「アメリカの小売業を低迷させた2つの元凶」とは?
この記事は何度読み返しても「納得」です。

厳しい状況が続いている日本の小売業にとっても同じことが

言えるのではないでしょうか。


▼ アマゾンではなかった…… アメリカの小売業を低迷させた2つの元凶(BUSINESS INSAIDER JAPAN)


オンラインショッピングが当たり前となっているアメリカであっても

売上の大部分(記事によると91.5%)は、実店舗での買い物が占めている以上

小売業低迷の原因をAmazonをはじめとするオンラインリテール企業“だけ”に

求めることが賢明でないことは明らかです。

(もちろん、Amazon“以前”と“以降”で劇的な変化があったことは否めませんが)


記事にこんな記載があります。

アメリカの小売業低迷の背景には様々な要因があり、原因を1つに

絞ることはできない。もちろん、オンラインでの売り上げの成長も

無視することはできない。

しかし、それ以上に、間違いなく影響を及ぼしている要因が2つある。

小売業者の過剰出店とアメリカ人の消費習慣の変化だ。

1990年代にショッピングモールやセンターを増やしまくったツケが

いま表出しているということでしょう。

現在、アメリカの1人あたりの小売面積は、必要量の2倍もしくは3倍にのぼる

という数字もあるそうです。

不況時代を経て、賢くなった消費者たちの目は非常に厳しく、財布もの紐は

かたくなりました。

“売り場=店舗の拡大→成長”という図式は今や昔。

何を買い、どこでお金を落とし、どのように消費するのか。

消費者は企業以上にシビアな目で商品を、そして店舗を見ています。


同時に、オンラインリテールの誕生・進化やスマホの普及に伴うSNSの台頭に

よって、消費のスタイル自体が大きく変化しています。

前者によって、消費者は

・事前に商品のことを詳しく調べる(検索する)

・購入時に価格を厳しくチェックする

ことができるようになりました。

店舗で初めて商品をみて、そこで店員から情報を聞きながら買うか買わないかの

判断をする…なんていう人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

また「モノより思い出」というキャッチコピーではないですが、後者によって

『モノ』よりも『体験』の方が、ソーシャルメディア上で話題になりやすい

だから

消費者が『モノ』よりも『体験』を購入する

という新たな消費スタイルが主流となってきているのです。

「インスタ映え」等は顕著な例ですね。


冒頭で書いたように、日本でも(いや、世界中で)消費のスタイルは大きく

変わりはじめています。

そして、超少子高齢化=人口減時代の入り口に立っている日本においても

売り場(店舗)過剰という荒波は既に目の前に迫ってきているのです。

「これまで通り」が通用しない時代。

大きく舵を切れるかどうかが重要なカギを握っているのではないでしょうか。
 2017/11/29 13:07  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)


母校で講義をしてきました〜働くこと入門7〜
タオル美術館・吉野社長とのご縁がきっかけで、母校である

中央大学・商学部で講義をさせていただくことになりました。



講義前には、商学部・学部長である渡辺教授から

客員教授に任命するという内容の立派な額をいただきました!

まさかこんな額をいただけると思っていなかったので、

とても驚きました。


今回の授業は「キャリア教育科目」ということで、中央大学の

全学部・全学年の学生が履修できる科目となっていました。

講義の履修者は約300人!

久々の大学、そして大教室での講義に少々緊張しました。


※準備中の風景




大学OB・OGが講義を行うということで、自分自身の話(学生時代の

話や社会人になったばかりの頃の話等)からスタートし、そこから

画像にある今回のテーマ

Future of Retail

〜第四次産業“後”の社会で働く君たちへ


に沿って、いま世界で何が起こっているのか、そして小売が

どう変わっていくのかについての話をしました。

一年生や二年生も参加するということで、難しくないかなと

心配していたのですが、講義後の質疑応答で寄せられる質問は

いずれも鋭いものばかりで、そんな心配は全くの杞憂でした。

デジタルネイティブの学生たちにとって、

・店舗がなくなる

・現金がなくなる(キャッシュレス化)

・業界の垣根がなくなる(Amazon一強時代の到来?!)

といった話題は、それほど劇的な変化ではなく、スムーズに

受け入れることのできる変化なのだなと改めて感じました。

日本の未来は、自分たち世代が思っているほど暗いものではない

のかもしれません。


最後に…

このような機会をくださった、吉野社長に感謝・感謝です。
 2017/11/13 15:40  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)


「Amazon」という名の巨人
「Amazon」の勢いはとどまるところを知りません。

ほんの数年前まで一介のECサイト運営業者でしかなかった彼らは

あっという間に様々な業界を飲み込み、超巨大企業となりました。

近い将来「Amazon」が全業種・全業界を網羅・支配するという

可能性は非常に大きいと感じています。


そんな中でこんな記事を見つけました。

▼ 「Amazonは取り扱いブランドのイメージを損ねている」:とあるファッションマーケターの告白

いまやアパレル企業はまるで虫けらのように潰れていく。

私にはその現象が顧客との繋がりが失われてしまったからに思えてならない。


こんな文章で締めくくられたこちらの記事。

生き残りのために「Amazon」という巨大な船に乗り込んだはずが、

「Amazon」という巨人に踏みつぶされてしまうという厳しい現実について

言及しています。


記事によると、Amazon Fashion でストアを展開することが決まると

Amazonは「商品を全部送ってくれたら、当社の写真スタジオやスタイリスト、

モデルで撮影することもできる」と言ってきた。

(中略)

まるで「世界を牛耳ってやる。eコマースを牛耳ってやる。

だから写真は自分たちが撮るし、モデルも自分たちが選ぶ。

スタイリストも自分たちが選ぶし、髪型も化粧もAmazonらしいものにする」

と言わんばかりだ。

という対応をされたそうです。

また掲載写真に対するルールも非常に厳しく、Amazon Fashion のやり方では

ブランドにとって一番大切なところ=ライフスタイルやブランドのメッセージが

伝わらない


と感じたといいます。

これは「Amazon」に限らず、ECモールへ出店する際によく指摘されることですが

巨人「Amazon」ではそのルールがより厳密だということなのでしょう。


ブランド視点やブランドストーリーを取り除いてしまうということは、

消費者との繋がりを取り除いてしまうことと同じだ。


という告白者。まさにその通りですね。

やってくるかもしれない「Amazon」一強時代に備え、

我々は何をしたらいいのか。何をすべきなのか。

考えなければいけないことが山積みだと痛感しました。
 2017/11/09 10:25  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)


「感謝状」いただきました!
この度、無事7回目のプライバシーマークの更新を終えることが

できました!

2年毎の更新なので、取得から14年経ったということになります。

更新にむけて準備をしてくれるスタッフはもちろん、それにむけて

協力してくれているスタッフたち全員に感謝・感謝です。

▼ プライバシーマーク制度


今回の更新に際し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会の

プライバシーマーク推進センターから「感謝状」をいただきました!



登録番号の最後にある( )の中の数字が更新回数です。

プライバシーマークがスタートしたばかりの頃に取得してから早14年。

今では会社も大きくなり、人数も増え、ISMSも取得しました。

こうした制度を活用し、引き続き全社をあげて個人情報保護に

取り組んでいきたいと思います。
 2017/10/31 11:38  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)


中国版 Amazon Go『BingoBox』の衝撃
キャッシュレス化もそうですが、中国ではテクノロジーを駆使した

様々なサービスが次から次へと誕生しているようです。

▼ 【天才か】中国の “無人コンビニ” が未来いってた / 万引きすると閉じ込められるシステム! 入店から支払いまで全部スマホで行う『BingoBox』

記事に登場する無人コンビニ『BingoBox』。

文章を読むより、こちらの動画をみてください。



まさに「未来」ですね。

スマホでの決済が当たり前になっている中国だからこそ

すぐに受け入れられるのではないでしょうか。

NYだけでなく、中国もリサーチしていかなければ…と改めて

痛感したニュースでした。

 2017/10/30 11:06  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール
千金楽 健司(ちぎら けんじ)
株式会社アパレルウェブ 代表取締役 & CEO



2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/chigira/index1_0.rdf