」をしていないサイトを運営している場合など(※)

です。

※レスポンシブルではなくとも、PCサイトとモバイルサイトがしっかりと

連動していてコンテンツが同じであれば問題ありません。

PCサイトとモバイルサイトが全く別のサイトになっている場合、MFI導入後は

SEOの結果に大きく影響がでてくる可能性があります。

MFIの実装時期は未定ですが、今のうちからモバイルサイトを整備しておくことが

必要になってくるでしょう。

-----

当社でもMFIに関する相談を受け付けています。

ご気軽にお問い合わせください。
 2017/04/06 11:50  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

「SNS」で検索する時代
WEBで何かを調べようと思ったとき、

みなさんはどんなサイト・アプリを使いますか?

Yahoo!、Google…もしかしたら「Siriに聞く」「Hi,Google」

という人もいるかもしれませんね。

そんな「検索」について、興味深いグラフを紹介します。



▼ イマドキ若者はGoogleよりもTwitter・Instagramで検索!?若者生態バラエティ番組「みんなのクラウド教室 イケメン編」が配信!【動画】(うぇぼっくす)

元々はとあるWEB番組で紹介されたというこの円グラフ。

当社のスタッフが資料に使っているのを見て知りました。


グラフを見てわかるように

「ググる」人が一番多い(33%)ものの、僅差の第二位は

Twitter(31%)が選ばれています。

続いてInstagram(24%)、Yahoo!(12%)という結果に。

母数が少ない(n=100)、そもそもの設問が不明なので、

この結果を丸まる鵜呑みにするわけではありませんが、

そういった部分を差し引いたとしても、興味深い結果だなぁと

感じました。


今の若者にとって、検索ツールはGoogleやYahoo!といった従来の

検索エンジンだけではないのです。

「欲しい」情報によって、SNSの投稿も並行して検索する。

まさにWEBの世界を縦横無尽に検索してまわっているといえるでしょう。

正月休み明けの投稿で“インスタ映え”する情報か否かが重要になる

という記事を書きましたが、その傾向はどんどん強くなっていくと

感じています。

「SNS」がマーケティングの主人公であるという時代は、若者世代で

すでにはじまっているのです。
 2017/01/19 13:48  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

どんどん広がる Instagram の可能性
写真や動画をスライドショー形式で投稿できる Instagram の

「ストーリー」機能。

24時間で削除されるため、気軽に楽しんでいる方も多いのでは

ないでしょうか。


そんな「ストーリー」に新たな3つの機能が搭載されました。

新機能!Instagram Storiesから外部リンクできるようになって実現する7のこと(COMPASS)

詳しくは上記の記事を読んで欲しいと思いますが、一番影響が

大きいのは

外部URLが貼れるようになったこと

でしょう。

まだ一部ユーザー(記事によると「認証マークがついたアカウント

のみ実施可能」)のみでの機能ということですが、これにより

Instagram を使った様々な取り組みがやりやすくなることは間違い

ありません。


記事にあるように

@商品・サービスへの誘導

Aメディアやブロガーによる記事への誘導

BHPやキャンペーンサイトへの誘導

Cアプリダウンロードページへの誘導

D動画コンテンツの「続き」を見てもらう

E当たりハズレ機能を活用したプロモーションを実施

Fリターゲティングするためにアクセスしてもらう


など、24時間限定という「ストーリー」の特性と掛け合わせる

ことで、より相乗効果の高い取り組みができると感じます。


いまや若い世代を中心に“最も使われている”SNSである

Instagram をどう活用していくか、それがより重要になってきますね。

当社としてもこうした新機能による影響をしっかりと把握し、

具体的な提案に落とし込んでいけるよう、取り組んでいこうと思います。
 2017/01/11 12:34  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

世界最強オムニチャネルノウハウ企業「Radial」誕生
フルフィルメントサービスを提供するグローバル企業「Innotrac」と

「Ebay」が合併を発表しました。

▼ Ebay Enterprise merges with Innotrac to become Radial(Techcrunchより)

新会社の名前は「Radial」。

世界で最強のオムニチャネルノウハウを提供する企業たることが

同社のミッションとして掲げられています。

▼ Radial社HP

「Radial」のサービスは

店舗運用業務から在庫管理、EC+実店舗の売上管理、データ分析、CMS、

物流、決済代行まで、オムニチャネルに関して発生する全てのプロセスを

自社が開発したクラウドシステムで管理し、24時間リアルタイムで対応する

というもの。

各拠点には倉庫を設置し、同社のサービスを導入したクライアントの貨物管理も

行うのだとか。

まさに小売業が必要としている、オムニチャネルのための“プラットフォーム”を

丸ごと提供するというわけです。

こうしたサービスを一貫して提供することにより、同社はそれぞれのプロセスで

発生する全てのデータを入手することが可能になります。

「ビックデータ」を入手し、分析・検証・最適化する…これは「Radial」の大きな

強みとなるはずです。

ちなみに既に多くのグローバル企業、営業団体(adidas、ESPN、NBA等)が

同社のサービスを採用しているそうです。


近い将来、「オムニチャネル」に対応できているかどうかということが、

企業にとって非常に重要な意味をもつようになるであろうことは疑いようもない

事実です。

もはや「オムニチャネル」はECだけの問題ではありません。

店舗、ECに関わらず、消費者にとって最高の経験( User Experience =UX )を

提供するために無視することのできない戦略なのです。
 2016/05/17 23:28  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

プッシュ通知の新サービス「Pushcrew」
インド・デリー拠点のベンチャー企業が面白いサービスを

リリースしました。



▼ マーケティングに!ウェブからデスクトップとモバイルにプッシュ通知できる「Pushcrew」(Techable)

「Pushcrew」は

このプッシュ通知は、通知を許可した顧客のスクリーンに、

あなたのサイトをのぞいていなくても表示され、しかも通知を

クリック可能なものにすることもできる。

(中略)

現在、Chrome、Safari、モバイルで使え、間もなくFirefoxと

Internet Explorerにも対応するとのこと。

というサービス。

モバイルだけでなく、PCにも対応しているというのがポイントですね。

こういったサービスが注目を集めるということは、プッシュ通知の

効果がそれだけ高いものであることを示しているのではないでしょうか。


当社が提供しているスマホアプリでもその効果は絶大です。

具体的な数字は伏せますが、プッシュ通知機能による追客効果や

配信情報の既読率およびクーポンの利用率は非常に高く、

マーケティングに欠かすことのできないツールとなっているのです。

「プッシュ通知機能に興味がある」という方がいたら、是非ご気軽に

連絡ください。詳しく説明させていただきます。
 2016/03/16 20:14  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2017年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf