« 前へ | Main | 次へ »
単なる“期間限定”店を超えた「ポップアップストア」の役割
NYのりなさんと話をする中で「ポップアップストア」の役割が

大きく変化していることを感じる機会が増えてきました。

単なる“期間限定”店ではなく、ただの“お試し”店でもない

新たな「ポップアップストア」の役割とは何なのでしょうか。


メルマガで届いたMiansai(アクセサリーブランド)のポップアップストア


▼ 進化するポップアップストア、いまや小売業界のコア戦略:オンラインでは達成できないメリットとは?

記事にあるように、ポップアップストアのメリットは

ブランド側:長期の賃貸契約を結んだり、大きなクレジットラインに

縛られる必要がない

消費者側:新しいプロダクトやサービスを直接体験することができる

というものです。

ブランドにとっては、多額の投資をせずに売上をあげることができる…

それが「ポップアップストア」の目的であり、役割だったといえます。


その目的・役割は大きく変化しました。

記事内の言葉を借りれば

ポップアップが登場した当初は売上を目的としたものであったが、

いまではブランドの物語を伝える場所、

もしくはブランド体験を提供する場所になってきている


ということです。


特にオンラインでの販売をメインとしているような小売業者にとって

「ポップアップストア」は非常に重要なタッチポイントになっています。

「ポップアップストア」を通して、そのブランドの背景(ストーリー)を

知ってもらい、ブランドをリアルに体験してもらう。

オンラインでは体験してもらうことができない部分を「ポップアップストア」が

補うことで、オンラインでの販売につなげていくという戦略です。

また店舗というリアルな場所があることで、メディア等への露出もやりやすく

なります。記事にあるようにインフルエンサーをつかった施策なども活用する

ことができるようになるのです。


まさに「ポップアップストア」はブランドの販売戦略にとって、非常に重要な

意味を持ち始めているといってよいでしょう。

店舗を増やすのではなく、ECと「ポップアップストア」を活用し自分たちの販路を

そして顧客を増やしていく。

そんな戦略をとるブランドはどんどん増えていくのではないでしょうか。
 2017/10/24 12:41  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf