« 前へ | Main | 次へ »
中国の今A
今日紹介するのは「中国版UBER:滴滴出行(Didi Chuxing)」

こちらのブログでもたびたびUBERのことを紹介していますが、中国にも

中国版UBERともいうべきサービスが広がっていました。

それが2012年にサービスをはじめた「滴滴出行(Didi Chuxing)」。

アリババ出身の創業者が立ち上げたサービスです。

▼ Apple、“中国版Uber”のDidi Chuxing(滴滴出行)に10億ドル出資──Reuters報道(ITメディア)

記事によると

中国の360の都市でタクシーサービスを、80都市でUberのような配車サービスを

提供している。タクシーサービスの1日当たりの利用件数は300万件、

配車サービスも300万件で、こちらは同市場の86%を占めるとしている。


とのこと。

中国にこんなサービスがあったなんて!そして広く利用されているなんて!!

本当にびっくりしました。

さらに驚いたことに、同社はUBERテクノロジーズの中国事業を買収し、

すでに中国市場を掌握した
そう(1月5日の日経より)。

また、ブラジルなど第三国への進出も予定しているとのこと。

既存権益・法律など「これまで」のしがらみにがんじがらめになっている

日本を尻目に、新時代のサービスが中国で生まれ、利用され、世界に

広がっていこうとしているのです。

我々は…日本は何をしているんだ!と悔しくなってしまいました。
 2017/02/01 14:32  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2017年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf