« 前へ | Main | 次へ »
新しい“店舗”のカタチ〜アメリカ『ボノボス』の例〜
この記事を読むまで、全くノーチェックでした。

O2Oが広まる中、店舗がショールーム化してしまうことに対する

様々な議論がされていますが、それに対するひとつの「回答」と

いえるかもしれない事例です。



『ボノボス(BONOBOS)』 http://www.bonobos.com/


【ボノボス】、リアル店は売らず試着アドバイスのみ!オンラインストアはバックルーム?
(激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログより)

記事によると『ボノボス』とは、6年前にメンズアパレル専門の

オンラインストアとして創業した企業とのこと。


そんな『ボノボス』のリアル店舗戦略は非常にユニークです!

ガイドショップと呼ぶ店舗を全米5か所で運営している同社ですが

その店舗では、基本的に販売を行なわず“試着ショールーム”として

展開しているとのこと(購入はオンラインストア経由のみ)。

※もちろん送料は無料、返品も「生涯返品可能」。


記事にもありますが、まさに

「オンラインストアがガイドショップのバックルーム」

になっているのです。

店舗で補えない分をオンラインストアで展開する…オンラインストアが

店舗のバックルームになるのとは全く逆の発想ですね。


『ボノボス』は今後も店舗(ガイドショップ)の数を増やしていく計画

とのこと。一度ガイドショップでの接客を体験してみたい、そんな気が

しています。

ほんと、そこまでやるの〜って感じです。
 2013/03/31 19:57  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2013年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf